-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-03 06:00 | カテゴリ:2012はるinほんこん
トレッキングは続きます。
多少の起伏はあるけれどもわりと歩きやすい道。
でも島全体地図しかない、言葉も通じない完全に未知の世界でトレッキングしている非日常感がトレッキングの楽しさを増幅させます。


IMG_3154畑
畑。
自給なのかな、売ってるのかな。
この島の人たちがどんな感じで生活しているのか気になる。


IMG_3155畑
昔ながらのかかし。和むなぁ。


IMG_3157途中に現れた集落
集落出現。


IMG_3158集落
平日昼間だからか人通りはないけど、生活の跡が見えるのが嬉しい。


IMG_3159集落
南Y島は自動車禁止。そして3階以上の建物も建設禁止です。
道も明らかに車仕様になってない。

IMG_3162集落
移動手段として重宝しそうな自転車発見。
そしてこのパイプは集落の生活の知恵でしょうか。


IMG_3161雨水を貯める桶?
雨水とかを貯めるのかな??


IMG_3165立札
さらに歩くと急にオサレな看板出現。
とりあえず向かってみる。


IMG_3164夏は人気のカフェ?入りたかった
サーフィンショップ??カフェ??
開店してなかったのでなんのお店かわからず、外側を眺めただけ。


IMG_3166発電所

IMG_3169発電所
火力発電・風力発電です。
こちらも風水に基づいて建てられているとか。


IMG_3172「洪聖爺海灘」のビーチ
さらに足を進めると突如現れた美しいビーチ!
そして遠足か修学旅行か?学生達で賑わっています。
ずっと静かな山道を歩いてきたので突然のギャップにびっくり。


IMG_3173学生がいっぱい
学生さん、バーベキュー中。
海のすぐ近くで仲間と食べるバーベキュー、最高だろうなぁ。


IMG_3174「洪聖爺海灘」のビーチ
こうして見ると人でいっぱい!ってほどでもないのに、もっともっと騒がしかった印象なんだよな。
やっぱり学生さんのテンションの高さはケタ外れだからね。


IMG_3176「洪聖爺海灘」のビーチ
私も海に近づいてみたかったけど学生さんのテンションに押されて遠くから眺めるだけに留めました。


IMG_3178「洪聖爺海灘」のビーチ
砂浜に木がニョキニョキ。


IMG_3179「洪聖爺海灘」のビーチ向かいの「ブックウォームカフェ」
向かいには「ブックウォームカフェ」がありました。
この時期だからか閑散としてるけど、これだけ素敵で香港島からのアクセスもよいビーチだからオンシーズンは相当の賑わいが予想できます。


IMG_3181「洪聖爺海灘」のビーチの売店街
海辺らしい売店。


IMG_3185「洪聖爺海灘」のビーチにいた犬
ビーチのすぐ近くにいた犬。
いかにもきかん坊(死語?)な顔してるけどこの子が本当にきかん坊で、全身で吠えまくる吠えまくる。
何故か餌皿に延々と戦いを挑んでみたり走り回ったり。もちろんこのヒモの範囲外には出られない。
ヒモで繋がれてるのがかわいそうになってくるくらいなので外してあげたくなるくらい。
もちろんそんなことしないけどさ。


IMG_3188散策途中のマンション
楽しいビーチを後にしてさらに散歩続けると小さなアパートに遭遇。
3階以上の建物は建てられないらしいけど、これって2階扱い・・・なのかな・・・


IMG_3191散策途中の売店
売店。
私が小さい頃には既にこういう売店も見かけることなくなってたのにも関わらず、何故か懐かしさを感じる。
ちびまる子ちゃん界におけるみまつ屋かな。


IMG_3190散策途中のベンチ
ちょうどいいところにベンチがあるけど、そんなに疲れてないし腰を下ろした方が歩き続けるのおっくうになりそうだったのでスルー。


IMG_3194不動産の広告
不動山屋さんの広告。
どのくらいで住めるのか興味津々です。
意外と高いんだね。
老後には海外に住もうか日本の九州とかにしようか考え中な私。
香港は地価が高すぎるので残念ながら候補外だけど、旅行先としては良いところです。

IMG_3196溶樹湾
12:45、ゴール地点の榕樹湾に到着ー!
約1時間45分、ゆっくりペースだけど一度も休憩せずに歩ききった~!
何kmくらいあるんだろう。
過去の私のブログを見ると歩くの嫌い坂道嫌いと書いてあると思いますが、登山始めて歩くのに対する抵抗感が少なくなったかも。
それでも息が切れるように走ったり競争は嫌いだけど、飼い主とおしゃべり楽しみながらのんびり歩くのが楽しくなりました。絆が深まっていく気がするのは気のせいだろうか。


IMG_3195溶樹湾の街並み
「地球の歩き方」に「南Y島ハイキングは索罟湾から榕樹湾に抜けるコースがオススメ」と書いてあるのでそれに従ってみた。
オススメ理由は榕樹湾の方がカフェや洋食などの選択肢が多いのとコース起伏も多少楽だから。
ここで食事をすることはないけど、確かにちょっと下り坂が多くて歩きやすかったかな。


IMG_3197溶樹湾埠頭
埠頭に止められてる自転車。海風で錆びたりしないのかな?
船で通勤してる人の駐輪場かな。


IMG_3198溶樹湾フェリー乗り場
船着場の自動改札、立派です。
気温は17度。ずっと歩いてた為かいい感じに身体があったまってて寒さは感じない。
南Y島トレッキング、当初は めんどくせ ぐらいに思ってたけど実際してみたらめちゃくちゃ楽しかった。
今思い返してみて、一番印象に残ってるのはもしかしたらこの日かもしれない。
もちろん大好きなスティッチに会えた香港ディズニーも楽しかったけど、自力で島を楽しんだ感、観光旅行より一歩進んだ感があるからかな。
南Y島トレッキングはそんなにディープな旅じゃないけど、それでも満喫感があるからいいの。

12:55、いったん香港島に戻る船に乗ります。
30分の船旅。

IMG_3204嘔吐袋
さっきトイレで嘔吐した身でいうのもなんですが、漢字が直球だな。


IMG_3205出口
小心!
頭が四角いピクトグラムって珍しいでしょ。

13:25、セントラル香港島本土へ無事帰還!
しかーし、私達の島巡りは前半戦が終了したにすぎないのです。
といってもスケジュールなんか知らない私、飼い主が時刻表見て
「船ある!走るよ!」
といきなりダッシュさせられる。
さっき1時間45分トレッキングした身だしどこまで走るか知らないし目的地も知らない状態で走らせられる私。
切符を買わなくていいオクトパスカードに感謝しつつ無事船に乗船、13:45出発。
後半・坪洲島編に続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。