-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-30 12:13 | カテゴリ:2012はるinほんこん
「宮~Love in Palace~」のロケ地巡りは続きます。
お次はこちら。
IMG_3005図書館
この通り沿い。


7.jpg
こっちがドラマキャプチャ。


6.jpg
こんな風に、チェギョンが自転車で颯爽と駆け抜けた通りです。


IMG_3004図書館
このモダンな感じの建物、図書館。
マカオには留学名目で行ったチェギョンですからね、図書館通いもするんです。


IMG_3006図書館
入口まで近づく飼い主。
中に入りたがってたけど、時間が合わず断念。


8.jpg
図書館から出てくるチェギョンちゃん。
何語の本で勉強していたんでしょうね?


IMG_3007図書館前の通り
人はほとんど見えないのにこの縦列駐車の列が不思議。
そして宮でも同じ景色だったことをキャプチャで確認してさらに感激なり。

さて、ロケ地巡りは小休憩。
マカオの名所ももちろん回ります。

IMG_3009通り沿いの洋館
通り沿いで見かけた洋館。


IMG_3011向こう岸は中国
マンション群まではっきりと見えるのに異国の中国。
泳いで渡れそうに見えるくらい近いけど、仮に勝手に泳いでみたらどのあたりでどこの国の人に捕まるんだろうか。


IMG_3012廃墟
この日はかなり人通りがまばらで曇り空。
そこに突如現れた廃墟、雰囲気ありすぎです。


IMG_3013譚公廟
そしてさっきの図書館から徒歩で到着したのは譚公廟。
漁師の神様を祀っています。


IMG_3014譚公廟
人気(ひとけ)はなかったのにこうして立派な太い線香の煙がゆらゆら。


IMG_3017譚公廟クジラの骨で作ったドラゴンボート
クジラの骨で造られたの朱塗りの竜型ボート!
美しすぎます。これが見られただけでもマカオに来た甲斐があったというもの。


IMG_3021譚公廟きんかん
外には美味しそうなきんかん!
立派ですね~。
きんかん大好きだし周りに誰もいなかったけど、もちろん手は付けてません!!


IMG_3024譚公廟爆竹場
この赤く散らかっているものは爆竹の跡。
フジテレビ「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」という番組の台湾編で、お祭りや結婚式に派手に爆竹を鳴らしている場面を放送してたのを思い出す。
爆破しているところを見てみたかったな。

そして散策は続く。
ツアーと違ってフリーの旅行なので、旅とは思えないまったりとした時間が流れていきます。


IMG_3028家庭菜園
家庭菜園はいいですよね。


IMG_3027路地裏
建物の色とかもアジアよりヨーロッパ寄り。
パステルカラーが新鮮です。

さて、徒歩で回れる場所は一通り楽しんだので、13時過ぎ、戻ってきました先ほどのロード・ストーズ・ベーカリー。
IMG_3034ロード・ストーズ・ベーカリーアゲイン
ここを離れたらもう一生来ることはないと考えると悲しい。
なので。


IMG_2961単品で買うと紙袋に
さっきのエッグタルトもう1個だけ追加購入しちゃった。
小さくて食べやすいからいくらでも入るんだけど、これからお昼ご飯だからね。
2個買った時は箱入りだったけど、追加で買ったら紙袋に入れてくれました。
カスタードクリームよりはもうちょっとそのままの卵の味が残ってるエッグタルト。


IMG_3037ロータリー
もちろんロータリー内の公園でチェギョン気分でほおばる。


IMG_3038ロータリー沿いの洋風建築
ロータリー沿いには洋風建築。
ヨーロッパには行ったことがないけど、なんかヨーロッパに足を伸ばしたようなお得な気分。


次にタクシーに乗ってどこかに向かう。
「どこか」と思ってるのは私だけで、当然飼い主は計画を立てて向かってます。
正直、外国のタクシーはぼったくりが怖くて乗りたくないと思ってるけど仕方ない。ってかよくそんなんで外国旅行してるな私。

