-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-15 06:00 | カテゴリ:2012ふゆinかんこく
12/24(月)

あっという間の最終日。
まだまだ韓国にいたいけど、これ以上母といても食べるものがなくなるので実は2泊3日でちょうどいいのかも。
飼い主と旅行する時はなんでも食べるし地方に行くから10泊しても足りないんだけどね。

7時起床。
母は朝風呂、私は昨日買ったシッケやスジョングァを少し飲んだりPC見たり。
テレビではキテレツ大百科を放送してました。
韓国に来た時、日本アニメを見るのは楽しみのひとつ。
吹き替えだから勉強になるし、意外と聞き取りやすい。
ちょうどクリスマスの話をやってました。
今調べたら「キテレツ大百科 157話 雪だるまがくれたクリスマスプレゼント」でした。
ブタゴリラのことをそのまま「テジゴリラ」と話していたのは笑った。

9:30過ぎ、荷造りは後にしていったん観光におでかけ。
12時チェックアウトがありがたい。
今日は日本では祝日だけど韓国は普通の月曜日です。
寒いけど晴れてる。
今回の旅では天気に恵まれ、一度も雨や雪に当たることはありませんでした。

最初に私の希望で教保文庫という大きな本屋さんへ。
韓国に行く度に何かしら本を買って行くのが楽しみのひとつなんです。
母が韓国のファッション雑誌につくおまけがどんなものか見学したいというので、まずは雑誌コーナーへ。
案内のタスキをかけたイケメンの若いお兄さんに場所を聞きます。
韓国の本屋、広いためか至るところに案内人の方がいる。
母はなんかの営業に来てる人かと思ったらしい。

韓国では雑誌につくおまけがすごい!と聞きますが、私は買ったことがありません。
母もざっと見てほしいおまけがなかったらしい。
30分後に入口で待ち合わせる約束をして本を探しに行きます。
ところが欲しい本がなかなか見つからない。
いつもお目当ての本があるわけでなく、その時にインスピレーションで選んでます。
ちょっといいなと思った本が日本人の書いたものの韓国語翻訳本だったり汗
語学勉強法みたいな本も見ましたが、なんとなく学生向けだったり。
そのため、今回は非常に残念ながら本は買えませんでした。
ってか前の旅行で買ってきた本もまだ全部読んでないからそっち読めってことか。

本屋を出て、母が昨日のミスターピザにあったサラダバーを食べたいそうなので、2日連続ピザかよっと思いつつミスターピザへ。
お店は開いてたけどなぜか店員さんがいなくて、母もサラダバーをじっくり見たらそんなに食べたいものがなかったそうなのでそのまま出てきちゃいました。

市内交差点の至るところに、パク・クネが当選のお礼を述べている横断幕がありました。
そしてその向かいにはムン・ジェインがssiが応援のお礼を掲げた横断幕。
日本だと、選挙法の絡みがあるから当選後にこういうの見かけないので新鮮。

とりあえず仁寺洞に向かうものの、私にはこの旅でどうしても食べたいものがありました。
それは肉が一緒に出てくる冷麺。
前回の旅で衝撃の美味しさだった冷麺+肉が忘れられない。
その時の記事はこちら
この記事には「冷麺に肉が付いてくるなんてオリジナリティありますね」とか書いてますが、数ヶ月してこの形態のお店がたくさんあることが判明(汗)
ソウルナビの記事にも食べ物流行ニュース~冷麺+豚焼肉セット(お肉で包む冷麺)の店が急増!って記事があった。しかも2009年・・・
まぁ、オリジナルでもたくさんあっても美味しければいいんですよ。うんうん。

で、前回の私の記事に書いたサムデプルコギ冷麺にも惹かれますが、今回は元祖であるユクサムネンミョンに浮気してみることにしました。
ちなみにサムデとユクサムは少しずれるけどほぼ斜め向かいにある。


