-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-23 13:50 | カテゴリ:2012はるinほんこん
3/6(火)

7:20、起きるとすでに飼い主が今日の計画を立ててました。
私より早く起きてるのは珍しい。
今回はマイルで来たので完全自由行動。
天候が不安定なこともあり、事前に行きたいところはピックアップしてたけど当日の行動は臨機応変に決めることにしてました。
もちろん計画立てるのは飼い主にしかできないので、手持ちぶさたな私はるるぶを見る。
(ガイドブックはるるぶと地球の歩き方を持参したので、飼い主が使ってない方を見るしかない)
そして昨日レパルスベイで行った天后廟で触るとお金が貯まると言われている像の正財神と大黒様を間違えて撫で回して帰ってきたことに今さら気づく。

今日はどうやらディズニーランドに行くことになったようで、狂喜乱舞しながら日本からわざわざ持参したスティッチの手やスティッチ帽子をリュックにいれる。
もちろん今日のファッションはスティッチTシャツだよ。

8:30、出発。天気は曇り、まあまあ暑いかな?
ディズニーランドに行くからなんとか雨は降らないで欲しい。

朝ごはんを食べる場所には困らないここ香港、今日も飲茶食べたい!と主張する私を無視する飼い主。
連れて行かれたのはこちら。
IMG_2504吉野家
・・・旺角にある吉野家。
せっかく香港に来てなぜ吉野家!?と文句付けるけど、飼い主は香港で食べる吉野家が好きだそうだ。


IMG_2507吉野家
中はほとんど日本テイスト。
流れている音楽もJ-POPです。
実は最近のJ-POPがよくわからないんだけど、「かなしみの~」とか「ありがとう~」とか入ってる若い女性歌手。聞き覚えがあるのに誰の歌か今でもわからずもどかしい。情報ください!

店内は広くて、日本と違って確かカウンター席はなかった気がする。
吉野家の味は多分日本と変わらないと思う。
おいしいんだけど、おいしいけどでも限られた滞在期間なんだからエブリデイ飲茶キボンヌ!

15分くらいでちゃちゃっと食事済ませ、さて向かうぞディズニー♪
IMG_2508小心車
車にも小心。
世の中には小心しなければいけないもので溢れている。


IMG_2509バスの広告。つい先日同じ商品を楽天で買った。
香港名物、2階建てバス。
バスに並ぶ長ーーーい列や街を歩く人の多さを考えると2階建てバスの需要性がすごく理解できますが、幅が細いから横転しないのかいつもハラハラしちゃいます。
この広告に書かれている手袋は最近飼い主が購入してた。
我が家では家事は全部飼い主の役割なんで、気がつくと便利グッズが増えたりしてます。

電車に乗る際、恐れていたことが起こりました。
先にオクトパスカード使って改札に入った飼い主に続いて通ろうとすると、タッチの仕方が悪かったのか中に入れない!
この旅のしょっぱな、日本でも同じことやらかして、飼い主に香港では助けないからと宣言されたんだった。
まぁそうは言ってもなんだかんだ言って妻のこと助けてくれるでしょ♪と飼い主に声をかけるも、既にホームに入っちゃた飼い主は私の2回目の失態に怒るだけ。
英語も中国語も何もできないのにどうしよう、こういう時なんて言えばいいんだ、でもこの事態を打破しないと愛するスティッチに会えない!と考えた私、駅員さんのいるカウンターに行って
「アイ キャント エンター ディス カード」という中学英語をとっさにひらめいた。火事場の馬鹿力ね、これ。
そして無事ホームに入ることができました。
電車は意外とすいてる。


IMG_2510ぷっく一家
可愛らしくて仲がいいですね。


IMG_2512ぷっく一家
漢字とイラストで、何を訴えたいかわかるポスター。
飼い主は「ぷっく一家だ~!」と喜んでましたが似てもないしこんなに丸くない!

