-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-05 06:00 | カテゴリ:2012はるinほんこん
IMG_3244おれねこ
坪洲島(ベンザウトウ)ではたくさんの猫ちゃんを見かけました。
この猫、しっぽをくるんと足に巻きつけてるのが可愛すぎる!
写真撮る時に「お願いだからしっぽそのままにしてて~」と祈りながらそっとシャッターを押しました。
前足はあげてないけど招き猫みたいな座り方。
なでなでしたかったけど、びっくりして逃げられちゃうと可愛そうだしこのポーズで落ち着いてるようなので少し離れたところで愛でる。
胸のところだけスカーフ巻いてるみたいに白い毛色、しっぽのしましま、写真を見れば見るほど引き込まれるキュートさ。
でもさすが猫、「何よぉ、何撮ってるのよぉ」と言われてるような感じがする。可愛いから許して。


IMG_3245路地裏
飼い主は路地裏が大好き。
日本だと、よく田舎は車がないと生活できないっていうけど、今日回った2つの島は逆に車じゃなく自転車が交通手段として主役みたいです。


IMG_3246清朝時代のアーケード
「永安街」の文字がうっすらと見えるこのアーケード、なんと清朝時代のものらしい。
・・・というのが飼い主からの情報だけど、清朝時代についての詳しい情報は学生時代の遠い記憶に置いてきた・・・っていうかむしろ高校で習ったかすら記憶にないのでこれ以上は書けません。


IMG_3248清朝時代のアーケード
確かに古いけど、きちんとアーケードとして機能してます。


IMG_3250清朝時代のアーケード
中はこんな感じ。


IMG_3251清朝時代のアーケード
これ、本当に何百年も前も看板なのかな?


IMG_3252清朝時代のアーケード
映画の中にいるみたい。
ノスタルジックな感じがたまりません。

IMG_3253雑貨屋
何屋さんなのかな?
雑貨屋さんというより「よろず屋さん」とでも呼びたくなる。
学校帰りっぽい小学生も歩いてたから、寄り道しておもちゃ買ったりするのかな。


IMG_3255八百屋
八百屋さん。
THE商店街って感じの街並みが楽しい。
短い時間の滞在でしたが、この永安街は何往復もしました。


IMG_3257商店街
天井に張られたビニールが効率的ですねぇ。
雨が降ったらそれはそれで音とか雰囲気でそうだけど、この日は曇り空だったので散歩しやすかったです。


IMG_3258天后廟
天后廟。


IMG_3259百年以上前の古い建物
百年以上前の古い建物らしい。
住民の方々にとってはごく普通であろう景色、感動的に映るわ~。
午前中の南Y島には日本人の方が歩いてたけど、この島では見かけませんでした。


IMG_3262埠頭につながる大通り
この大通りを抜けると埠頭です。
小さな島なので2時間くらいの滞在でしたが、つぶさに歩き通した感じ。
香港の新しい魅力が見られました。
猫ちゃん元気でね!


IMG_3265坪洲島フェリー乗り場
坪洲島フェリー乗り場。
香港島の方まで毎日通勤してる人もいるだろうと推測されます。
私の会社の人が「田舎に住んで都会まで出勤してくる環境が気に入ってる」とおっしゃってた方がいるのですが、なんとなくわかる気がする。


IMG_3266フェリー内部
16時、フェリー出発。
船内はすいていました。
昨日マカオに行った時と違って体調万全なのでフェリーを全身で楽しみます。


IMG_3267セントラルフェリー乗り場
わずか30分くらいでセントラルフェリー乗り場に到着。
たった30分の船旅で、別の街どころか別時代にタイムスリップしていたんじゃないかと思わせるくらい中身の濃い旅でした。


IMG_3268坪洲島から乗ってきたフェリー
この船に乗ってきました。
こうしてブログで振り返ると何をしていたわけでもないのに、今でもすごく印象に残っている2つの島です。
次回の香港旅行でも島巡りします!


IMG_3269セントラルフェリー乗り場
フェリー乗り場、とっても立派。

ここから、こないだ食べた四川料理に行きたいと飼い主にリクエストしたけど、同じお店に通うのももったいないということで一方的に却下され、予定変更でスターフェリーに乗り九龍へ。
ノスタルジー溢れる島から、エネルギーと喧騒に溢れる香港の街へ。
風は冷たいけど、これがこの旅最後の夜。
明日は日本に帰らなきゃいけないことを忘れて楽しむぞ!!
続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。