-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-07 06:00 | カテゴリ:2012はるinほんこん
3/10(土)

どんなに長い旅行をしても、最終日は必ずやってくる。
最近は、旅行中は先のことは考えないでその瞬間を楽しむようにしてるけどやっぱり最終日の朝は寂しい。
香港、期待してたほど気温があったかくはなかったけど、それでも新潟のあの寒ーい冬空の下よりは何倍も過ごしやすいからね。

起床時間は、6:30予定→眠いし時間に余裕あるから7時に変更→やっぱり8時→結局7:20に起床。
最終日なので、外出前にホテル探検をします。
1週間もここシティビューホテル(城景國際酒店)に泊まってなのに、朝から晩まで予定びっしり入れてたからホテル内部をじっくり見てなかったんだよね。


IMG_3309最終日にやっとホテル内探検。ロビー
ただっ広ーいロビー。
前回の旅行で泊まったホテルに比べるとやっぱりケタ違いに広くて明るいイメージ。


IMG_3310フロント
フロント。
外出時にキーを預ける必要はなかったので、6泊7日の滞在中でフロントに寄ったのは、チェックインとこれから行うチェックアウト、あと部屋の電気が切れてることを伝えに行った時だけでした。


IMG_3311ロビーにあるバー
バーがありました。
お酒は飲まないので利用してないけど。


IMG_3312広東料理レストラン
こちらも一度も利用することはなかったけど、広東レストラン。
広東料理、結局一回も食べなかった。
1週間もいたのにまだまだ行きたいところが山ほどある。


IMG_3313朝食レストラン
朝食用レストランもあったのね。
こんなに色々入ってるのは知らなかった。
このホテル、部屋も広くて明るいし立地も地下鉄油麻地駅からすぐで便利で気に入りました。
この階だけ見てると超豪華ホテルっぽいけど、シティホテルの扱いでコスパもよかった。
毎日お水のペットボトルが補充されるのも嬉しい。


IMG_3314三階から見たロビー
上の吹き抜けからロビーを見下ろしてみた。


IMG_3315.jpg
today's events。
英語の意味がまったくわからない・・・


IMG_3317受験者の列
どうやら何かの試験らしく、まだ朝8時なのに受験生の列。


IMG_3316この日は何かの試験日
今調べたら、IELTSというのはInternational English Language Testing System(IELTS, アイエルツ)で英語検定のひとつで、移民の必要条件になるテストだそうです。
IELTSについてはこちら
TOEICやTOEFLは知ってるけどIELTSって知らなかった・・・
ホテルが受験会場になるなんてびっくり。
広いホテルとはいえ、リスニング試験もあるみたいなのに外部の音が騒がしくないのかな?

ホテル内探検を終え、8:15、いったん朝食を食べに外へ出ます。
チェックアウトは12時。この時間設定も便利でありがたい。
外は曇り。昨日よりは寒くないけど、特にあったかいわけじゃない。
長袖メインに持ってきてて本当によかった。
レパレスベイの暑さが恋しいです。


IMG_3318よく見かけるジュエリーショップ「周大福」
香港の街を歩いていると、いたるところで見かける「周大福」のお店。
いかにも美味しそうな名前ですが、食事処ではなくジュエリーショップ。
景気の良さそうな香港とはいえそんなにジュエリー売れるのかなと思ってたけど、どうやらアクセサリーショップというよりはゴールド蓄財に使われるらしい。庶民には無縁の世界だ。

徒歩10分、着いたのはこの旅で2回目の「倫敦大酒樓」
前回香港旅行の最終日にもここに来てました。
何気に何度も通ってるな。


IMG_3319「倫敦大酒樓」焼売・春巻き・大根餅・まーらーかお
写真を一気にドーン。
焼売・春巻き・大根餅・マーラーカオです。
安定の美味しさだわ~。
この旅で1回目に来た時の記事でこのお店に対する熱い思い、そしてマーラーカオに対する思い出を暑苦しく語りまくった私。

この旅行記を書いてるのは旅行から1年以上も経ってます。
ちなみに予約投稿してるけどこれを書いてる現在の日時は2013年4月4日 7:05。
早起きして会社に行く前に書いてます。
で、最近、飼い主にマーラーカオを作ってもらいました。
給食や香港での思い出の味が家でいつも美味しく食べられることに感涙。



IMG_3321倫敦大酒樓小籠包汁なし
ワゴンで回ってきた時に「ショウロンポウ」と聞き取れたので、ここで小龍包が食べられるなんて!と大興奮して注文。
結果、小龍包でもっとも大事に思ってる汁がほぼ入ってませんでした・・・
たまたまかもしれないから今後行った時にもう一度リベンジしてみようかな。

