-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-09 06:00 | カテゴリ:2013なつinかんこく
16時には教保文庫到着!
活字中毒の私にとって、留学時代からの天国だった教保文庫。
いつも飼い主と一緒に来ると、待たせてるのが申し訳なくて気が焦るけど今日は飼い主はホテルで休んでて一人なので存分にうろうろします。
しかし今回のお目当ては珍しく本ではなく文具です。

GW前後にhimeさんという方のブログを知り、すっかりファンになっている私。
とにかく情報量が半端なく、それも自身の体験を通してわかりやすく愛情を持って書かれています。

そのhimeさんのブログに載ってたハングルスタンプ記事に一目惚れ。
韓国語勉強し始めた時は文字が読めるようになるのに一生懸命で、読めるようになった後もなんとなくハングル文字と私の間には「学習」という透明な壁を感じていたものでした。
いつの頃からか可愛いデザインや芸能人などの手書き文字の個性に惹かれるようになり、昔作られた文字であるハングルがPCで打つ時にめちゃくちゃわかりやすいことに驚いたり、今ではハングル文字が大好き。

地下鉄から直結している入口から入ってすぐ左に文具屋さんがあったので嬉々として入ってみるもなんか違う。
ごくごく普通の文具しかない・・・もちろんハングルハンコなんかどこにもない・・・なんでだろう・・・
と悲しくなりながら一度お店を出てふとみると、少し離れたところの右側に「디자인문구(デザイン文具)」の文字発見!
ノーマル文具とデザイン文具売り場が違うとは、さすが大型書店。
気を取り直して見に行くと、確かに可愛い文具がたくさん♪♪

しかし文具売り場は通路が狭く、リュックしょってきたのは失敗でした。
場所とって後ろの方に邪魔になっちゃうし、前に持ってるのも不自然だし。
なるべく人が通らない時に見てみるけど集中できず。
しかもわりとすぐにハンコ売り場発見するも、上のhimeさんブログに載ってた私の欲しい可愛いフォントのは見当たらず、こちらもhimeさんブログに載ってた大きなハングルスタンプと、横にはそれより少し小さいけどゴシック体のスタンプのみ。
念のため店員さんに聞いてみるもこの売り場に並んでるものしかないです、とのこと。
一番大きいのはさすがに使いづらいし、ハンコは欲しくてたまらないけどゴシック体に妥協するのはどうしても無理・・・ってことで泣く泣く購入断念。
ちなみに、実は翌日にどうしても諦められず再度ここを訪れ、無事欲しいスタンプを発見し購入に至るのですが、それはまたその時の記事で。
(実は探してた棚の下にちゃんとありましたがこの日は私が見つけられなかった)

他にも売り場うろうろしてみたけど、シールは使ったらなくなるのがもったいなくてしまいっぱなしにしちゃう自分の性分をわかっているので購入せず。
そのまま本屋をゆっくり物色。
土曜日だけあってたくさんの人がいます。
私はさすがに床に座って本を読む勇気はありませんが、結構日常の光景。
もうひとつ驚くのは飲み物を持って本屋を歩く人が多いこと。
蓋はされてるけどこぼしちゃったらどうするんだろうとヒヤヒヤ。
もっとも、ダンキンドーナツやバスキンロビンスが併設されているから自然なことなのかもしれない。

今回の旅行では、円安だし地元図書館で韓国語書籍借りられるし前に買った本も読みきれてないし本は購入するつもりはありませんでした。
しかし、本屋を回っていたらどうしても欲しい本があったので衝動買い。


私たちの言葉の秘密
우리말의 비밀「韓国語の秘密」
実はまだほとんど読んでないのですが、韓国語について書かれた本(多分・・・)だし、薄くて読みやすそうだし、1万ウォンだったので思い切って購入。
店員さんが日本語で袋いりますか?と聞いてくれたので、韓国語でそのままで大丈夫です、と答える。

まだ時間に余裕はあるけど、満足しちゃったし買った本も早く読みたいしリュックが邪魔になって集中できないのでホテルに戻ります。
飼い主に頼まれてた1.5リットルのポカリが売ってないので代わりにビタを買って帰る。