ユクサムネンミョン外観2012
行けたら行きたいと思っていた冷麺屋さん。
母はお店に入れない(ニンニクだめなので)けど行ってきていいと言ってくれたので、大変申し訳ないがここはひとりで冷麺屋に突撃!
時刻は10:50。お向かいのサムデプルコギネンミョンはまだcloseの札がかかってたのでここもまだ開店前かな~と思ったけど、入ってみたら大丈夫だったので席に着く。
他のお客さんはいないしちょっと気まずい。
水冷麺もビビン冷麺も好きだけど、辛いと食べるのに時間がかかるので水冷麺のみ注文。

チェーン店だけどこの店舗は家族で経営なのかお父さんお母さんと若い男の子がいて、別の席でまかないも食べ始めた。


ユクサムネンミョン冷麺2012
冷麺登場!
韓国料理の中では冷麺もかなり好き。
好きな味のスープです。


ユクサムネンミョンコギ2012
こちらがお肉。
これで5000ウォンですからね、このお店を知ったことで普通の冷麺屋さんに入れなくなってしまったのが唯一の弊害か。


ユクサムネンミョン冷麺&コギ2012
私物も写りこんでますが、パンチャンは大根の酢漬けです。
ひとりだから黙々と食べるし寒い中で母を待たせてる負い目もあるけど、美味しくて顔がニヤケてしまうのを止められない。
肉はちょっと固いけどしっかり味が付いてて美味しいし、スープの旨みは日本で味わえないから全部飲んじゃう。
大満足して11:10、お店を出ます。

このユクサムネンミョンと前回記事にしたサムデプルコギネンミョン、どっちが美味しいか(ってかどっちが好みか)比較しようと思ったけど、今の時点じゃ結論出せないや。
食べた季節も違うしユクサムネンミョンはビビン冷麺食べてないし。
これは次回韓国に行った時に飼い主と一緒に来てリベンジしなくてはなるまい。
冷麺って時々無性に食べたくなるんですよね。

このまま仁寺洞に行けば近いけどチェックアウトまでもう時間ないし、荷物まとめるのに時間かかるだろうから先にモテル戻ります。
ちょっと歩いたところで私が帽子忘れたことに気づき、走って急いで冷麺屋に戻る。
「すみません帽子忘れました・・・」って戻ると別のソファに寄せていてくれたらしく指で示してくれる。
見ると私の帽子が確かにあって、しかもそれどころか私のリュックまで一緒にあった!
帽子どころかリュック忘れて行ってしかも戻ってくるまで母子共に気づかなかったって一体・・・
ウォン入れてる旅行財布で支払いをして、お店出て財布をすぐ母に渡したから気づかなかったんだ。
このリュックには日本円の入った私の財布と帰りのエアチケットとなんとパスポートまで入ってたんです。
治安が悪いところじゃなくて本当によかったよ。もちろん財布の中身もパスポートも無事でした。

走ったのと忘れた物の重大さにドキドキしながら11:25、モテルに戻って荷造り。
リュックの底が破れないか不安になる重さです。

チェックアウトして再び仁寺洞へ。
仁寺洞はウィンドショッピングとホットクが目的♪
お目当てのお店(しかし元々目当てにしてたところとは違った気も・・・)に着くとこれから作るところで、ホットク買えますか?って聞くと少し待ってなきゃいけませんよーと言われたので待機。
作り方も見られたし、出来立ても食べることができて嬉しい。


2仁寺洞ホットク2012
大好物のホットク。
留学当時は500ウォンがデフォだったのに700ウォンになり、今回はなんとどこも1000ウォンになってました・・・
気のせいか500ウォンの時より大きくなってる気はするけど・・・気のせいかな。


1仁寺洞ホットク2012
さつまいもピザやかぼちゃピザみたいなメニューもありました。


ホットク屋台の向かい側にあった石に座って食べる。
ちょうど後ろに観光案内所があって、そこから子供の声でクリスマスソングが流れてくる。
そうそう、ここにいるとWi-Fiが入ったんですけど、おそらく観光案内所本社でパスワード入れてたからそれで自動的に使えたみたい。
ホットク1個食べ終わり、めったに来れない韓国だからともう一個買っちゃった。
揚げたてで美味しかったけど、どうせなら別のお店で買って食べ比べすればよかった。

