-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-27 06:00 | カテゴリ:2014しょかinにほん
IMG_6109.jpg
休日パワーですごい人通り。

11:38、昼ごはんはこちら。
IMG_6122.jpg
おはらい町二光堂寳来亭。
せっかく三重まで来たので、ここは松阪牛を食べておかないと!
松阪市に行く時間はないので、ここで食します。
お昼時だし通りがすごく賑わっていたので待つことを覚悟したけど、店内は広く席がたくさんあったのですぐ入れました。


IMG_6112.jpg
左側にギリギリ写ってるしょうがの粉と唐辛子の粉。
唐辛子は最後の最後にちょっとだけ使ってみたところ、もんのすごい激辛で衝撃でした。
最初から使わなくてよかった・・・

松阪牛は言わずと知れた高級肉。
いくら旅行中だからって際限なくお金使えるわけじゃないのでメニュー吟味しようとしたら、店員さんがお水と一緒にこちらのメニューを持ってきてくれました。
IMG_6111.jpg
松阪牛ステーキ丼、伊勢うどん、てこね寿司の名物3人セットを2人でシェアして食べる遷宮セット。
しかもふたりで4200円。
伊勢うどんはサンペルラ志摩に泊まった時にたべて気に入ったし、思いがけずもうひとつの名物てこね寿司も食べられるなんて理想的すぎるセット。
即決でこのメニューに決定。
ちなみに、松阪牛を扱うお店では、同じメニューでも国産黒毛和牛だとちょっと安かったりしてました。


IMG_6113.jpg
写真とビジュアルそのまま、手こね寿司!
輝いてます。
ほんのつい最近、ガリが食べられるようになったんだー。


IMG_6118.jpg
てこね寿司の説明。


IMG_6114.jpg
まさか旅行中に2回も食べられることになるとは、伊勢うどん。


IMG_6119.jpg
伊勢うどんの説明も撮ったよ。


IMG_6116.jpg
おお、お初にお目にかかります松阪牛様。


IMG_6120.jpg
やわらかくて焼き加減絶妙で絶品だった~。
今回の旅行、このお店が一番印象深いな。
この旅で食べた伊勢海老も松阪牛も、多分一生に一回だろうな。

12:03、お店を出る。


IMG_6126.jpg
ちょっと歩いたところに豆乳ソフトのお店があり衝動買い。


IMG_6127.jpg
お子様サイズ170円。
豆腐の味がしっかり。美味。


IMG_6129.jpg
おかげ横丁。


IMG_6131.jpg
青い空と綺麗な川。
雨じゃなくてよかったけど、天気良すぎて逆に辛いなり。


IMG_6134.jpg
赤福はすごい列で入れず。
昨日、鳥羽で赤福氷食べておいてよかった。


IMG_6135.jpg
毎日がお祭りだね。


IMG_6136.jpg
干支グッズがあると、必ず飼い主に「俺は寅年だけどぷっく何年だっけ?」と干支プレイされる。
猪=韓国では豚年だよ!


IMG_6137.jpg
猛暑だったのに、この昔ながらのアイスキャンディーは意外と売れてなかったな・・・なんでだろう。
って、うちらも買わなかったけど。


IMG_6138.jpg
お腹いっぱいだから寝るにゃ!
可愛い~。


IMG_6143.jpg
金魚すくい。エブリディ縁日ですね。


IMG_6144.jpg
色んなお店があるものだ。


IMG_6145.jpg
12:30、飼い主が狙っていたお店「豚捨」発見。
「ぷっく豚をここに捨てていくんだ」と言われましたが(怒)、名前の由来は牛肉にこだあって豚を捨てたことらしいですよ。


IMG_6146.jpg
コロッケ90円と串120円。


IMG_6148豚捨店内
人気店で列が絶えないのですが、注文受ける人とレジ打つ人、2人の連携プレーや暗算の早さ、包む手さばきがマジ神。
若いのに素晴らしすぎました。

これを食べ歩けばよかったけど店内で食べてのんびりしちゃい、宇治山田駅行きのバスをあと一歩のところで逃す。
12:52、来たバスに乗り13:11、宇治山田駅へ。
次の特急が13:14で間に合わず13:52発まで待つ。
まあ空港に早く着いてもここで待っても同じだし、この駅でも色々やることできたのでよかったかな。

次が旅行記最終回です。
続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。