地下鉄降りてホテルに戻る途中、自分が帽子をかぶってないことに気づき焦る。
この帽子は以前新村の八色サムギョプサル屋に忘れ、そのまま地方旅に出てしまい旅先から電話をして帰りに取りに行ったことがあるものです。
よく忘れ物をするので人一倍気をつけてはいるのですが、帽子脱いだ記憶がどこにもない。
こんなに暑いんだからホテル出る時は確かにかぶっていたはずなのに・・・
半泣きになりながら18時、ホテル戻ると、帽子は部屋に普通にありました。
最初からかぶって出かけなかったのになくしたと思って焦る私ってパボ過ぎ・・・

本読んだりテレビ見たりしたいけど、私がバタバタと入ってきたことで昼寝を邪魔された飼い主が顔をしかめてる。
静かにしてようっと、とりあえずでかける時間の20時に目覚ましかけて・・・と布団に入った途端に寝てしまった私。
瞬寝は特技のひとつです。
目覚ましが鳴る20時までの2時間も昼寝(夕寝?)しちゃったよ旅行中なのに(T T)

20時になってもまだ明るい韓国に驚きつつ、15分で支度。
地下鉄2号線で新村に向かいます。
留学時代住んでいた新村。
懐かしいし、留学してた時に色々やり残したような気持ちも年々大きくなる特別な場所、新村。
今日はここ新村に住んで日本語教師をしている、飼い主の高校時代の同級生に会う日です。
私は初対面ですが飼い主facebookで顔は拝見してたし、facebookの本文やメールなどを翻訳してあげたりしてたので初めて会う気がしない。
逆に向こうが私の顔を知らないんだってことを忘れてたくらい。
同級生の方はもちろん日本人ですが、事前に「韓国語の勉強になるので、私と話す時は日本語禁止にしてほしい」とお願いしてました。

新村待ち合わせ場所のメッカ、現代百貨店前で待ち合わせです。
ここって留学時代からメッカだったけど、当時はなんかお店があって留学中に潰れた記憶がうっすらと。
でも何があったか覚えてない・・・情報求む!

20:45、飼い主チングと合流!
彼のことをブログでなんて書けばいいか迷いますが、飼い主チング(友達)なんで略して(?)チングにします。
日本語教師だからソンセンニム(先生)って書いてもいいんだけどなんか距離感じちゃうし、自分的に「こころかよ!夏目漱石かよ!」って突っ込んじゃうんで。

晩ご飯はお腹壊している飼い主に合わせていくつか候補出して、最終的にタッカンマリにしました。
飼い主に韓国語で話しかけるチング、ぽかんとする飼い主、翻訳してあげる私。
私とチングが韓国語で話してそれを飼い主に翻訳したり、日本人3人なのにカオスです。
飼い主はすぐに「俺と話す時は日本語でいいから!」と釘を刺します。

タッカンマリは新村と梨大の間くらいにあるお店が行きつけ。
お昼に行ったポンガもこのタッカンマリも、ブログ通じて知り合ったナツオンニから教えてもらったお店です。
お店の場所がうろ覚えだったうえ少し新村寄りに移転したという情報も得ていて、途中に看板の似た別のタッカンマリ屋があったこともあり一瞬こっちのお店でもいい?と思ったものの頑張ってお目当てのお店を探すことにしました。
途中で私の下宿の場所の近くも通って懐かしい。
しかし下宿の周り、改めてモテルだらけだな。
留学中の息子娘に会いに来る親御さんはさぞ心配するのではないだろうか。
住んでいる分には全然気にならなかったけど。

IMG_5846.jpg
공릉닭한마리、無事発見!
私、今の今まで공릉を恐竜って意味だと思い込んでた。
念のため調べたら恐竜は공룡だった・・・
確かに용산(龍山、地名)って書くもんね。(語頭にㄹは来ないのでㅇになる)
さっきのお店よりずっとたくさん人が入ってる、やっぱりこっちに来てよかった。


IMG_5841.jpg
専門店なのでメニューはタッカンマリのみ。
タッカンマリ(鶏一羽)タッカンマリパン(鶏一羽半)タクトゥマリ(鶏二羽)という感じで注文します。
私たちは3人いるけど二次会の可能性もあるし飼い主のお腹も考えて一羽注文。
韓国料理はすぐに出てくるのが嬉しい。
アジュンマ、「십분!(10分)」と行って去って行く。
10分ほど煮えるのを待ちます。
きのこサリとか追加しようと思ったけど、既に入ってるのでこのまま食べる。
トックも嬉しい。


