-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-19 07:26 | カテゴリ:2013なつinかんこく
7/1(月)

この旅唯一の地方旅デー。
といっても事前計画は何もなく、昨日の夜にガイドブック見ながらどこに行こうか考えてました。
一応昨日寝る段階では全州に行くと決めたけど、飼い主のバリ腹次第では変更の可能性もあるので気が抜けません。
7時起床予定が、まだ眠い飼い主に合わせ結局8時起床。
旅行前に見た天気予報だと今日から雨だったけど、改めて見直すとどうやら今日は大丈夫そう。

8:30、ホテルの無料朝食を食べに行きます。
IMG_5872.jpg
ジュースやトースト、コーヒーなどの簡単な食事がセルフで食べられます。
ここにはお粥があると聞いて楽しみにしてたのですが・・・なんと月曜はお粥お休みと書いてあるΣ(゚д゚;)
事前に知ってたならともかく、ここまで来て初めて知ったのでショック・・・
特にお腹を壊している飼い主にとってお粥は救世主だったのに~。
私も、お粥屋さんではカボチャとかアズキとか甘いものを注文するタイプで、ここで食べられたであろう食事系お粥はあんまり好きじゃなかったのですが、食べられないと知ると食べたくなるものです。
このホテルに泊まるのは今日が最後なので、まぁ次回の旅行に期待しておきましょう。


IMG_5873.jpg
食事は洋食風(?)ですが部屋の中には韓国チックな絵画。


IMG_5874.jpg
こちらも博物館みたいなディスプレイが可愛い。

お粥ないなら仕方ないので、お茶だけ飲んで部屋を出ます。
すれ違った日本人家族、小学生くらいの女の子が「お粥楽しみー」と嬉しそうな声を上げながら食事処に向かって行く。
この後のガッカリ感を味わうことになると思うと胸が痛い。
教えてあげようかと思ったけど既に廊下を曲がって走って行ってしまったので私達はそのまま部屋に戻る。

キャリーケースは昨日泊まったホテルPJに預けてあるので荷造りは楽。
9時チェックアウト。
カウンターのお兄さんにチェックアウトお願いすると、韓国語でご不便なことはありませんでしたか?と聞かれる。
最初は아뇨,아주 편했어요(いいえとっても楽でした)と言ったけどふと思い直して、근데 월요일난은 죽이 없어서 안타까웠어요(でも月曜日はお粥がなくて残念でした)と付け加えました。
안타깝다が残念でしたってニュアンスで使う言葉のチョイスとしてぴったりなのかはちょっとよくわからないけど・・・


DSC_0560.jpg
鍾路ビズ、高級感はないけど立地もいいし過ごしやすいホテルです。

ホテルから徒歩2分程度のところにある鍾路3街駅の地下鉄5番出口に入ります。
この駅は1・3・5号線が乗り合ってて広い。
途中まで歩いて飼い主、「3号線乗るならこの中歩かないで地上で別の入口から入った方が近かったと思う」との発言。
私は地上の道がよく分からないし、中に入ればたくさん歩くとはいえ道案内がすごくわかりやすいし、何より地上は暑いから地下が快適だけど・・・確かに距離的には地上の方が近かったかも。

T-moneyをチャージ。
私の持ってるT-moneyは2005年の留学時代から使っていたもので結構古い。
普通に使う分には問題ないけど、コンビニや機械によってはチャージができないこともある。
新しいのに買い換えればいいんだけど、デポジットじゃないしまだ使えるのに2500ウォン出して買い換えるのはもったいない。
この駅では機械でチャージできて一安心。

9:15、地下鉄に乗ります。
わりと混んでるけど数駅過ぎたら私も飼い主も座れました。
席は2つくらい離れたけど別に構わない。
・・・って降りる駅の打ち合わせを全然してない!
これから地方に行くんだから多分高速バスターミナル駅だよね!?