ホテル最寄駅からは普通の電車に乗って、途中からディズニーリゾートラインに乗り換えます。
日本のように同じところをぐるぐる回るものでなく、普通の路線!
IMG_2514ディズニーランドリゾートライン
日本でも見覚えのある車内にテンションあがります。


IMG_2515電車の中は舞浜と同じ
こういうところは日本と変わりませんね。
いや、ディズニーの本場はアメリカですが。


IMG_2516駅のホーム
9:45、「迪士尼(ディズニー)駅」下車。
ここからディズニーワールドが始まっています!


IMG_2518ディズニーステーション
ハブアマジカルディ!のアナウンスにさらにテンションアップ!


IMG_2519香港ディズニーランド入口
日本のディズニーランドに比べると、みんな格好がナチュラル。
園内でも、カチューシャとかも売ってるのにつけてる人をほとんど見ません。
今まで街中で日本人を見かけなかったのですが、ここに来てようやく日本人がちらほらいて嬉しい。
それなりに人はいるけど日本に比べるとすいてます。


IMG_2520.jpg
リロ&スティッチ!
5年前に来た時と変わらない光景。
しかも、最近の日本は「スティッチ&エンジェル」とか「スティッチ&スクランプ」が幅をきかせてるのに忸怩たる思いをしてるので、こういうスタンダードに出会えて気持ちがいい。

ここはまだ園内ではないので、この後で並んでチケットを買うことになります。
念のため、日本ではシステム化されているアップグレードができるか聞くけど香港では無理でした。
ここでは私がまた英語で聞きました。
さっきのアイキャントエンターディズカードで一気に英語が目覚めたのだ。はっはっは。
パスポートは399ドル。


IMG_2521エントランスを抜けるとまずレイルロードステーションがある
IMG_2522メインストリートUSA
IMG_2525ここで開園時間まで足止め
開園は10:30ですが、園内のここまでは時間前にも入ることができました。ここで時間まで待つ。
晴れてて嬉しい。


IMG_2526生垣の象
ちゃんと象さんの形に刈り込まれている芝生。


IMG_2528.jpg
プーさんのハニーハント、なんと5分待ちという日本では考えられない素敵な短時間で乗れました!
もっとも、日本と違ってハニーポットはレールの上を走ります。


IMG_2534.jpg
大きなウッディがインパクト強くお出迎え!


IMG_2535.jpg
映画を見直したくなります。


IMG_2537.jpg
トイストーリーの世界が広がっています。
ウッディやジェシーとグリしたかったけどこの時は会えずに残念。
しっかし午前中とはいえこの空きっぷり。
前回来た時もすいてたんだった。
いつ行っても激混みの日本から来た身としては嬉しい反面、どうかこの香港ディズニーランドがなくなりませんようにと願わずにいられない。
そのためにはまた香港に行ってディズニーランドに通いつめる必要があるな。


IMG_2539.jpg
こういう乗り物大好きな私、対して絶対に絶対に乗れない飼い主。
必然的にひとりで乗ることになるのです。


IMG_2545空いてる
IMG_2547誰もいない
IMG_2546本当に空いてる
通り道とはいえ、この人のいなさ具合・・・
ますます経営を心配しちゃうけど、こういうところをのんびりと歩くのは気持ちがいいですよ。

ツーショットで撮ったのでブログに写真はあげられないけど、ティンカーベルとグリーティング&サインもゲット。
香港ディズニーランドはグリーティング天国です。

IMG_2548ジャングルリバークルーズinイングリッシュ
日本でもおなじみ、ジャングルクルーズ。
こちらは入口が2つあります。
英語と広東語と北京語。
ここが多言語国家らしいところですね。
もちろん消去法でイングリッシュに並びます。ただし英語で話しかけられないことを祈りながら。


IMG_2549操縦版
操縦してみたいな。
でも私がやったら乗客のみなさんを全員転覆させてしまうなきっと。


IMG_2553専用コースではなく、TDLでいうところの、アメリカ川を通る
日本のジャングルクルーズは専用コースだけど、ここは「TDLでいうところの、アメリカ川を通るby飼い主」とのこと。


