-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-11 14:59 | カテゴリ:2012はるinほんこん
IMG_2264ランガムプレイスへ
ホテルから20分ほど歩き、向かうはランガムプレイス。
待ちに待った初めての食事です。


IMG_2265上上拉麺小籠包
お目当てはここ、上拉麺小籠包。
すぐ横のフードコートが超満員なのにお店はかなりガラガラで、しかも入口がちょっとわかりにくくて入っていいのかしばし迷うけど無事入店。


IMG_2266店内
なんとなく高級店の雰囲気で一瞬びびる。
すべてのテーブルに既にセッティングがされているのと、椅子やテーブルが黒いのがそう感じさせるのかな。


IMG_2267メニュー
ま、実際値段もそれなりに高級感がありますしね。
というか、香港の食事って、庶民的なところは別としても、普通のレストランクラスだと意外と日本とかわらないお値段のところも多いイメージ。
サービス料、お茶代、あとチップも必要だしね。
でも日本で食べるのより美味しい。

IMG_2268メニュー
メニューは写真付きで日本語も書いてあるのでわかりやすい。
やっと香港料理にありつける、前回より早く食べられるのがまた嬉しい!


IMG_2269ぷーある茶
香港料理のお供、プーアール茶。
大きなコップに入ってるけどホットです。


IMG_2270担担麺
坦々麺♪
スープは日本で食べるのと一味違う、酸味もあって複雑な味。濃くておいしい!
ただ、私は太い縮れ麺が好きなので、このストレート細麺なのがちょっと残念かな。


IMG_2271酸辣湯麺
酸辣湯麺。大好きな黒酢の味がしっかりして美味しい!
黒酢って普通の酢に比べて口にできる機会が少ないから嬉しい。


IMG_2272皮が破れる小籠包
大好物の小龍包!
しょっぱなから出会えるなんて感涙。
坦々麺は日本のラーメン屋でも食べられる、酸辣湯麺はぶっちゃけ日本で食べなくても大丈夫、そしてこの小龍包は大好きなのになかなか普段食べられるお店がない。
あってもいわゆる「小龍包もどき・小龍包の形をした餃子」でスープなんか入ってない場合が多い。
あとはおいしそうなお店は日本だと高すぎて入れないとかね。
だからこうして旅行で小龍包を食べるのがものすごーく楽しみだったりするのです。
しかーし、この小龍包、箸でそっとつまみあげると皮が破れる事件発生!
餃子とかなら破れても構いませんが、なんせこれは小龍包。
小龍包といえば中に入っているスープを飲むのが醍醐味なのに、スープが流れていく~。
飼い主がやってもそうなったし、台湾とかで食べた小龍包はスプダク(スープたくさん)でもそんなことはなかったぞ!
見るからに皮が薄くて、肉とスープの重力に負けてました。
レンゲをギリギリまで近づけても、もう持ち上げた瞬間に破れちゃう。
(さっきから「破れる」がしょっちゅう「敗れる」に変換されるのですが、もう敗れでいいような気さえしてきた)
おまけに小龍包の大きさに対してレンゲが小さすぎて乗らないからスープを受け止められない。
味はいいのに残念だった。

それでも最初の食事、満足です。
全部で174ドルに対し、自分でチップの金額含めた値段書く欄があるので180ドルにして決済。
うーんこの積み重ねに抵抗感じる貧乏性な私・・・

1時間くらいゆっくり食事を楽しみお店を出る。
IMG_2274ランガムプレイスフードコート
こちらは外にあったフードコートの席。
上上拉麺小籠包の方は私たちがいる間に2~3組入ってきた感じで余裕あったけど、こちらのフードコートは常にほぼ満席でした。

ランガムプレイスを出たのは18:30、まだまだ夜はこれから!
今日の朝まで日本にいたなんて信じられないくらい、すでに身体が香港に馴染んでいます。


IMG_2275将棋の人だかり
なんの人だかりかと思って覗き込むと将棋やってました。
アジアを感じます。
そしてこの服装を見るとわかる通り、半袖の人はほぼいません。
もちろん日本よりはあったかいけどそれなりに防寒が必要な気温でした。
長袖の羽織もの持ってきてて本当によかったー。


15分くらい歩いて、到着したのはこちら。
IMG_2276珍豆腐豆腐花素食専門店
珍豆腐豆腐花素食専門店。
豆腐花という、お豆腐プリンのようなデザートです。
多分「珍豆腐 豆腐花 素食 専門店」って区切られるんだと思うけど、豆腐だけじゃなくてちょっとした軽食も食べられる。
夕食食べたばかりだけどもちろんデザートは別腹よ。


IMG_2277メニュー
メニュー。
豆腐プリンはホットかアイスか選べます。


IMG_2279豆腐
こちらはシンプルな豆腐、ホット。
ホットっていってもほんのり暖かいと思っていたら超アツアツで、勢いで食べると喉をヤケドするレベル。
豆腐とプリンの間くらいの甘さで食べやすい。
こういうお店、日本にもあればいいのに~。
12ドルです。


IMG_2281マンゴー
豆腐の上にマンゴーがたーっぷり♪25ドル。
こちらはコールド注文したはずがホットが出てきて、まぁいいやとそのまま食べました。
マンゴーと豆腐が合うなんて新発見!
1日目にして香港スイーツ食べられて満足!

