-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-17 11:00 | カテゴリ:2012はるinほんこん
12:10、バスに乗ります。
行き先は知らん。
飼い主は次の行動を一切知らせてくれないし、私も地理がわかんないし・・・
それでも楽しい香港旅行。
バスの中は外国人がいっぱい。
って、私達も外国人だけど、欧米人が多いって言った方が正しいか。

見知らぬ土地でバスに乗るのって、電車や地下鉄に乗るよりはるかに緊張します。
料金体系もよくわかんないし、ちゃんと降りられるか不安だし・・・
そして30分後、到着したのはレパルスベイ!
レパルスベイについてはこちら
バスを降りた瞬間からいきなり暑い、始発の場所とは全然気温が違うのに驚く。
あったかいのがたまらなく嬉しい!


IMG_2353レパルスベイ着
左を向くとちょっと風変わりな建物。
こちらの探索は後にして、まずは右手に広がるビーチに足を踏み入れます!


IMG_2356レパルスベイビーチ
3月の秋田や新潟では考えられない賑わい。
香港だから当たり前なんですがね、もうテンションあがりまくり。
前回の香港旅行では、看板がたっくさんある香港ならではの雑多な街並みか、そうじゃなければ高級ブランドが立ち並ぶところを主に回って海には行ってなかったんですよね。


IMG_2357レパルスベイ28度
気温はさすがの28度。


IMG_2359レパルスベイビーチ
嬉しくて砂浜を走り回ってしまいます。


IMG_2360レパルスベイビーチ
ビーチの向こうに並ぶ建物。
すごく香港らしいような、でも他の外国っぽくもあるような、不思議な景色。


IMG_2361レパルスベイビーチ
散歩している人はたくさんいるけど、海の中に入って泳いでる人はひとりもいないのが不思議。
3月とはいえそれなりにあったかいし、スイミングエリアは遊泳禁止でもなさそうなのに。


IMG_2363レパルスベイ
砂浜からさっきの建物の全景が見えます。
穴の向こうに見える山に向かって「ヤッホー!」と叫ぶ。

IMG_2362レパルスベイビーチ
水が透き通ってて綺麗です。
泳ぎたいーけど、当然水着なんか用意してないので波と戯れるだけで我慢我慢。
私は泳ぐの好きだけど、中学生の時に海で泳いでひっっどい日焼けで痛い思いをして以来、海で水着にはならないことに決めているのだ。


IMG_2366レパルスベイビーチ監視塔
監視塔もあって安全面もばっちり。

ビーチを後にして、さっきの建物に戻ります。
IMG_2368ザ・レパルスベイ風水の穴
風水によって建てられた、香港でも有名な建物。
気を通すために真ん中に穴を空けているそうです。
手持ちのガイドブックにもちゃんと載ってたのに、ここに来ることはないと思ってちゃんと読み込んでなかった。
縁起のいい建物、なんか見てるだけで福を受け取れるような気がする。


IMG_2372ザ・レパルスベイ敷地内
上はマンションですが、下にはレストランやショップなどがあります。
いかにもお金持ちな方が住んでそうな雰囲気なり。


IMG_2373ザ・レパルスベイ敷地内レストラン「SPICES」
ということで、時刻は13時、お昼ごはんはここレパルスベイ敷地内レストラン「「SPICES」
アジア料理のお店です。
もちろん香港もアジアだけど、ここはタイとかインドネシアとか、そっち系のアジア料理。


IMG_2374SPICES入口
こちらは入口ですが、外にはテラスもあります。
天気がいいので外で食事することに。

IMG_2375メニュー
IMG_2378ドリンクメニュー
メニュー表もとっても立派。


IMG_2380レストランはザ・レパルスベイの真下
気を通す穴を真上に見上げながらの食事。


IMG_2379テーブルセッティング
このテーブルセッティング、香港じゃないみたい。
むしろ新婚旅行で行ったバリを連想させる。

実はここのお店に入る前に飼い主と一悶着してました。
私はせっかく香港に来てるんだから香港料理をとことん食べたい、長期滞在ならともかくまだ2日目なのに香港でわざわざ外国料理(って言い方も変だけど)を食べるのはおかしいと主張。
飼い主はここの近くには香港料理はない、1週間もいるんだしこれからも香港料理はたくさん食べる、ここでの料理だって日本でなかなか食べられないものなんだから!と反論。
結局私の希望は通らず、このお店に入ることになったのです。
まぁ、振り返ってみると悔しいことに飼い主の言う通りだったんですけどね・・・


