FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-02-23 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
12/4(水)

8:15。
苦しくて目が覚めると目の前が真っ暗で息ができない。
何かよくわからずに暴れると急に視界が開ける。
・・・飼い主が自分の枕を私の顔に押し付けてました怒怒怒
起こすなら普通に起こせ!君はクレヨンしんちゃんか!私は父ヒロシか!

飼い主は何時に起きたか知らないけどもう着替えも済ませて準備完了してる。
変な起こされ方をして朝から怒りマックスですが私も急いで準備。
着替えて顔洗って眉毛書いて・・・
15分で準備完了( ̄^ ̄)
女子としてどうかと思うが、旅行中は便利だったりもする。

この時期、眉毛抜きすぎ剃りすぎですごく細くなってたうえになんか不毛地帯もあったんですよね。
毎日会社に行ってると眉毛触らないわけにいかないから、旅行休み利用して眉毛生やせ指令が飼い主から出てました。

支度を整え、8:45、ホテルを出ます。
廊下にはいつもクリスマスソングが流れているんだけど、部屋に入ってドアを閉めちゃえば全く聞こえないこの不思議。
この日くらいから、もう天気予報を気にしなくなりました。
ずっと晴れてるんだもん。本当に嬉しい。

日曜から土曜までの6泊7日の旅、今日が折り返しなんですね。
でもそんなことは考えない。

九龍公園wi-fi使い、今日はハーバーシティ方面に向かいます。
海が見えてきたところの角を右に曲がる、突如現れたオブジェは!


IMG_4185.jpg
スティッチ!?
突然のことにびっくり。


IMG_4188.jpg
昨日本物に会ったばかり、ウッディとジェシー。
ランドでもそうだったけど、どうしてバズがいないんだろう。


IMG_4189.jpg
アリスとチシャ猫。
どうしてこんなハーバーシティ沿いの屋外にディズニーが飾られているのかはわからないけど思いかげなくてビックリ!


IMG_4190.jpg
モンスターズインク。


IMG_4191.jpg
これは昨日見た、香港ディズニーランドの新テーマパークミスティック・ポイントにいたヘンリー卿の連れのサルのアルバート。
昨日行ってなかったら、アラジンの相棒・アブーかと思っちゃうな。


IMG_4193.jpg
大盤振る舞いはまだまだ続く。
ニモ。
水族館に行ってこの魚見ると、子どもも大人も「ニモだ~」っていうけどニモは名前でクマノミだから。
(えらそうに言ってみるけど私も知らなかった)


IMG_4194.jpg
ティンカーベル。
ディズニーバージョンのピーターパン、そういえば見たことないかも。見なきゃ。


IMG_4197.jpg
全体像はこんな感じ。
ミキミニはアップで撮らなかったけど奥にいます。

さて朝ご飯は飲茶に!!と思うけどいいところがなかなか見つからない。
翠園の支店は11時からだし、映月楼はお店の前まで行ったけど高くてやめる。
飼い主が値段気にして食事を取りやめるのは珍しいけど、飲茶の相場考えるとこれは高すぎと思ったらしい。
せっかくだから高級店でも食べてみたかったけどね。

結局、9:35、スターフェリーで香港島にわたり、そこにあるサブウェイでサンドイッチテイクアウトすることにしました。
一度は食べてみたい、海外のサブウェイ。


IMG_4206.jpg
今日はこの船に乗るらしい。

サブウェイ注文。
英語できないので基本飼い主にお任せ。
店員さんは黒人系の欧米人の方。
サブウェイは元々アメリカ発でメニューもほとんど英語だから、香港料理頼むよりかえって注文しやすいかも。
逆に韓国では韓国料理注文は楽勝だけどマックとかアイスベリーはいまだに慣れません。
外来語の韓国語難しいんだもん。


IMG_4207.jpg
サブウェイ大好き。
日本では「オニオン抜きのピクルスオリーブ大め」が私の定番。


IMG_4208.jpg
ハムを注文。27ドル。
きゅうりが日本とは違いピクルスじゃなくて生っていうのが意外。
あとはデフォでチーズが載ってたり、ハムもローストされたりと細かい違いが。
意外と日本と味が違うけどおいしかった。
飼い主は日本のより美味しい!と喜んでました。

船に乗り、島に向かいます。
どうやらおととい行こうとして行けなかった長洲島に行くらしい。
おとといのハプニングが飼い主の誤解だったことがわかり怒り心頭の私ですが、花文字ゲットできたから許す。