狭い店内はほぼ満席、プリンも注文してすぐ出てきたこともあって15分くらいでお店を出ます。
この旅行でまた来ようっと。

さて、夜の香港は露店も出てて楽しさいっぱい!
てくてく歩いていると、見覚えのある景色にたどり着きました。


IMG_2285前回泊まったドルセットシービューホテル
前回の香港旅行で泊まったドルセットシービューホテル!懐かしい~。
もちろん飼い主は道がわかってここまで連れて来てくれたんですけどね。
この近くの景色、横の公園にお寺?神社?があること、もうひとつ向こう側の通路には占い横丁があることも鮮明に覚えています!
ただ地理がわからないだけ。


IMG_2287そのホテル向かいの許留山
そしてホテルの向かいには許留山という香港スイーツ専門店!こちらも健在!
前回の旅行ではほぼ毎日通った思い出のお店です。
今すぐ行こうとしたのに、さっきデザート食べたばっかりだからと引き止める飼い主。
かなり抵抗しましたが、泣く泣く許留山から引き剥がされる。


IMG_2291廟街門
廟街門(テンプルストリート)を散歩します。
前回の旅行で、この露天街で「変態男」なる人形が売ってました。
サングラス来てトレンチコートの前に手をかけてニヤーっと笑った男の人の人形で、手を叩くと音に反応してトレンチコートを開いて、股間の棒(いわゆるイチモツ)がボーンと飛び出して来てカタカタと細かく上下に動くの。
前回旅行の変態男の記事はこちら
きっとすぐ壊れるだろうって判断して買わなかったんだけど、あれから5年、忘れたことない変態男。
再会を願って行ったけど、多分このお店だったろうってところまではいけたけど変態男はいませんでした。
今頃誰かのお家で元気に変態していることを願うばかりです。

露天だけじゃなくて店舗を構えたお店もあり、CDショップでは少女時代のPVが流れてました。
kissing youだったかな。
香港でソシに会えると思ってなかったので嬉しい。


IMG_2295廟街アダ○トグッズ店
性に開放的なのかなんなのか、こういうアダ○トグッズが普通に堂々と売られています。
ま、日本もよく考えたら男根の石像が普通に温泉や道の駅に「たって」たりするもんねぇ。
もちろん遠巻きに見るだけで買ってません。


IMG_2292ずとてのぺうくろ→おとこのらくえん
そして私達をもっとも悩ませたアダ○ト看板がこちら
「ずとてのぺうくろ」
なんとなく響きはエロいけど、日本語ネイティブが揃って頭を悩ませても意味が全然わからない。
その上の「いらっしゼいませ」は、「ゃ」が「ゼ」になるのもなかなかの世界とはいえまだわかる。
韓国でも「ツ」と「シ」が入れ替わってたり小文字が大文字になっているのはあるけど、それでも予想はつくものです。
風俗系の看板ってのは見た感じでわかるけど、これで日本人呼べるのかな?

結局自力では解読できず、グーグル先生で確認しました。
「ずとてのぺうくろ」→「おとこのらくえん」

(゚д゚)

ずとてのぺうくろ
おとこのらくえん

平仮名、似てるか・・・??
誰か教えてあげて、って気もするけど面白いからやっぱこのままでいいや。


IMG_2297すっごい並んでいる土鍋飯の店。行きたかった・・・。
夜の香港は人も多いがお店も多い、こーんなに並んでいる土鍋飯のお店もありました。
結局入ることができず、飼い主は今でも悔しがってます。


IMG_2298義順牛女乃公司油麻地店
1時間くらい散歩して足も疲れてきたところに現れたのは牛乳プリンのお店、義順牛女乃公司油麻地店!
デザート第2弾、さっき許留山は飼い主に後で!って言われたけどこっちは入っちゃうのはなぜだ。


IMG_2300怪しい日本語
ミルタ。
さすがにこれはミルクのことだって検討はつきますよ。


IMG_2301牛乳プリン
こちらが牛乳プリン、コールド。
牛乳プリン大好物!!
ちょうどいい甘さでいくらでも食べられそう。

そしてもうひとつ、生姜味のプリン(ホット)も注文します。
これは初めての味。大好きな牛乳プリンと、これまた大好きな生姜のコラボ。
香港1日目から美味しすぎるぜー!!


IMG_2302レンゲがかわいい
器にほとんど興味のない私よりもよっぽど女子力の高い飼い主は、この牛さんマークに惚れた様子。
欲しがる飼い主。


IMG_2303うつわがかわいい
このお皿とかは購入ができるのですが、私は家にたくさん皿あるし別にいらないと主張。
・・・結局、後日再訪した際に買うことになるのですがその話はまた後の記事で。


IMG_2304メニュー
珍しく普通の日本語で書かれたパンフレットが貼ってあるなぁ・・・と思ったら、これ「香港ナビ」記事のコピーだ(・□・;)

20時半過ぎにお店を出る。
まだ香港に着いて半日程度なのに3食もしてる私たち。
セブンイレブンでお茶を買って帰ります。
いちぢくのお茶を買ったら甘かった。
特別な設定をしてないのに、飼い主のiPhoneは日本時間のまま、私のiPhoneは香港時間になっているのが不思議。

2045、ホテル着!
結構歩いたから、まだ一日目なのに足が痛い~。
ホテルのテレビはNHKが2つ入るし、韓国放送局のKBSワールドも入って快適。
なんかバリ島を思い出します。
でも香港では部屋でまったり時間よりもアクティブに外出する時間の方が多くなりそう。
これから6泊7日の旅、期待に胸が膨らむ~!
続くっ。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。