-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-13 06:48 | カテゴリ:2014しょかinにほん
6/5(木)

6:45飼い主起床らしい。
私は寝続けて、7:08、飼い主がカーテン開ける音で目覚める。
BSの入るホテルだったので、カーネーションと花アンと続けて見て支度。
ここで私のミスに気付く、今回荷物を持って歩くことが多いので極力減らそうと努力した結果、シートパックを日数分持ってきたのはいいんだけどあえて化粧水を持ってこなかった。
朝どうするんだよ・・・
結局お風呂に入るわけでもないのに化粧水を付けるためだけに大浴場に行きました・・・

8:12、朝食バイキングへ。
ちょこちょこ名古屋グルメがあって嬉しい。
きしめんがあって一瞬喜んだけど、バイキングでゆでた麺をそのまま置いてあるので歯ごたえは微妙。
なぜかカレーきしめんとうたわれていましたが、麺にカレーかけてもあんまり合わない・・・
タレも用意してくれると嬉しいなぁ。
結局、豆腐用の醤油をかけてぶっかけ風にして食べたらおいしかった。

9時、バイキング終えて部屋に戻る。
旅行2日目、むしろ昨日は仕事帰りに名古屋に来たので実質1日目ですが、この日はご飯食べて部屋に戻った後、朝ずいぶんゆっくりしたな~。
元々は名古屋城と熱田神宮に行くつもりだったけど、雨が強そうだから計画変更。
っていっても飼い主が計画たてているので、私は持参した東野圭吾の小説「卒業」を読む。
極力荷物を軽くしなければいけない旅行になんで本を持ってくるんだと飼い主に言われたけど、部屋でまったり読書する時間は最高に気持ちよかったです。
普段なら仕事している時間って考えるとさらに嬉しさアップ。
この小説、何度か読んだことあるのに犯人うろ覚えwだったので楽しく読むことができました。
飼い主にビール工場と鉄道館とどっちに行きたいか聞かれてビールと答えてみる。

結局ある程度計画まとまってホテル出たのは10:14。
どうやらキリンビール工場の見学に行くことにしたらしい。電話で予約してくれました。
1時間以上も時間あるってわかってたら朝風呂行けばよかったな。

この日は「名古屋クラウンホテル」に連泊デーなので、荷物は部屋に置き身軽。
ホテルから傘を借ります。
外は軽く雨、少し肌寒いけど半袖でも寒くなくて一安心。


IMG_5581.jpg
以前名古屋に来た時に入った手羽先のお店を偶然発見。
名古屋とか大阪とか東京のような大都市は、飛行機の乗り継ぎやらコンサート(少女時代のコンサートのために名古屋来るのも2回目)やらで意外と来る機会が多い。
一方地方都市はそこに行こうと思わないとなかなか足を踏み入れないんだよね。
日本全国、まだまだ行きたいところはいろいろ。


IMG_5583.jpg
昨日カップルのたまり場になっていた名古屋駅前の広場。
さすがに昼間はカップルいないのか。


IMG_5543.jpg
前日夜の写真を再掲。
毎晩カップルの聖地になってるのかな。

10:31、近鉄名古屋駅からの電車に乗り、11:00枇杷島駅着。
「まわりゃんせ」パスポートのおかげで切符いらず♪
枇杷駅前からキリンビール工場までは無料のシャトルバスが出ています。

11:10、バスに乗る。
乗った後に前の席と隣の席に3人組の韓国人女性グループがいらっしゃいました。
バスの中で申し込み用紙(住所とか書くもの)を書いていると、どうやら内容がわからなくて困っているみたい。
ドキドキしたけど韓国語で話しかけて教えてあげました。
TOPIK4級に合格したときよりも嬉しかった。

バスは15分ほどでキリンビール工場(キリンビアパーク名古屋)に到着!
IMG_5590.jpg
ビール工場前にシャチホコ!
ブログ用にとっていると、近くにいた陽気なおっちゃん達に「そんな近くで全部撮れるの?」と話しかけられ、このカメラ広角なんで大丈夫ですと返すと覗きこんで「うわほんまや、めっちゃ広角やん!」とテンション高い高い。
おそらく既に見学を終えてビール試飲もしてきたのでは。だから酔っぱらってるのかな?