タクシー乗って15分、到着したのはタイパビレッジ。(後から知った)
46ドルでした。チップ文化があるようなので50ドル支払う。
お釣りは香港ドルとパダカが混ざっているのでパダカを優先的に使うように意識します。香港ではパダカ通貨は使えないからね。
IMG_3042タイパビレッジに到着
タイビバレッジ。
元々マカオって国のイメージを持ち合わせてなかったので想像通りとか意外ってことも思わなかったけど、このヨーロッパ感はやっぱり新鮮。
でももっとマカオガイドブックを熟読して雰囲気とか知識を頭に入れておけばよかった。
私の場合、その方が深く楽しめる。


IMG_3043タイパ
マカオを思い浮かべる時、このパステルカラー、特にイエローを思い出す。


IMG_3044タイパビレッジの通り
綺麗な街並み。
ここで宮ロケ地巡りラストを飾るポルトガル料理店「アントニオ」へ向かいます。

飼い主が地図を持参してはくれてたけど未知の地でなかなかレストランを探せない!
私はもう面倒だしポルトガル料理とかあんま興味ないしロケ地巡りは満足したからもう引き返そうと提案したいけど、ここまできてそれは逆に現実的ではない・・・


IMG_3045タイパビレッジ
この階段でソフトクリーム食べたい!
マカオの休日。


IMG_3046ポルトガル料理「アントニオ」
そしてどこをどう探したのかよくわからないけど、30分くらい放浪して13:50、ようやくようやく見つけたポルトガル料理店アントニオ。
アントニオというとアントニオ猪木を連想しがちですが、元々は スペイン、ポルトガル、イタリアにおける男性の名前です。
普通のアントニオさんはビンタしません。
あのビンタ芸の面白さが私にはわからぬ。


12.jpg
宮キャプチャ。
チェギョンがアントニオに「パンガパンガ~」って挨拶してたシーンを思い出す。

店内は欧米人のお客さんがちらほら。
ポルトガル料理というのは馴染みも知識もないのでどんなのが出てくるか想像つかない。


IMG_3050パン&オリーブ
オリーブ大好き、でもメインはこれじゃないのでオリーブで喜ぶのは控えめに。
オリーブは高いので普段冷蔵庫に常備することはできず、もっぱらサブウェイに行った時にオリーブ多めでオーダーするくらい。


IMG_3053アフリカンチキン
アフリカンチキン。
マカオでポルトガルでアフリカン。
あまり馴染みのないスパイスの味がして不思議な感じでした。


IMG_3054ポテトグラタン
お肉じゃなくてポテトグラタンです。
いも大好き!


IMG_3056サラダ
こちらは馴染みのあるサラダ。


IMG_3057店内
店内はこんな感じ。
アントニオさんは奥にいらっしゃったようですが残念ながら遠くから眺めただけでお話はできませんでした。
・・・ってアントニオさんは何語で話すんだろう?

このお店、ロケ地とか関係なくかなりの有名店らしい。
時間をずらして行ったためかお客さんも少なかったけど、ランチタイムは満席になるくらいのお店。
でも悔やまれるのは、朝食にピータン食べたせい(と私は思ってるけど原因は違うかも)でどうも気持ち悪くてせっかくの料理を味わい尽くせなかったこと。
できることならリベンジしたい。


IMG_3060外観
外観もオシャレ!


IMG_3061たくさんの賞?
これはたくさんの賞を獲ったってことかな?


IMG_3064「アントニオ」カフェの店舗
斜め向かいあたりにはカフェも併設されていました。
次回リベンジの時はこっちもぜひ訪れてみたい!

1時間くらいで食事を終えて店を出る。
259ドル。途中でもらった水の値段もばっちりとられてた汗
他の外国に比べるとちょっと割高かな。

雨もやみ、気温もまあまあになってきた。
あったかくはないけど寒くはない。
これで宮のロケ地巡りは終了。もちろんマカオはまだまだ楽しみます。
続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。