10:02、長洲島行きフェリーに乗ります。
IMG_4210.jpg
快適な船旅!
地球の歩き方とわがまま歩きを持っている方がいて親近感。


IMG_4212.jpg
写真では曇っているように見えるけど、実際はちょうどいい気温でした。
海っていいな~。


IMG_4217.jpg
11:09、気が付くと島に到着。寝てた・・・
初めての長洲島です。


IMG_4218.jpg
香港の周りには気軽に行ける島がたくさんありますが、島関係は地球の歩き方には乗ってるけどライトなガイドブックだと掲載されてないことも多い。
でも船着き場から数多く出てるし、料金はオクトパスカードの電子マネーを持っていれば楽々です。


IMG_4220.jpg
降りてすぐ、目の前に広がるのどかな景色。
香港の繁華街とは全く違うけど、どちらも最高に魅力的。
そして本土でよく見るスーパー「恵康welcome」がここにもあってびっくり。
四角いカウンターは、「渡暇屋」と呼ばれる民宿申込受付カウンター。
小さな島なのに、たくさんのカウンターが並んでいます。
部屋の写真が飾られている。
観光シーズンだときっと満室になるんだろうけど、この時期なら簡単に泊まれそう。
今日は日帰りなので、ここはスルー。


IMG_4221.jpg
数えきれないくらいの船。
でも海の男は見つけられず・・・残念。

ただ島をのんびり歩き探検するのが目的。
ふらふら歩いてみます。


IMG_4222.jpg
北帝廟。
目の前がバスケットコートになってました。


IMG_4224.jpg
香港歩いていると、廟をしょっちゅう見つける。


IMG_4226.jpg
天井の飾り。
この派手な色使いがかえって神々しさを感じる。


IMG_4228.jpg
中に入ると、立派な虎の壁画。
立体的な造りが美しい。


IMG_4230.jpg
反対側には龍。こちらも立派。
シーズンオフなのか観光客も少なくてとっても静かです。
この島は、ガイドブックによると夏は海水客でにぎわい、また旧暦の4月頃には「長州饅頭節」というお祭りで賑わうみたい。

島好きの飼い主、この島がずいぶん気に入ったらしい。
雰囲気っていうか空気っていうか、すごく心地いいです。
私はこの翌日に行ったランタオ漁村島が一番気に入ったな。


IMG_4231.jpg
煙突かな??
香港本土は超高層ビルが立ち並ぶ世界ですが、島は3階建て以上の建物がほとんどない。
この島は自動車道路がなくて、バスもタクシーも走っていません。

IMG_4233.jpg
休憩処。


IMG_4235.jpg
たこ~。


IMG_4239.jpg
突如現れた陽気な絵画。
こ、これは・・・
前半部分の写真がありませんが干支ではないですか。
香港も台湾も韓国も干支が好きみたいでよく見かける。
可愛いけどあんまり見つけたくないんだよね。正確に言うと飼い主に見つかりたくないんだよね。
だって見つけると、目を爛々と輝かせて干支プレイをしてくるから。
俺は寅年、ぷっくは何年?って知ってるくせに必ず聞いてきて答えるまで開放してくれないの。


IMG_4236.jpg
寅。
このイラストは可愛いけど、普段は寅はすごくかっこよく描かれています。
十二支に上も下もないけど、寅と龍はかっこよさで双璧を成すのでは。
ってかこの寅ちゃん、おでこの模様が「王」になってる!

干支は日本と日本以外のアジア、ほぼ同じだけど唯一違うのがイノシシ。
中国・台湾・香港・韓国(他の国は行ったことないのでわからない)ではイノシシ年が豚年。
で、私はそれなんです、よりによって。
IMG_4238.jpg
豚さん、可愛いじゃんか!

思いがけず干支に出会ってしまったが気を取り直して島探索は続く。
IMG_4241.jpg
猫~♪
島といえば猫たくさん!のイメージだけど、長洲島ではほとんど見かけず悲しかった。
猫雑貨というお店があるそうですがこの日は定休日。
悲しいけど、私は雑貨に付いた猫より本物の猫派だからいいかな。
ちなみに、この翌日に行ったランタオ漁村は猫猫猫パラダイスだったよ。
写真たくさんあるから、猫好きの方は萌えると思います。


IMG_4242.jpg
民宿通りかな。
バックパッカーの方がたくさんいました。


IMG_4243.jpg
八百屋さん。
青菜をただ茹でて塩かけてもおいしいと思うんだけど、レストランだけじゃなくて家庭でもソースとかなのかな。


IMG_4245.jpg
フェリー乗り場と反対側に出ました。
海水浴場です。


IMG_4252.jpg
薄い長袖でちょうどいいくらい、過ごすには最高の気温ですが海水浴にはちょっと寒いかな。
だから泳いでる人はほとんどいません。


IMG_4251.jpg
・・・この遠くに写っているおじいさんを除いては。
遠目にも鍛えているのがわかります。
(画像は全部クリックすると大きくなるよ)


IMG_4250.jpg
超人でしょ!

島巡り・島グルメはまだまだ続きます。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。