-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-18 06:00 | カテゴリ:2012はるinほんこん
IMG_2419小心首
インパクトの強い小心!
首が完全に見えてません。
この後、この人がどうなったか気になる。

さて、名残惜しいけどレパルスベイを離れます。
かなり暑くて、だんだん汗だくになってきました。
そんな中で到着したバスは混んでたので1本見送る。
どれくらいで来るのか読めず心配だったけど、5分くらいで来たので安心。
15:42、バスに乗って約30分。
向かったのは終点のセントラル。
予想してたことだけど、レパルスベイと比べて気温が低い。
バスでたった30分なのに違うものです。
上着も着たり脱いだりしながらこまめに体温調節。

IMG_2421中環ミッドレベルエスカレーター
中環(セントラル)ミッドレベルエスカレーター
全長800m、世界最長と言われています。
映画「恋する惑星」にも出てきます。


IMG_2422中環ミッドレベルエスカレーター「恋する惑星」にも出てきたよ。
もっとも1本で800mではなくて何本もあって、最初は動く歩道式で後半はエスカレーターが現れます。
観光客として乗るのはワクワクするけど、通勤で毎日毎日使っている人たちからすると決して楽しい乗り物ではないのかもしれない。


IMG_2423小心ミッドレベルエスカレーター
こういう長ーいエスカレーターに乗る時は細心の小心を。


IMG_2425道端で何かを燃やしていたおばちゃん
道端で何かを燃やしているところに遭遇。


IMG_2426ホランイ
近寄ってみると、虎のような模様が書かれた紙です。
お祓いかお祈りかわからないけど、アジアっぽさは日本人にも馴染みやすいですね。


IMG_2427燃えカス
ちょっと引いて撮ると虎さんがかわいそうなことになってますが・・・


香港散策はまだまだ続く。
ハリウッドロードを歩きます。
気分はこっそりハリウッド女優。
IMG_2428街路の壁に張り出している木の根
こちらは壁に張り出しまくりの根っこ。


IMG_2429触るなの注意書き
思わず触ってみたくなりますが、こういう貼り紙があるので見てるだけ。
英語と中国語で表記されてますが、私、英語科出身なのに
「Pesticide sprayed,do not touch」のPesticide(害虫などの駆除剤)の意味がわかんなかった。
でも中国語がまったくできなくても、下の漢字
「樹木噴有除蠢剤」でなんとなくつかめた、漢字ってすごい~。


IMG_2431文武廟
文武廟を眺める欧米人の後ろ姿がなんだか素敵。


IMG_2442キャットストリート入口
キャットストリートを散策します。
キャットといっても猫がいるわけじゃなく、骨董品屋街です。


IMG_2447キャットストリート
これ、なんだかすっごく香港らしい写真になってる!
左右にはガラク・・・じゃなくて骨董品が所狭しと並べられてるお店、そしてその上はアパートで洗濯物がはためいてる。そして奥にはビル。
骨董品というか雑貨に興味のない私はぼーっと歩くだけ。
飼い主はきっとこういうの見るのが好きだと思うけど、購入するものはありませんでした。


IMG_2443キャットストリート反対側の階段
IMG_2445キャットストリートから延びる路地
裏に回るとこういう場所も。
観光地もいいけど、こんな場所をふらっと見つけるのも旅の楽しみのひとつ。


さらに散策は続く。
IMG_2450ウェスタンマーケット内の電車の模型ショップ
ウェスタンマーケット内にあった、電車模型のショップ。
私は鉄じゃないんだけど、あえていうなら「乗り鉄」なので
模型とか電車の種類には興味ないけど、なんか貴重な物がある感は伝わってきます。

そしてそして、香港ならではの楽しみ・トラム(路面電車)に乗る機会がやってきました!
前回の旅行ではピークトラム(ビクトリアピーク山頂に上るための登山鉄道)やオープントップバスには乗ったけど、香港での路面電車は初体験。


IMG_2451トラム
この香港らしさアジアらしさ、超~テンションあがります。
時間は17時過ぎだけどまだまだ明るい。
上環から北角行トラムに乗ります。


IMG_2453ウェスタンマーケット前からトラム乗車
せっかく乗るんだからもちろん2階席ゲット!
値段は2香港ドル。20~30円ってところでしょうか。
もちろんオクトパスカードも使えるので、思い立った時にふらっと乗れます。


