-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-31 06:00 | カテゴリ:2012はるinほんこん
IMG_3068.jpg
香港の繁華街で、竹を足組みに使っているのはよく見るけれど
一棟丸々骨組みになっているのは初めて見たのでテンションアップ!


IMG_3069.jpg
一日中ここにいて、組み立て現場を見ていたい。
多分この地で生まれ育っていたら竹を使った足場なんて珍しくもなんともないであろう光景が新鮮に映るのが旅行の楽しさ。
元々同じところに長くいられる性分じゃないので、外国でも日本の別の地でもいいから移住したい。


IMG_3070.jpg
パステルカラーの建物やポルトガル料理でヨーロッパ感を味わったけど、こうしてコテコテアジアもある不思議な国マカオ。
でもそういう意味では日本も十分すぎるほど不思議な国だね。


IMG_3071.jpg
不思議な二股木。
もし私が逆立ちできるなら、ここで逆立ち開脚で木と同じポーズで写真撮りたい!


IMG_3079ギャラクシー
さて、15時、ギャラクシーマカオリゾートへ到着。
超~~豪華なホテルでしょ?
もちろん宿泊のために寄ったのではなく本日2回目のカジノ見学ですよ。
このギャラクシーマカオリゾートがあった地域は、見渡すとあちこちに豪華なホテルがありました。
でも香港から十分日帰り可能で観光地もそこまで多くはないこのマカオ、こんなにたくさんあって採算とれるのかしら。
それともギャンブラーを生業としている人たちが泊まるのかしら?


IMG_3073ギャラクシーのクリスタルロビー
豪華なホテルならではのクリスタルロビー。
今香港ナビ読んだら、これは「ウィッシング・クリスタル」という、運気を呼ぶといわれるクリスタルらしい。
知ってたら手を合わせて来たのにー!
しかもその知識がなかっただけじゃなく、ここに泊まるなんて夢のまた夢のまた・・・夢な私は「ゴテゴテして趣味悪いなぁ、成金っぽいなぁ、豪華と上品は成立しないのかね」なんて考えてたから運気吸い取られてたらどうしよう(・∀・)


IMG_3075.jpg
カジノ内は撮影禁止なので、入口にあった禁煙マークをば。
でも実際はタバコ吸って、しかも灰を下の赤い絨毯に落としている人がちらほらいたんですけど・・・
こういうところってルールを厳格に適用すると思ってたから意外な光景でした。
そしてカジノ場は、なんか一攫千金!とか大きなお金が動いてるって雰囲気を感じませんでした。
私達がただブラブラ歩いているだけで参加してないからそう思うだけかもしれないけど。
本場のカジノを見ての最終的な感想は
「なんか安っぽいゲーセンみたい」でした。
カジノ場よりも上に載せた竹でできた骨組みのほうが気持ちを掻き立てられる。

ルールもわからず賭けもしないカジノ場はどんなに広くても長居はできず、10分くらいで早々に退散。
1円もかけることなく健全にゲーセン場を出て、無料シャトルバスでいったんフェリーターミナルに戻ります。
バスの中では何故かAKB48の友よ♪思い出より~♪という曲がかかってた。
いわゆる有線なのかラジオだったのかはわからないけど、マカオでAKB48を聞くことになるなんてびっくり。


IMG_3081フレンドシップブリッジからマカオ方面。霧で何も見えない
フレンドシップブリッジから見える景色。
霧だらけ!

シャトルバスがターミナルに到着し、また別のホテルに行くシャトルバスに乗り換える。
移動手段として、泊まりもしないホテルの無料シャトルバスを利用しまくるのは私的に気が引けるけど、結構同じ使い方をしてる人がいた・・・と思いたい・・・


IMG_3084カジノグランドリスボア
15:40、到着したのはこちらホテルグランドリスボア。
マカオのホテルは建物の形が個性的です。
ここから徒歩で次の目的地に向かう。


IMG_3088セドナ広場
セナド広場
マカオの有名な観光地です。
ヨーロッパっぽかったりアジアっぽかったり、マカオのこの掴みどころなさ、魅力的。


IMG_3090果欄街
果欄街。
映画に出てくる景色みたいでオシャレ!