地下鉄の中はWi-Fi入らないけど地下鉄駅を表示できるアプリを入れてたのであと何駅かチェック。
ドアの上にある路線図は遠くて見えないので、アプリには救われました。
指で降りる駅教えたりアイコンタクトしたりする。
江南地域はアウェイなので、地下鉄とは言え通るだけでちょっとドキドキします。
9:40、無事到着!

駅からバス乗り場までは少々歩きます。
ホナム線とかセントラルシティとかの方に向かえばいいって知ってたから迷わずバス乗り場までたどり着けたけど、そうでないとちょっと戸惑うかも。

全州までは12800ウォン。
ここでは日本のクレジットカードが機械上エラーになったらしくて使用できず現金払。
小さな食堂でも問題なく使えるのにちょっと意外でした。
切符を買う時、似た地名がたくさんあるのでいつも伝わるかどうかドキドキします。
出発時間は10:10。
30分弱ありますが、朝食食べたり酔い止め買ったりするにはちょうどいい感じ。


DSC_0561.jpg
韓国で初めて見かけたモスバーガー!
ソウルには現在4箇所にモスバーガーがあり、そのうちの3箇所が江南地域だそうです。
ちなみに江北地域の残り1箇所は新村。
韓国でもちょっと高級なバーガーって位置付けなのかな?

DSC_0564.jpg
値段は日本より高い。
味はどうなのか知りたい気持ちもあるけど、この値段でバーガー食べるのは高級な部類に入るので見てるだけ。


DSC_0565.jpg
m25発見!
東京に遊びに行くと、これ系をゲットするのが楽しみだったりする田舎者です。


DSC_0562.jpg
隣側に目を移すと薬局。
長距離バス旅行前は必ず酔い止めを購入します。
飲まなくてもいい体質の飼い主が羨ましい。
でも薬局ごとに置いてある酔い止めの種類が違うので、どんなものに出会えるかが楽しみのひとつだったりもする。
日本のドラックストアだと色々並んでいる中から自分で

いつものように멀미약 주세요(酔い止めください)って言うと、なんか言われた。
いつもなら黙って出してくれるので自分に質問されてると思わずボーッとしているともう一度言われる、누가 드실레요?(どなたがお飲みになりますか?)
言葉は理解できたけど、いつも買う時にそんなこと聞かれたことがないのでびっくりして、とっさに元気よく手を挙げてしまった。
まあ意思は通じたからいいけど、普通に저요(私です)でいいのにね。
じゃあ成人ですね、と言われて錠剤4つと大きめの瓶のセットを出してくる。初めて見る酔い止めだ。
小さい瓶タイプが一番好きなのでそれは置いてないか聞くけど、こっちの方が聞きますと言われ飲み方の説明開始。
たまには違うのでもいいかってことでこっち購入。
3000ウォン。
少し時間を空けたうえで半分ずつ飲むように言われるけど、1回で飲むのはもったいないと思ったので、この時は半分だけ飲んで残りは翌日ソウルに戻る前用に残しておきました。

私の隣に並んでいた男性はうおのめの治療薬を買いに来てた。
薬局では風邪薬と酔い止めしか買ったことないけど、会話の練習にもなるし韓国の薬はよく効くし、次回は別の薬にも挑戦してみようかな。
それよりも韓医院に行ってオーダーメードの韓方薬処方もしてみたいな。

酔い止めを買ったからには何か食べてから飲まなくてはいけません。
韓国内での長距離旅といえばキムパプ。
ということでキムパプ屋を探すけど、なんかどこも超高い。
お腹もすいてないし、食の都・全州で美味しいもの食べたいから今は腹の足し程度でいいんだけど、
それに1本3000ウォンのキムパプはちょっと出せぬ。

ということで困った時のコンビニ♪
DSC_0567.jpg
mini stop発見。
キムパプ買って、店のレンジであっためて。
半年前の旅行でもコンビニキムパプ買ったけど、あの時はあっためるの忘れて真冬に冷えたキムパプ食べたんだった。