入口で受付を行い、案内開始までしばらく待つ。
待合室も広くて歴史が書かれたパネルがあったりトリックアートの記念撮影スポットがあったり。


IMG_5592.jpg
これは見本ね、この人は写真の中の人で飼い主じゃないよ。


IMG_5591.jpg
こんな感じ。
ビール工場に来ておいてなんですが、私も飼い主もビール飲めるけど特に大好きなわけでないので、この写真見ても特段ビールだ~!ってテンションはあがらず。
特に私はお酒自体は飲めるけどビールは飲まずにチューハイ派でした。
でもここ1年くらいでなぜか飲めるようになった。
年をとった大人になったんだろうな。


IMG_5593.jpg
こちらもトリックアート。


IMG_5594.jpg
ビールに埋もれる~。
これも見本で写っているのは私ではありません。


IMG_5597.jpg
あら素敵。


IMG_5598.jpg
ビール好きな人にとってはたまらない光景かもしれないけど、こちらにも特にテンションは上がらず。
あ、でも工場見学の後は今までよりもずっとずっとビールが好きになり飲む機会が増えたので、私みたいにビールテンションが普通な人も工場見学に行く価値はあると思います。


IMG_5599.jpg
ゲートも一番搾りづくし。

11:40くらいにツアー開始。
参加者は10人前後だったかな。


IMG_5600.jpg
エスカレーターであがっていく天井からもう面白い。
「ビールを作る仕込釜です、1962年から1994年までこの場所で使われていました」と記載あり。


IMG_5601.jpg
ライトがビール瓶型に!


IMG_5602.jpg
特殊スクリーン。
お姉さんが手を動かすと、スクリーンの方には映像が浮かび上がるのです。
なんてハイテク。
一方で麦やホップを直に触れるコーナーもあって盛りだくさん。
何よりツアーガイドのお姉さんがプロ!
直接回りながら、カンペも見ることなく最適な説明。
どのくらい研修したらここまでできるようになるんだろう。


IMG_5603.jpg
途中で飲むことができた原液。
麦ではなく豆から作ったものらしい。 
普段は麦汁(アルコール抜き)だけど、今日はこの原液が用意できたとか。
独特の味だから残しても構いませんって言ってくれたけど私は好きな味でした。
お姉さんが注いでくれるのを待つ間、人型にくりぬかれた白いパネルに工場の方の映像が浮かび上がり説明してくれてびっくり。

IMG_5604.jpg
タンクの中を再現したトンネル。
ビール色に塗られているのがいいね。


IMG_5605.jpg
こっちもまさにビール色!
実際にビールが入っているタンクです。
このタンクはキリンビール工場でも名古屋だけだとか。
粋だわ~。
このタンク1本で作られるビールを1人で飲もうとすると4000年かかる計算らしい(多少うろ覚え)
当然工場にあるタンクは1本じゃないし、その量を毎日作って出荷して消費されているってすごいな。


IMG_5609.jpg
キリンビールの麒麟の中には「キリン」の隠れ文字が入っているそうです!


IMG_5611.jpg
生産ライン。
シルシルミシルとか、最近製造工程を見せる番組が人気なのもうなずけます。


IMG_5612.jpg
パッケージの山!

さて、約40分ほどの見学が終了。
以前北海道旅行した時にサッポロビール工場を減額したことがあるけど、ハイテク度はキリンの方が上かな。
(ビール自体の生産工程ではなく工場見学の際に特殊スクリーンとかあったり壁に大きく映し出す技術とかの方ね)
でもツアーガイドさんのプロっぷりとかはどっちも最高。


IMG_5615.jpg
12:20より約20分の試飲タイム。
ビールサーバーから直接注がれるビールも試飲できます!


IMG_5616.jpg
試飲っていってもちゃんとしたグラスに入ったかなりの量!


IMG_5617.jpg
おつまみもくれるよ。
送迎付きでこれ全部無料だからびっくり。
写真撮り忘れたけど、黒ビールも飲みました。
工場見学した後、最高の注ぎ方で鮮度のいいビール飲めるって幸せ。


IMG_5618.jpg
ビールのおいしい注ぎ方講座。
泡が盛り上がる注ぎ方で思わず拍手!
時間がかかる注ぎ方なので、合間に売店で売られているおつまみの説明とかもあって飽きない。

ビールは3杯まで飲めますが、私も飼い主も飲酒量が多くないのでとてもそこまで飲めず。
私は2杯、飼い主は1杯で精一杯でした。
もったいない・・・

12:40、解散。
売店で会社用のお土産買って、13:10のバスでまた駅に戻ります。
IMG_5621.jpg
行きと道が違ったのか5分くらいで到着。
駅構内で、行きのバスで書き方教えてあげた韓国人の方がわざわざお礼言いに来てくれてとっても嬉しかった。
工場見学も一緒だったのに遠慮して話しかけなかったことをとても後悔。

13:21、枇杷島から電車で再び名古屋駅へ。
これからお昼御飯です。
もちろん名古屋グルメ!
続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。