IMG_2456トラム車内
車内はこんな感じ。
窓が開いてて(ってか窓がなかった気がする)空調が効いてなくても風通しが最高に気持ちいい~。
しかし雨が降った時にはどうするんだろうか。


IMG_2455すぐ後ろを走るトラム
一番後ろの席に座った私たち、ふと後ろを見ると次のトラムがこんなに近くに!
普通に窓から窓へ飛び移れるくらいのくっつきようです。


IMG_2454トラムから見たウェスタンマーケット
立派なウエスタンマーケットを見ながらゆっくり走るトラム。
速度は自転車程度かな?って思うくらいののんびりっぷり。これがまた良いのです。


IMG_2457トラムの車窓
香港のエネルギーを感じる光景が飛び込んできました。
いいなぁいいなぁ、魅力的だぞ香港。


IMG_2458トラムの車窓
看板が路上に大きくせり出しているのが香港街の特徴ですが、最新の看板までこうして突き出ているのを見て、これが変わっていく香港と変わらない香港を象徴している気がして気に入りました。


IMG_2460北角市場着
トラムは北角市場の中も通ります。
左に見える2本の線がトラムの通り道なんですけどね、こうして見ても信じられないほどの近さ!


IMG_2464北角市場の中を走る
市場の中をゆっくりゆっくり進んでいきます。
この臨場感が強烈に「外国にいるぞ!!」感を強く肌で感じる。
2日目にして香港超満喫してるなぁ、と思わずひとりごとを言うと、飼い主に間髪入れず
「誰のおかげ?」と聞かれました。


IMG_2465北角市場
地元の方にとっては当然の光景なんでしょうけど、やっぱりカルチャーショック感じるこの共存感。


IMG_2466市場の屋根ゴミだらけ
2階建てトラムから見下ろす市場の屋根がゴミだらけなのはご愛嬌。


トラムは突き当たりまで行くと右にちょっと曲がって、そこが終点です。
ゆっくりのスピードで、しかも1時間くらい乗ったのに一瞬たりとも退屈しなかった。
30円でここまで楽しめたのがまたお得な気分です。

トラムを降り、さっき上から見下ろしながら通った市場を今度は歩いて通ります。
高低差がありすぎて感覚が狂っちゃう。


IMG_2467北角市場
観光市場でなく、市民の食卓を支える協力な役割を果たしているんだろうなって感じの市場。
私達が歩いていても客引きされることはありませんでした。
しかし、トラムがこんなに近くを通る、決して清潔とは言えない環境の野菜、日本人的にはちょっと抵抗感じる。
もっとも食堂で食べてる食材はこういうところから調達していることも多いんでしょう。


IMG_2469北角市場龍眼
龍眼って書いてあったけど、これなんだろう。


IMG_2472北角市場肉や
t="_blank">IMG_2468北角市場鶏の足
正直画像を直視できない、鶏の足。
鶏足とか豚頭とか、昔から苦手だったのが近年ますます苦手になってきている気がする。


IMG_2470北角市場を走るトラム
さっきとは逆視点で見るトラムと市場のコラボ。
やっぱり近い。そしてトラムに乗ってる時より歩いてる時の方が怖い。
トラムの前は、普通の電車のように人の往来が禁止されてるわけじゃないので、トラムの運転手さんは警鐘を鳴らして走ってる。
その警鐘がクラクション音じゃなくて「チリンチリン!」って感じの音なのがまた可愛らしい。


IMG_2471北角市場カラフルな魚たち
なぜかカラフルな魚たち。


IMG_2474北角市場果物や
IMG_2473北角市場やおや
果物は買って帰りたかったけどやめておきました。

市場の魅力を堪能したところで、またトラムに乗ります。
停留所で待ってればほとんど待つことなく乗れる。
来たトラムが混んでたので乗らずに見送ること2本、ようやくまた乗り込みます。
香港に来て2回目の夜、今日はどんな美味しいものに出会えるでしょうか。
続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。