-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-14 06:00 | カテゴリ:2012ふゆinかんこく
チルシル外観2012
餅菓子専門店&伝統茶のお店チルシル。
伝統茶といえば仁寺洞が有名ですが、ここは以前飼い主と来て餅菓子が美味だったので再訪したかったんです。
長く行ってなかったのでつぶれてたらどうしようと心配でしたが営業してて一安心。


チルシル垂れ幕2012
餅ケーキの文字にも心惹かれますが2人なのでそこまで食べれないな~。

豊富な伝統茶メニューの中から、私は高麗人参シッケをチョイス。
母は韓国に来てから甘い飲み物ばっかりだったので甘くない物を望む。
日本語書いてあるから自分で選べ~と思ったけどそれでも迷ってるようだったので、菊の花茶・松の葉茶・ヨモギ茶まで絞ってあげたけどそれでも選べない(全部飲みたいのか・・・)のでヨモギにしてあげました。
チムジルバンでよもぎ蒸しを目にしたのが頭にあったのかも。


チルシルインサムシッケ2012
高麗人参シッケ。
私はこういうちょっと癖のある味が好き。
母が高麗人参の味を知らないというので、本物を買って日本に持ち込むわけにいかないしソウルで高麗人参だけ食べられるお店が思いつかなかったのでこの機会に味あわせてあげてよかった。
錦山(クムサン)にいけば高麗人参天ぷらが1000ウォンで食べられるけど非現実的だし、サムゲタンは例によって母はお店入れないからね~。


チルシルよもぎ茶2012
母が(ってかほとんど私が・・・)注文したヨモギ茶。
こちらはこのセットの他にお湯の入った水筒が一緒に出てきました。
ヨモギが入っている右の入れ物は急須で、左のカップに注いで飲んでなくなったらまたお湯を入れて何杯か飲めるのです。
日本のカフェで考えると新鮮だけど、別の伝統茶カフェで菊茶飲んだ時も同じように水筒が出てきました。
自分でこっそりお湯を持ち込めばもっと何杯でも飲めるよね?と不届きなことを考えましたが、水筒のお湯がなくなる頃にはちょうど出がらしになったよ。そりゃそうか。

お茶は席で注文して運ばれて来るのを待ちますが、餅はレジ前にあるものから好きなものを自分で選びに行くシステム。
レジだけ通して、お会計は帰る前にお茶とまとめて払います。
日本語がペラペラな店員さんがいたり、Wi-Fi可能と書いてあったので聞いたらパスワード教えてくれたり、トイレも綺麗で雰囲気もよくて長居したくなっちゃう。
ただ、時間帯のためか他にお客さんがほとんどいないのでそれがちょっと逆に落ち着かなかったかな。


チルシルトック2012
エスプレッソ餅とりんご餅。
りんご餅は飼い主と以前食べてとってもおいしかったので、この綺麗なビジュアルと合わせてよく覚えていました。
母が餅を選ぶ時にも甘くない物を・・・というので店員さんに聞いてエスプレッソにしました。
母は元々甘いもの好きだけど、それでも韓国スイーツは甘味が強く感じるらしい。
私は好きだけどな~。


チルシルレシート2012
これもレシート撮ってみた。

ゆったりお茶を楽しんで、次の使命はモテル探し。
確かいつも使っているドロスホテルの隣の隣にモテルがあったはずとの記憶を頼りに向かう。
ところが
サムギョプサル屋とドロス2012
向かって右がいつも泊まっているドロスホテル。ここは飛び込みだと高そうなのでパス。
隣がサムギョプサル屋。その隣にモテルがあったのですが
解体工事モテル2012
解体工事されてる・・・
ここくらいしかモテルの記憶ないよどうしようと思ってふと右側に目をやると、モテルたくさん並んでたw
何度もドロスホテルに泊まってるのに、ここがモテル街でもあることを意識してなかったよ。

ビズモテル2012
ドロスの斜め向かい側にあったモテル。
そしてその並びにあったのがこちら。


オールインモテル2012
オールインモテル。
電光掲示板に値段(35000ウォンまたは40000ウォン)と流れているので、こうやって明示されてるならぼられることないな、と思い反対側の道路を見ると別の建物もある。


