-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-04 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
IMG_4552.jpg
日が暮れかけてますが、大澳散策は続きます。


IMG_4553.jpg
今回はマカオに行ってないけど、THE香港な九龍・香港島、ヨーロッパの雰囲気たっぷりの赤柱(スタンレー)、そして昔ながらのアジア原風景のここ大澳漁村とまったく違う景色を見てなんだかお得な気分。


IMG_4554.jpg
ここは通り道ではなくあくまで住居に繫がる橋なのですが趣があって素敵なので歩いてみる。
生活の場だがら遠慮がちに。


IMG_4556.jpg
ここに住むっていうのは、観光客目線でお気楽に言っちゃえばのどかでいいなって思っちゃうけど実際は厳しいよね。


IMG_4557.jpg
これは家が建ってたところが崩れたのかな。


IMG_4558.jpg
ここ最近雨は降ってないので、ぬかるんでるのはやっぱり干潮だからなのかな?


IMG_4559.jpg
もろに生活空間なので足を踏み入れるのはドキドキ。
っていうか普通にあるいているだけで家の中が丸見え。


IMG_4561.jpg
自分がまったく知らなかった世界がここにある。
ここで生まれ育ったら、今とは全然違う世界観になるんだろうな。


IMG_4562.jpg
新しい施設建設中。
このあたりでは猫ちゃん見かけなかったな。
猫にも縄張りがあるのかな?


IMG_4563.jpg
映画のロケ地にもなりそう。


IMG_4564.jpg
自然と共に、っていうか自然と直に暮らす生活。
旅行者目線では簡単に語れない。


IMG_4565.jpg
美しい夕陽。
この景色を見られて嬉しい反面、太陽が完全に見えなくなって空が少しずつ暗くなるのは切ない気持ちにもなります。
欲を言えば私は海に沈む夕陽じゃなくて海から昇る朝陽が見たい。
だってずっと日本海側住みの私、日常で海と太陽のコラボを見ようとしたら朝陽は無理なんだもん。
中学生の時にSMAPの「朝日を見に行こうよ」の歌が発売されてヘビロテして、ふとここ秋田ではこの歌の歌詞
「僕とこの先の海へ♪朝日を見に行こうよ」がムリなんだと気づいた時は愕然としましたねぇ。


IMG_4568.jpg
商店街は乾物屋さんも多いのにここらへんではあんまり猫を見かけなかった不思議。
たまたまかな?


IMG_4569.jpg
高層ビルもネオンもないけど、この景色も香港が確かに持つ魅力的な光景。


IMG_4570.jpg
飼い主はこの島が気に入ったみたいで、気が付くと写真がいっぱい。
載せるのは楽しいけど大変。似た写真も多くてすみません・・・


IMG_4571.jpg
突如現れたパネル!
頭にはインディアンっぽい飾り、ピースして親指立てて、なんか妙に立派な時計して、スタイル良くない一方で巨乳だけど垂れ乳で、パネルを留めてるロープはフラフープをかたどりたいのかよくわかんなくて、表情は笑顔なのにとても怖くて・・・
もう少し暗くなってから初めてこれ見たら泣く。


IMG_4574.jpg
美しすぎる風景。
来てよかった~!


IMG_4577.jpg
別の道もあてどなく歩いてみる。
そしてまたいたよ猫ちゃん!!


IMG_4578.jpg
寄り添っていればあったかいにゃ~。
大澳漁村、最後のねこ写真です。
実際は暗くなってからちょっと見かけたけど走ってたり暗すぎだったりで撮れませんでした。
親ねこと子ねこ2匹います!
大きい猫もデブ猫も目つきの悪い猫も大好きで、子猫って特に写真集だど狙いすぎてあざとい時があるけど、
やっぱり本物の子猫は可愛すぎますね~。
この島に産まれた猫は幸せだと思う。


IMG_4579.jpg
一匹だけ目を覚ましてじっとこっちを見てくれました。
他の猫を起こさないように、子猫ちゃんもびっくりさせないように触りたいけど我慢してそっと撮影。
私たちの後ろから来たカップルも同じように静かに撮影してました。


IMG_4580.jpg
この橋を渡ってきた突き当たりに猫親子いたよ。

17:50のバスに乗るのは間に合わなそうなので、もう少し散歩続けます。
次が大澳漁村ラスト記事です。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。