DSC_0568.jpg
ツナキムチキムパプ。
これで1000ウォンです。非常に助かる値段設定。


DSC_0569.jpg
あんましツナ感は感じなかったけど美味しかった。
1本全部だと多く感じるけど、お腹壊している飼い主が一口も食べようとしないので頑張って完食。
飼い主は食欲はあるけど食べるとすぐに出ちゃうらしいので、これから3時間もバスに乗ることを見据え朝食抜き。
バリ島の水、恐ろしい。


DSC_0566.jpg
空港とか駅とかバスターミナルとか、たくさんの人がいろんなところに向かおうとしている場所が好き。
みんなどういう目的で動いているのかなとか考えながら人の流れを見ているとワクワクする。
日本にいると気軽に思いつきで地方旅行できないから、韓国バスの発達網には感謝感謝です。
まあ日本でもやろうと思えばできるけど、交通費も宿泊場所も高いしね。
でも青春18きっぷと漫喫泊まりのコラボでなんとかなるかしら。


DSC_0570.jpg
一般バスと優等バスがあり、行きは一般バスでした。
一般の方が安い。
どっちに乗るか選べるけど、時間によって一般の運行か優等か決まってるから何も言わないと一番早く出発する切符をうってくれます。
この時期、全州までは無料シャトルバスが運行されてるらしいけどタイミングが合わなかった。
交通費がちょっと痛いけど仕方ないか。


DSC_0572.jpg
こちら切符。
座席番号が指定されてます。
番号通りに乗らない人もたまにいますが、ここでは韓国人同士で「この席は私のなんですけど・・・」みたいなやり取りがされてました。


DSC_0573.jpg
こちら酔い止めセット。
半分飲んで、もうこれで安心!
瓶の中身は高麗人参の味や匂いが強烈にしました。
私は好きな匂いだけど、飼い主は苦手らしく顔をしかめてました。

10:10、バス出発!
天気にも恵まれて気持ちいい。
バスの中ではKBSチャンネル放送中。
音量はほぼゼロなので画面見てるしかない。
この時は豆乳特集みたいな感じで、豆乳の効果とか豆乳にバナナ入れるとこういう効能がありますなどの内容でした。多分。
두유(豆乳)に一緒に入れて飲むといいものとして바나나(バナナ)とか깨(ゴマ)はわかったけど、마って出てきたのがわからなかった。
今調べたら長芋のことをマって言うらしいけど、豆乳に長芋入れて飲めるのかな。

せっかく酔い止め飲んだから景色やテレビ番組を堪能したいのになんとなく眠いなって思ってるうちに飼い主にラリホーかけられてつい寝ちゃった。私はドラクエの敵か!

11:30過ぎ、バスは정안休憩所に入ります。
出発時間は運転手さんが韓国語で叫ぶのみ。
旅行していると結構数字って大事だなって感じる場面が多いので、固有数詞・漢数詞問わず強くなっておくと便利です。
休憩所で飼い主に起こされたけど、トイレ行きたくないし荷物番として私は車内に残る。

テレビは바른 말,고운 말(パルンマル コウンマル/正しい言葉、美しい言葉)という番組をやっています。
韓国語ジャーナルでも記事がありました、正しいスペルや使い方などを学ぶ番組。
日本語ネイティブが文法的に間違った使い方や漢字を使っても通じちゃうように(「全然大丈夫」とか、「意思」と「意志」の使い分けとかね)韓国語も結構そういうことがあるようです。
この番組、難しいようですが、韓国語を外国語として学んでる立場にとっては勉強になるし、「これ普通に知ってる!」と嬉しくなることも多くて結構好き。

この日は腕を組むという意味の발짱을 끼다と발장을 끼다 はどちらが正しいか?とか
(これは知ってた、발짱!)
으름장と으름짱とか
(この言葉自体知らなかった、脅し・威嚇・脅迫だそうです。으름장が正しい)
韓国のテレビ番組面白い~。

12;55、全州着!
すぐにタクシーに乗ってお目当ての食堂に向かいます。
カルグクスのベテランってお店って言えば運転手さんは絶対わかるから、という飼い主。
食堂の名前でわかるのかなと心配したけど一発で大丈夫でした。
ちなみにベテランっていうのはお店の名前ね。