IMG_5845.jpg
パンチャン♪
にんにくは鍋に投入しちゃって一緒に煮込むのが好き。

隣の席には日本人の女の子が3人。
会話は当然聞いてないけど、なんとなくだけど、旅行者ではなく留学生の雰囲気を感じました。
いいないいな。

このお店のタッカンマリ、とにかくスープが美味!!
チングは煮える前からスプーン入れて飲んでました。
この鶏ガラスープのおいしさは自宅では真似できないわ~。
これは韓国に来た時だけ味わえる感じだね。

お店はたくさんの人で賑わってますが、タバコの臭いがしないのも快適。
私たちは元々タバコ吸わないので禁煙だったのかたまたまなのか分からないけど、最近は韓国の食堂でも禁煙の文字を見かけることが多くなりました。

日本語教師をしている飼い主チングの話はとっても興味深くて楽しい。
初対面でも韓国っていう共通点があるから結構話ができます。
私、初めましてだと基本的に何話していいかわからなくてあんまり喋らない時も多いけど、チングとは自然に会話を楽しめました。
人柄も最高に素敵で頭がよくて優しいチング。
ホテルに戻ってから飼い主に
「あの人と結婚して韓国に住みたい」と訴えてみました。
飼い主、ぷっくから解放される~と喜ぶ。
変な夫婦だ。

最後はククス(麺)を投入。これがまたスープと合いすぎる。
3回目のこのお店、場所は変わっていても美味しさは変わらずでした!
ただ、1回目に食べた時が一番感動はしたけど・・・それは仕方ないね。

タッカンマリ1回目の記事はこちら
タッカンマリ2回目の記事はこちら
おまけ・東大門タッカンマリ通りで食べた記事

チングとは明日のお昼も会う約束をしてます。嬉しい♪
食事はお腹壊している飼い主基準でチョイス。
サムゲタン食べたかったらしいけどタッカンマリで鶏分は満足したらしく、色々考えてます。
ポッサムが有力だけどとりあえずホテル戻ってから考えましょう。

22:15、お店を出る。
二次会ってわけじゃないけど、向かうはチングお勧めのパッピンスのお店。
他にも美味しいところはあるらしいけど時間が遅いので閉店したらしい。
約5分で到着!
飼い主のお腹が心配ですが、本人が食べたがっているので大丈夫でしょう。


IMG_5850.jpg
ベリーがたっぷりで見た目通りとっても美味!
しかしこの入れ物だとかき混ぜられない・・・

このお店では、もんのすごーーーくイチャイチャしてるカップルがいて、パッピンスよりむしろそっちに釘付け。
抱き合うは激しいキスするわ、ここはホテルでしたっけ?くらいの勢い。
今回はいつもに増してベタベタカップルをよく見かけた気がする。
お店の二階で食べてたのですが、お客さんが少ないとはいえ私たちの席からばっちり見える角度。
このカップルとは席を立つ時間も一緒、私と飼い主は帰りの地下鉄車両まで一緒。
私たちの方が先に降りたのですが、その間一瞬の間も空くことなくいちゃいちゃし続けたカップルに幸あれ。

帰りはコンビニでポカリを買う。
バリ腹飼い主にとってポカリは点滴にも近い救世主らしい。
バリ島でもポカリが売っていて、同じ味に大きな安心感を覚えていたそうです。
私も昔ノロウイルスでりんごのすりおろしすら食べることができなかった時にポカリに救われたもんな~。
コンビニでは、エスニック系の顔をしている英語を話すイケメンな男子が、レジで
「T-money please」
と言って出したカードがホテルのカードキーで、店員さんもナチュラルに韓国語で
「이거 T-money 아니잖아요(これT-moneyじゃないじゃないですか)」
と返されて、Oh my mistake!sorryと顔を真っ赤にしている青年がとても可愛かった。


23時過ぎ、ホテルに無事帰宅!
明日の予定も決まってないけれど、韓国にいるだけで幸せ~。

お腹を壊しているはずの飼い主は、コンビニで買ってきた辛ラミョンを食べる。
食べると痛くなるのはわかるけど食欲はあるそうな。


DSC_0519.jpg
夜景と呼べるものではないかもしれないけれど、ソウル江北エリアの景色が大好き。


IMG_5839.jpg
こっちは昼間の景色。


DSC_0520.jpg
ソウルタワーも美しいです。
ずっとホテル住まいしたいよー。
とは言ってもたった4泊5日の韓国滞在です。
続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。