IMG_2381カオパッ
飼い主注文、カオパッ。
まさか香港でバリを連想させる食事に出会えるとは思ってなかったのでびっくり。
お客さんの中には韓国の方もいて、ますますボーダーレスな感じ。


IMG_2383ナシゴレン
私が大好きなナシゴレン♪
バリ島旅行記にも書いたけど、さくらももこさんの「ももこの世界あっちこっちめぐり」を読んで以後、ナシゴレンは私の中でなんだか特別なメニュー。
メニューにあると必ず頼んでしまいます。

天気も良くて海風も心地よくて、レパルスベイの穴を見ながら食べているせいか身体中の細胞がいい気を吸って喜んでる気がする。

1時間くらいかけてゆっくり食事を楽しんだ後は、もう少しレパルスベイ敷地内を散策。

IMG_2390ザ・レパルスベイ敷地内
なんの前知識も入れずに来たので、このレパルスベイがどういう施設なのか分からずに見て回る。
まぁ、今ネットで調べてもよくわからないんだけどね。
とにかくここがお金持ちの外国人がたくさん住んでそうっていうのはわかった。


IMG_2392ザ・レパルスベイ敷地内
私たちがうろうろしてても特に見咎められることはないけど、明らかに浮いてるかも。


IMG_2394ザ・レパルスベイ室内
香港の新しい顔を見ることができて楽しい時間でした。

IMG_2396オーガニックアイスクリームショップ
敷地内にあったアイスクリームショップ。
大きな看板が面白くて写真を撮ったけど、現地ではちゃんと見てなかった。
オーガニックアイスクリームかな。


IMG_2400レパルスベイビーチの自販機
喉が渇いたので水を購入。
6ドルです。


IMG_2399レパルスベイビーチの自販機
オクトパスカードで購入できる、っていうよりむしろカード専用で現金使えない自販機。

海岸沿いの遊歩道を10分くらい歩くと、今までのヨーロピアンな感じから一転します。
IMG_2402天后廟
天后廟、いわゆる縁起寺。
これが派手さ半端ないの!!


IMG_2403天后廟
いっかにも「縁起いいぞ!!!」感を前面に押し出した仏像などが次々と広ーい敷地内に次々現れる。


IMG_2407天后廟
ペンキを塗りたくったような派手さ。
無秩序に並んでいて、360度どこを見ても目に飛び込んで来る。
神聖な場所だっていうのは頭では分かるけど、なんだかレジャー施設か遊園地みたい。


IMG_2408天后廟
歩いているとワクワクして楽しい気持ちになっちゃうのは決して不謹慎じゃないよね?

縁起物のオンパレードであるここ天后廟。
撫でるとお金に困らない正財神、撫でるとパートナーに恵まれる月老と姻縁石、渡ると寿命が延びる橋などバリエーションに富んでいます。
わたしは正財神と大黒様を間違えて撫で回して帰ってきました・・・
だって大黒様のお腹も撫でられて真っ黒になってたし、私の前にいた韓国人のアジュンマアジョッシが一生懸命撫でてたんだもん!
もっともここにあるもののどれを触ってもなんらかのご利益はあるでしょう。


IMG_2409天后廟前の海
ここから見る海ですら、さっきより福で満ちてるように見えるよ。
この天后廟のインパクトは忘れられない。
韓国や台湾などでもお寺を回ってきて、日本より色使いが派手なのはわかってるけど、ここまでの突き抜け感はなかったね。
こういう場所もパワースポットっていうのかな。
めちゃくちゃ気に入った、ここは再訪したい場所のひとつです。


IMG_2411天后廟前ビーチ
この近くは不思議とWi-Fiが入りましたね。


IMG_2412天后前ビーチの掃除するおじさん
お掃除中のおじさん。
このビーチがすごく綺麗だったのは、こういう方々の努力のおかげです。
願わくば拾っているものが人間が捨てたようなゴミじゃありませんように。


IMG_2418ビーチ遊歩道にあった遊具
こういう遊具があったら絶対に遊ぶのが私のこだわり。


IMG_2413天后廟高校からレパルスベイビーチ
恋人たちのデートスポットになってますね。

さて、名残惜しいけどこの場所を離れます。
時刻はまだ15時半前、旅はまだまだ続きます。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。