13:08、ベテラン到着!
タクシー代は5000ウォン。

ベテランは地球の歩き方に載ってた全州特集でわりとひっそり載ってたお店。
2010年春の旅以来、2回目です。
全州に来たのはここのコングクスを食べるためと言ってもいいくらい。
コングクスは夏の食べ物なので、前回は食べられませんでした。


DSC_0575.jpg
建物がリニューアルされてる!
以前は小さな街食堂って感じでした。
多分建て直しじゃなくて外壁と看板のみ新しくしたのかな。
ちなみに初訪問の記事はこちら
写真も載ってるよ。
今自分のブログ読み返して、「今度は夏に来て、コングクスも食べたいです。」と書いてあるのに気づく。
願いが叶うのって嬉しいねぇ。


中に入ると椅子席が満席だったけど、「こっちの方にどうぞ」と言われ厨房側を通ると広い座敷席が現れる。
それでもほぼ満席!


DSC_0576.jpg
韓国人のお客さんが「メニュー表ください」って店員さんに声かけたら壁を指さされてました。
メニューはこちらの6種類。
カルグクスとパッピンスは夏限定です。
カルグクス、前回の4000ウォンから値上がりして5000ウォンになってる。
コングクスは6000ウォン。
1つずつ注文します。
前払いですがカードも使えました。
ククスのお店に前払い式が多いのって、やっぱり回転が早いからかな?

ちなみに写真の下に書いてある文字は、
「コングクスに砂糖を希望しない方は注文時あらかじめ申し出てください-豆スープお持ち帰りできます-」
ここ全州のコングクスは、蕎麦の麺を使うことと砂糖が入ることが特徴。
飼い主が砂糖を希望しなかったので、砂糖抜きで注文。
韓国語読めるとこういう時に便利でしょ~と飼い主に自慢するもスルーくらう。


DSC_0577.jpg
懐かしいビジュアル!
麺が柔らかくて、スープもふわふわのほっこりなごむお味。
ここでしか味わえないカルグクスです。
唐辛子粉がたくさん見えるわりにはそんなに辛くなく、飼い主もお腹に優しいメニューに大喜び。

ちなみに茶色い粉はエゴマの粉末。
エゴマの葉っぱは大好きなのに、これがエゴマだってまったく気づかなかった私。
帰国後に飼い主が夕食にうどんを作ってくれて、そこにエゴマの粉を入れて出してくれてそこでやっと気づきました。遅すぎる。
エゴマ粉が入るだけで懐かしのこの味に近くなります!
韓国のスーパーで売ってますので、興味のある方はぜひどうぞ。


DSC_0578.jpg
こちらはカルグクス以上に楽しみにしていたコングクス。
運ばれてきた瞬間に歓声を上げそうになりました。
パッピンスのようにたっぷり乗った氷、きなこ、そして氷があっても全然薄くならないであろう濃厚なスープ。
旅行前からコングクス食べるのを楽しみにしてましたが、こんな名店で出会えると思ってなかった~。


IMG_5878.jpg
どうですかこの濃厚さ!
蕎麦のような麺にもよく絡んで美味しい。
確かに砂糖が入ってもおやつみたいで合うと思う。
そしてこのスープが大好きなのにいつもお腹いっぱいで飲みきれないので、残ったスープをお持ち帰りできるこの韓国らしいシステムが嬉しい。
もちろん食事後はお持ち帰りお願いしました。
どういう感じで出てくるのかと思ったら、スーパーで会計後に商品を袋に入れる棚にあるくるくる丸まってる袋のようなものに入って口を縛って出てきました。


DSC_0580.jpg
13:45、お店を出ます。
この時間でもまだたくさんの人がいる。
週末だと列もできるとか。
それも納得の美味しさです。全州はレベルが高い!

外に出るとめちゃくちゃ暑い!
まずは今夜の宿を探さないと。
続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。