IMG_2551スキッパーのお兄さん
スキッパーさんはイングリッシュと言っても香港人の方(多分)
ジャングルクルーズといえば、スキッパーさんの話術がものをいうアトラクションですが、なんせ英語がわからないので雰囲気で楽しみます。


IMG_2554.jpg
平日に香港でクルーズ(ジャングルだけど)
天気も良いし幸せ感じる~。


IMG_2555中州はトムソーヤ島のようになっているが、香港ではターザン島になってる。
日本ではトムソーヤ島に当たると思うけど、香港だとターザンなんですね。
あ~ああーーー


IMG_2556遺跡
ジャングル内ですからね、貴重な遺跡を発見です。


IMG_2557火山前で止まって
いかにも何かが起こりそうな火山。


IMG_2559炎が噴き出し
やっぱり噴火します!


IMG_2560最後は蒸気で何も見えなくなる
そして尋常じゃない煙には笑った。
言葉がわからなくてもディズニーはやっぱり楽しめます。

クルーズ探検終了して、次は12時からのライオンキングへ。
いいお土産屋さんがあったけど、荷物になるので後回し。
(でも結局ここにまた戻ってくることはできずに買えなかった)

そして東京ディズニーシーにしかないと思ってたダッフィーぬいぐるみが売ってるお店発見。
ダッフィー、今TDSで買おうとすると超並びますよね。
私は一匹持っているので買わなかった。
ダッフィーもHDLに連れてきたかったけどさすがにやめたんだよね。


IMG_2561ライオンキング入口
さて、12時から30分間はライオンキングを見ます。


IMG_2562円形劇場
会場内は写真撮影OK。
どこからでも見られる円形劇場です。
私、動物だけが出てくる作品とか死ぬ生きるとか陰謀とかの作品が苦手。
なのでライオンキングも全然興味ないんです。


IMG_2565ムファサ登場
そのため、この有名なストーリーもふわっとしか知らないけどなんとなく動きでつかめる。
実写版ライオンキングは、なんだか劇団四季版を見てる感覚になりました。見たことないけど。


IMG_2567ティモンとプンバ登場
暗い劇場内でも色彩の鮮やかさがよくわかる。


IMG_2568最後は盛り上がります
もちろん最後はハッピーエンドで盛り上がります。
飼い主はこの作品がとっても気に入り、16:30からの回もまた見ました・・・
私はそんな時間あったら他を回りたい!って主張したけど無理でした。
まぁ見ちゃえば楽しいし、その頃は足が疲れてたからちょうどよかったっていうのもあるけどね。

12:30に終わって会場を出た途端、走る飼い主!
どうやら次の目的地の時間が迫ってるみたいですが、私は知らされていないのでどこに向かうのかどのくらい走るのかわからず、でもはぐれるわけにいかないので付いていくしかない。


IMG_2570ゴールデンミッキー劇場への通路
こちらでした、ゴールデンミッキー劇場。
これは通路の上にある垂れ幕。
もちろん他の映画の作品も等間隔に並べられているけどスティッチだけ激写。
リロ&スティッチ1の画ですね。素敵なセンス。
やっぱりスティッチといえばこのスタンダードですよ。
最近は映画を見たことのないスティッチファンが増えているようですが、やっぱこのリロとの絆をきちんと知ってほしい!

ゴールデンミッキーはディズニー名作映画に賞が贈られる"授賞式"という設定で、いろんな作品のダイジェストが楽しめる。
ショー自体は広東語だけど、横に英語の字幕がずっと出ています。
でもこれは言葉が全然わからなくても華やかな世界が繰り広げられる舞台を見ているだけで大満足できます。
リトルマーメイドのセバスチャンが活躍しまくる。
私はライオンキングよりもこっちの方がずっと好きでした。

さて、まだまだHDL編は続きますが写真がたくさんなので次の記事へ続きます。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。