9:15、お店を出ます。
土曜日はちょっと値段が上がるみたいで、117.7ドルでした。
香港最後の朝ごはん、明日の今頃は日本だなんて信じたくない~。

チェックアウトまでの限られた時間は香港の街をぶらりとします。
IMG_3324竹で組んだ足場
何度見ても感嘆する竹の足場、今日はリフトまで竹で作っている!
ってかリフトなのか上下する仕組みになっているかはわからないけど。


IMG_3327福の字
シャッターに貼られていたのはお札なのかな?
「福」という文字が香港テイストで竜でかたどられている。


IMG_3329古い市場(九龍水果批發市場)
上海街の九龍水果批發市場に出ました。
飼い主はこういう場所が大好き。
上海街、香港ナビにとても詳しい記事がありました。こちら


IMG_3330古い市場(九龍水果批發市場)
ディープな市場と、超高層マンションが一枚の写真に収まる。
まだ2回しか香港に行ってないけど、この両極端が共存しているところが香港の魅力だと今回肌で感じました。


IMG_3331公衆トイレ
ちょっと見苦しい写真ですみません。
これは男子用の公衆トイレです。
トイレに行った飼い主がトイレ面白い形だったと教えてくれて、興味津々でしたが私が入っていくわけにもいかない・・・ってことで写真を撮ってきてもらいました。
掃除しやすそうで合理的っちゃ合理的ですよね。
正直、日本の男子トイレだって個々になってるとはいえ個室じゃないから丸見えなわけであって、私としては日本の男子トイレとそんなに違いを感じないかも。
局部を出しての用を足す姿が横から他人に丸見えなのが恥ずかしくないのかが私の中での男子七不思議のひとつ。


IMG_3332古い市場(九龍水果批發市場)
ディープな市場だなぁ。


IMG_3333古い市場(九龍水果批發市場)
これは私の大好きな竹足場でしょうか?
考えてみたら竹だって工事現場の人が山から切ってくるわけじゃないもんね。


IMG_3334古い市場(九龍水果批發市場)
土曜日の朝なのに、人通りはまばら。
香港の夜の喧騒とは別世界のようです。


IMG_3335香港の合羽橋(上海街)
調理器具・厨房道具が並ぶ通りにやってきました。
日本でいう合羽橋ですね。
こういうところが大好きな飼い主、食べることは大好きだけど調理器具には一切興味がない私。


IMG_3336うちと同じミキサー発見(真ん中)
真ん中の業務用ミキサー、我が家にあるよ。


IMG_3337香港の合羽橋(上海街)
香港といえば点心。
点心といえばせいろ。
ってことで、せいろもいろんなサイズが売られてました。
14ドル・18ドル・20ドル・28ドルなどがあったかな。
飼い主は欲しがってたど、今買うと荷物になるからと言って一通り見るだけにしました。
結局時間がなくなりせいろは買わないで帰りました。
確かにせいろがあると雰囲気は出るけど、私的にはせいろが家にあっても場所とるし、扱い悪くするとカビ生やしそうだからいらない気もする。
ちなみに、我が家にはティファールのスチームクッカーがあり、これかなり重宝します。
香港思い出しながら小龍包とかマーラーカオとか作りました。飼い主が。


IMG_3338香港の合羽橋(上海街)
招きすぎな招き猫!

スーパーでもこの上海街でも、日本のものが普通に売られているのが驚き。
日本商品が信頼されているのが誇らしい一方で、この先もこの現象が続く自信がありません。
私が自信持つ持たないの話じゃないけどさ。

IMG_3339油麻地天后廟
油麻地天后廟。
この旅でいったいいくつの廟に出会っただろうか。


IMG_3340真昼の廟街
真昼の廟街。
ここが毎晩毎晩男人街のお店がひしめく通りに変身しているなんて考えられない。
ある一定期間、お祭りで街が変貌するのはよくありますが、毎晩大量の商品を並べては片付け並べては片付けですからね。


IMG_3342朝の天后廟前を掃除するおばさんたち
お店の人だけじゃなく、こうして掃除をしてくれている人達のおかげで魅力的な香港が生まれます。


IMG_3344お茶屋さんに積まれたプーアル茶
これはウ・・・ではなく、お茶屋さんにうず高く積まれたプーアール茶です。
これで一体いくらくらいするんだろうか。

最終日とは思えないのんびり散歩っぷりはまだ続きます。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。