-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-02 06:00 | カテゴリ:2012はるinほんこん
3/9(金)

8:30起床。
飼い主はもっと早く起きて計画を立ててたみたい。
今日のテーマは島巡りトレッキング。
2012年は私達の登山元年。
だからってまさか香港に来てまでトレッキングをすることになるとは思ってもなかったよ。

9時、ホテルを出ます。
今日も外は少し寒め。
朝ごはんはこちら。


IMG_3103朝食「味皇餐應小厨」
IMG_3104朝食「味皇餐應小厨」
外観撮り忘れたのでメニュー写真。
「味皇餐應小厨」
気軽な大衆食堂です。
韓国も台湾も香港も、朝早くとか夜遅くにこういうふらっと入れて安くてメニューが豊富な食堂が多いのは本当に羨ましい。
日本だと朝早くに何か食べようと思ってもファストフードか丼物屋くらいしか選択肢がないからね。


IMG_3106朝食「味皇餐應小厨」
香港ならではって感じのメニュー!
中に入ってるのは麺でなくマカロニです。
多分日本にいてまったく同じもの食べてもそんなにおいしいと思わないだろうこの料理、香港の空気感と重なると身体に入っていくのは不思議。
バックパッカーになって1ヶ月くらいの単位でいろんなところを旅したい。


IMG_3107朝食「味皇餐應小厨」
一見真っ赤で辛そうですが、これはトマトの色なので辛みはゼロ。
トマトとマカロニ、目をつぶって食べるとイタリアにいる気分には・・・やっぱりならない。


IMG_3109朝食「味皇餐應小厨」
パンと目玉焼き?とハム。挟んでサンドイッチにする、これも定番の朝食。
味はまぁ、想像通りです。


IMG_3110朝食「味皇餐應小厨」
全体像。香港感満載!


「女及 茶」(ミルクティー)も飲みたかったけどお腹いっぱいなので断念。
IMG_3111朝食「味皇餐應小厨」
これで48ドル。600円弱くらいかな?

9:30、油麻地から地下鉄で中環へ向かいフェリー乗り場へ。
この旅で何回フェリーに乗ってるんだろう。
フェリーがクルーズじゃなくて交通手段ってところがとっても新鮮。


IMG_3112中環フェリー乗り場
フェリー乗り場。
ここでも日本のSuicaにあたるオクトパスカードでするっと乗船できます。
ICカード最強。


IMG_3116南Y島索罟湾行きのフェリー乗船
この船に乗って向かうは「南Y島(ラマ島)」
ものっすごい違和感のある表記名の島ですが、実際は「Y」はアルファベットでなく漢字です。
機種依存文字になる可能性あるので、便宜上アルファベットで書きますね。
なんでこれでラマって読むのか不思議だったけど、どうやら南(lam)―Y(a)島らしい。
LとNの互換とかリエゾンとか、韓国語の知識で理解できたのに知的興奮を覚えたZ。

10:20~55、船に乗って南Y島索罟湾へ到着。
IMG_3122南Y島索罟湾
一応私の持ってる「地球の歩き方」には3ページだけ記事がありますが(とは言っても情報密度がとっても高いのでこれだけで困ることはなかった、ビバ歩き方)実際に訪れることになるとは想像もしてなかった。


IMG_3123南Y島索罟湾埠頭
本当に、飼い主以外と来てたらここまで足を伸ばすことは絶対ない。
でも来てしまうと楽しいのだ。


南Y島地図
ここから榕樹湾というところまでトレッキング。
地球の歩き方地図を写メして書いてみたけどへたくそだな。
正直、なぜ香港まで来て美食巡りでなくトレッキングなのか とか
歩くのめんどくせ とか
思ったりするけど、実際に体験すると「楽しかった~」ってなるのがぷっくクオリティー。


IMG_3127南Y島地図
こっちの地図の方が見やすいかな。

トレッキング前にトイレ。
普段、日本でも公衆トイレはできるだけ避けて家までとか旅行先だと宿泊先まで我慢するタイプですがここに来てそんなことは言ってられない。
しかしここがかなり原始的なトイレ。
列に並んで、白人さんが出てきたので普通に入ろうとしたらこの方に「あっ」っていうような表情をされて、なんだろうと思いつつそのまま入ったらウ●●がこんもりと・・・
どうやら近くの桶で水を汲んで流す仕組みらしい・・・
ここでもうトイレに入る意欲なくしてそのまま出たけど、この後トレッキング途中にトイレなかったら困ると飼い主に説得され涙目でブツがなくなったトイレに入る。
で、昨日ピータン以後にずっと気持ち悪かったのとブツがとどめを差し、ゲ■りました。
絶対ピータン食あたりだ。
でもここでゲ■った途端にスッキリして、体調万全でこのあとのトレッキング及び行程を元気にこなすことができました。


IMG_3130南Y島索罟湾埠頭
埠頭。


IMG_3125南Y島索罟湾の海鮮レストラン
索罟湾は海鮮レストランが連なっています。
この雰囲気いいな。


IMG_3129海鮮レストラン街の路地の入口
レストラン街、入口です。


IMG_3131海鮮レストラン街の路地
右を見ても左を見てもレストラン。
でも客引きはなかったです。


IMG_3132海鮮レストラン街の路地
地元型売店。


IMG_3135海鮮レストラン街の路地
夏のオンシーズンは賑わいそう。
ここでは食事をせず、トレッキングします。


IMG_3136南Y島の湾
南Y島の湾。


IMG_3137トレッキング開始
さあ、南Y島のトレッキング開始です。
夫婦で離島トレッキング。これってなにげにかなりの幸せ。


IMG_3139路地の家
トレッキングをしている人達は他にもちらほら見かけました。
楽しいよね。


IMG_3140路地の家
なんの建物だろう?


IMG_3142路地の畑
食用かな。
当たり前だけど、今まで名前も知らなかった世界でもこうして日常の世界が繰り広げられてるんだよね。


IMG_3143小屋
小屋。なんでもない写真、撮りまくりなり。


IMG_3144行かなかったけど「南Y島漁民文化村」次回行く
対岸に見えるのは「漁民文化村」
今回は見るだけ。


IMG_3146水道管?
目に映るものすべてが新鮮。
水の近くっていいな~。

トレッキング途中にべったりと転んだけどギリギリのところで足はくじかずにすみました。
食あたり全快した途端に捻挫なんてしたら踏んだり蹴ったりだ。

IMG_3147洞窟
洞窟。
地球の歩き方によると、「第2次世界大戦で日本軍が武器、船などを隠していた洞窟だという」だそうです。


IMG_3150畑
畑かな?


IMG_3151バナナ
やっぱり南国、天然バナナが生えてる!
日本で食べるバナナってこれくらい青い時にもいで船で運んでくるらしいけど、木につけたまんまで完熟させたバナナって日本で食べるのとどれくらい味が違うんだろう。


IMG_3152溜池
写真見てると香港よりむしろ新婚旅行で行ったバリ島を連想しちゃいます。

夫婦トレッキングというより遠足の引率者と生徒の気分。
のんびりながら贅沢な時間は続きます。
後半へ続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。