ホットク食べてると横でアナウンスの声が聞こえる。
仁寺洞コピ列2012
美味しそうなコーヒーの匂いが漂ってくる。
なんか寄付するとコーヒーもらえるのかな?とちょっと勘違いしたけど、のぼり見ると
「太った財布を見せてくだされば 暖かいコーヒーを差し上げます」って書いてある。
???
よくわかんないけど無料って言ってるから母と一緒に並ぶ。
どうやら日本でいうおサイフケータイアプリ「モカ」の宣伝らしく、このアプリで色々できるからもう分厚い財布を持たなくてもいいですよ~ってことみたい。
そんな説明をひとりひとり受けてパンフレットをもらい、コーヒーももらいました。
母には事前に内容説明して「感心した顔で頷いていればいいからね」って入れ知恵 笑
しかし、この仁寺洞には伝統茶のお店はもちろん、カフェとかスタバまであるのに直接的にコーヒーに関係ない会社がこんな宣伝方法使って営業妨害だって苦情来ないのかな?


仁寺洞コピと紙2012
これがコーヒー&パンフレット。
韓国コーヒーにしては珍しくブラックで美味しかった。

この後は仁寺洞ブラブラ。
伝統工芸品のお店に入ったら日本語ペラペラな店員さんがずーーーっと張り付いてきて全然見られなかった。
確かに私たち買うつもりなく入ったけど、これだけベッタリされると買う気がある人も買えなくなるんじゃ・・・


仁寺洞タカトシ2012
似顔絵屋さんの前にあったイラスト。
ここで日本人の芸人さんを見かけるとは!


仁寺洞女性と犬2012
イラストとは思えないほどのクオリティ。


仁寺洞キムチくびの肉チゲ2012
韓国語より日本語の方が意味がわからなくなる「キムチくびの肉チゲ」


仁寺洞おちゃもらったところ2012
仁寺洞おちゃもらったところ外観2012
中で緑茶の試飲をしていたのを母が目ざとく見つける。
コーヒーに続きお茶も飲めました。


仁寺洞う○こパン2012
るるぶにも載ってた、最近人気の「うん○パン」
写真撮っただけでう○こは買わなかったよ。


1仁寺洞くるみ菓子2012
決して○△この代わりではないのですが、호두과자(ホドゥグァジャ)を買いました。
10個で3000ウォン。

2仁寺洞くるみ菓子2012
一口大サイズで、形がくるみなだけじゃなくて中にもくるみのかけらが入ってます。
くるみ大好き!
いくつでも食べられちゃいますが、せっかくなのでここで全部食べずに少し日本まで持ち帰りました。

さて、14時過ぎ、少し早いかもしれませんが空港に向かいます。
地下鉄1号線でソウル駅へ。
この旅で使った地下鉄って1号線と2号線だけだわ。
5号線の出口は使ったけど、乗ったのは1・2だけ。

ソウル駅から空港鉄道使って仁川空港へ向かうのは初めて。
広い広いソウル駅、空港鉄道乗り場まで迷ったらどうしよう、あと直行と一般間違えたらどうしようと心配してたけど。
ソウル駅から空港鉄道へ2012
地下鉄出口出た瞬間からの案内看板わかりやすすぎワロタ(←超褒めてます)
ほとんど間隔あけず、むしろ多すぎ?ってくらいたくさん「공항철도(空港鉄道)」って看板が続くので迷うことはない。
直行列車は地下2階、一般列車は地下3階までエスカレーターで降りていきます。
直行と一般(各駅停車)は所要時間10分しか変わらず、値段も倍くらい違うのでもちろん一般を利用。
直行は航空券があると運賃20%引きになったりソウル駅構内で飛行機チェックインできて荷物も預けられるサービスがありますが、それでも一般を利用しました。


エスカレーター深い2012
綺麗な構内、深ーく下がっていくエスカレーター。
帰国するために乗るっていうのが寂しい。


駅構内ソシ2012
大好きな少女時代の広告。
翌月には韓国でカムバックすることが決まってたので、旅行のタイミング合えば新作CDを買って帰れたのに・・・残念。


1ソヒョン2012
2ソヒョン2012
こちらは少女時代のマンネ(末っ子)ソヒョンの化粧品広告。
今回の旅では化粧品類は買いませんでした。


ソウル駅空港鉄道ホーム2012
何も戸惑うことなくホームに到着。
外国をスラスラ歩けると嬉しいものですなぁ。
まるで自分が方向音痴ではないかのような感じさえしてくるよ。