IMG_3091路地の隙間から聖ポール天主堂跡
やっぱりパステルカラーが可愛い路地。
そしてその隙間から見えるのが、これから向かう聖ポール天主堂跡です。


IMG_3092聖ポール天主堂跡
路地を出て、さて聖ポール天主堂跡に向かいます。
残念ながら雨がちらぽら、でも観光客がいっぱい。


IMG_3093聖ポール天主堂跡
こちらが聖ポール天主堂跡。
キリスト教教会ですが、3度の消失で今はこの正面デザインだけが残されている。
・・・これを見てアニメ「おぼっちゃまくん」を連想してしまう日本人は私だけじゃないはず!


IMG_3097聖ポール天主堂跡裏
おぼっちゃまくんの裏は裸ですが、こちらの裏側は鉄骨で補強されてる。
右に写ってる階段から登って、上から景色を見渡すこともできる。


IMG_3098足場から広場をのぞける
こんな感じ。
街並みというにはかなり視界が狭いし天気も良くないけど、パステルカラーの建物と奥にはカジノが入ってる豪華ホテルとマカオらしさが垣間見れます。
鉄骨の足場は下が見えるので、高所恐怖症な飼い主はかなり足がすくんでました。
とは言ってもアパートの2~3階くらいの高さ、私は楽しかったです。
逆にスカートとか履いてると下から覗き放題なのではと心配になる。

階段を降り、すぐ近くの地下納骨堂を見学。
さっきは高いところを怖がる飼い主・平気な私の図でしたが納骨堂では立場一変。
お化けとか呪いとかはほとんど信じてないけど(大体毎日たくさんの人が訪れる納骨堂で骨とかに一切イタズラなんかしてない私がピンポイントで呪われるわけないし!)、単純に人骨が怖い。肉親のでも見ることができない。


IMG_3099モンテの砦へつづく坂道
モンテの砦へ続く坂道にある大砲台。
当然玉は入ってませんが、通る時にビクビクしちゃう。


IMG_3100モンテの砦へ行く途中にあった路地
途中の路地にはこんなにオシャレな通りが。


IMG_3101左側がカフェになっている
こちらはカフェ。というか喫茶店の雰囲気です。


IMG_3102カフェの内部
何事も経験、ってことで立ち寄っちゃいました喫茶店。
飼い主はエスプレッソコーヒー、私はコーラ注文して2人で22ドル。


IMG_3103エスプレッソを注文
エスプレッソ。
コーラは缶をプシュッっと開けてコップに注いだだけだったので、私もコーヒーにすればよかった~。
急に喫茶店に入ることになってテンパってしまい、咄嗟にとりあえず目に付いたコーラ選んじゃったんだよね。
隠れ家的場所にある喫茶店は今ドキ流行りのチェーンカフェとは趣が違って、時間の流れまでも外とは違う気さえするような気持ちのいい空間。
地元人だったら本とか持って通いたくなります。


IMG_3104カフェを出る
そして休憩を終え、再びモンテの砦へ!


IMG_3105カフェを城壁の上から見たところ
坂道の上から見下ろす喫茶店。
このまんまで映画撮影地になりえますね。
韓国ドラマ「宮」の他にもマカオ撮影の映画・ドラマが多い理由、実際来てみるとよくわかります。


IMG_3106城壁を取り囲む砲台
城壁を取り囲む砲台はこんなにたくさん。
高さは全然違うけど、なんか韓国の水原華城を思い出した。


IMG_3107城壁を取り囲む砲台
こっちにも!
戦いの時はどんな激しさだったんだろうか。平和って貴重。


IMG_3108砦からの眺め霧の中
平和なマカオの眺め・・・は霧の中。
次回香港再訪の時はマカオもぜったいまた来る!


IMG_3111セドナ広場へ向かう土産街
さて、名所巡りも終わり、マカオ観光ももうすぐ終了です。
土産街を見ながら徒歩でさっきのホテルリスボアへ戻る。


IMG_3112双子のリス
土産街で笑顔を振りまいてたぬいぐるみ。
毛の色・鼻の色の組み合わせから見てもディズニーキャラクターのチップとデールと同じだけど・・でもあのリス達にこんな太い眉毛あったっけ・・・???


IMG_3113夕暮れ時のセドナ広場
日が落ちかけたセナド広場はとっても美しい。
夜にはライトアップされてもっともっと輝くのでしょうか。
見てたいけど残念ながら香港に戻ります。
続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。