鉄道に乗り15:30仁川空港着。
仁川マスコット?2012
キャラクターがいたらとりあえず絶対に写真撮ります。キャラクター大好き!!
今グーグル先生で調べたら2014年アジア競技大会の大会マスコット、ゴマアザラシの「「ピチュオン」「パラメ」「チュムロ」(仮名らしい)でした。
ちなみに「仁川 2014 マスコット」って検索ボックスにいれただけ。今さらだけどインターネットパネェ!
ウィキペディアの記事はこちら(下に公式ホームページのリンクもあり)


仁川空港にもスケート場2012
仁川空港内にもスケートリンク発見。
龍山にもあったし、やっぱりブームなのかな。

まずは一刻も早く重い荷物を預けて身軽になりたい。
チェックインカウンターのお姉さんがとっても笑顔が素敵でした。
基本的に大体皆さん笑顔で接してくれるけど、他の人が微笑みだったらこの方は本当にニッコニコって感じ(説明下手ですみません・・・)
そのお姉さんに、新潟は雪が多くて飛行機が遅延したり欠航になるかも・・・と言われちゃう。
事前に飼い主とメールしてて、市内は雪がないことを知ってたのでそんなに心配はしなかったけどやっぱ飛ばなかったから困るな~。
困る理由は金銭とか言葉じゃなく、翌日から仕事があるから。会社員だからね。
3連休明けに突然休んだら周りにもものすごく迷惑かけるし自分自身もその後出勤した後仕事が溜まってて大変。
こういう時仕事しなくても生活している人たちが本気で心底羨ましくなる。
まぁ、結果的には時間通り無事フライトしたのでよかった。

さて、搭乗までには時間の余裕があるので最後の食事をしましょう!
冷麺食べた私はともかく、母はホットクとくるみ菓子しか食べてないからね。

しかし、4階から地下1階までのお店を見るも母が入れそうなお店なし。
結局入ったのはこちら。
マックかよ仁川空港2012
マックのベーコントマトバーガー・・・
これはもっと探せばいい食堂があったんじゃないかな、と今でも考えてしまう。
ビビンバとお粥のお店にすればよかった。


仁川空港天井2012
これは一年中あるのかクリスマスシーズンだからかわかりませんが綺麗~。


仁川空港クリスマスツリー2012
こっちはおそらく今だからかな、クリスマスツリー!

18時、ほぼ時間通りに無事離陸。
チェックインの時に窓側の席で今空いてるのは窓のない席で・・・って言われたけど、真横ではなくてもちょっとだけ前寄りに窓があったので問題なかった^^


1機内2012
2機内2012
行きの飛行機はリモコンもテーブルも横にあったけど、やっぱりこういう正面型の方がいいな。
リモコンはともかく、テーブルが肘掛けに付いてると隣の人に気使って出さなくちゃいけないしね。

この日はクリスマスイブだったので、機内アナウンスでは機長さんが最初に韓国語で「안령하세요.그리고 즐러운 크리스마스입내다(アンニョンハセヨ、そして楽しいクリスマスです」と言い、英語でも「Hello,and merry X'mas!」と粋な計らいがありました。日本語では特になにもなかったけど・・・


ウィンドウ機内2012
○島がバッチリ書かれているのが印象的。


1帰りの機内食2012
2帰りの機内食2012
機内食。キムチの味はシンソンソルロンタンの方が上だし、パイナップルは母にあげたし、メインは微妙だったかな。

無事新潟に到着してリムジンバスで帰宅。
今回の旅はいつもに比べてかなりグダグダでしたが、それでも母はすごく楽しかったらしい。
私も色々食べることはできなかったものの久々の韓国を満喫できました。
でも次回はもっと色々食べ尽くしたい!
これにて旅行記完結です。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。