シュイルホテル2012
こちらはホテルと書いてあります。
外観似たようなもんだけど、こっちは電光掲示板に「대실(テシル) 25000ウォン」の文字。
テシルの意味がわからないけどこっちの方が安いのかしら、ホテルなのに、と思いつつ突進。
フロントのお姉さんは25000ウォンで泊まれるんですか?って聞くと、怪訝な顔で
「ショートですか?」と返される。
ショート=休憩のことだろうととっさに判断して
「いいえ宿泊です」と返答すると、宿泊は25000ウォンではありません、今は15時だから今から泊まるとこの値段ですと出された一覧表は12万ウォンの文字。
慌てて謝ってすぐ出てくる。
今調べたらテシル=貸室で、要するにショートつまり休憩のことなのかな?
解釈間違ってるかもしれないけど。どなたかわかる方教えてください~。

慌ててホテルを出て、母にこの向かいのモテルに入って値段と部屋を見て泊まるか決めることを提案。
母は最初一人4万ウォンと勘違いしたらしくちょっと高いんじゃない?と言いましたが、一部屋での値段であることを説明すると逆にその安さにびっくりしてました。
とりあえず入って、日曜日なので4万ウォンと言われたので部屋を見せてもらうことに。
鍵を預かって部屋に行くと、母も予想以上に綺麗な部屋にびっくりして気に入ってくれたので宿泊場所決定!
改めてフロントに戻って現金を払うと歯ブラシをくれました。


2オールインモテル2012
部屋はこんな感じ。
(夜に撮ったので散らかりまくっててすみません)
チムジルバン2連泊の予定で考えてたからモテルは想定外だったけどいいところがあってよかった~。
ちなみに私たち母子(っていうか母)の考える「いいところ」は豪華絢爛なところでなくコスパです。
母からは旅行後に毎日ストーカーのように?「楽しかったね」メールが来ますが、多分立派なホテルに泊まってたらここまで母の思い出に残らなかったのかも。


1オールインモテル2012
PCもウォーターサーバーもあります。
3日間iPhone充電できないことも覚悟していたので電源があるだけでも嬉しい。
そして今夜はぐっすり眠れそうなのがまた嬉しい。
母もモテルという名前から連想する一般的な部屋の状態とは違った普通の状態であること、値段の安さ、そしてフロントに値段聞いたり部屋見せてくれと言ってから泊まることにカルチャーショックを受けてる様子。
チェックインの手続き(名前書いたりとか)も不要、チェックアウトというか出る時はエレベーターの中にあるかごに鍵を入れて勝手に出てけばいいっていうのも興味津々。
もちろんその分安全は自己責任ですね。


モテルジュース2012
冷蔵庫に入ってるジュースも飲んでいいんだよ~って取り出したらさらに驚き度マックスに。
ちなみに母は感激のあまり、このりんごジュースの方を記念に持ち帰ってました。
本日現在(これ書いてるのH25.1.13)まだ飲んでないらしい。
賞味期限前には飲むように話してありますが、どうなることやら。

さて時刻は16時。
これからの予定を構築します。
本当は明日龍山駅近くのEマートへお土産を買いに行く予定でしたが今夜に変更。
龍山駅側のドラゴンヒルスパに泊まる予定を変更したのと、ソウルシティツアーバスチケットで今日中なら交通費かからず龍山駅まで行けるため。
ソウルシティツアーバスで夜景も楽しめて一石二鳥だしね。
ということで、17:30のバスに乗ることにしてしばし休憩。
睡眠不足なので昼寝したかったけど、寝ると絶対に起きられないと思ったので我慢我慢。
テレビでは「馬医」という史劇をやっている。
ストーリーはわからないけど、私が大好きな映画「クラシック(日本ではラブストーリー)」のチョ・スンウssiが出てる~!

17:10、再度外出。
フロントのアジョッシが鍵は持って行っていいと言ってくれたのでそのまま出ます。
飾り2012
外はまだ明るい。
日本より西にある分日の入りが遅いんですね。

20分もあればバス乗り場まで余裕と思ってたけど意外と時間がなく、ちょっと走ってギリギリ間に合った感じ。
2度目のソウルシティツアーバス、夜景楽しむぞー!

15分で龍山駅に到着。一度降りてEマートでお土産購入。
お土産はマートやスーパーで買うのが私の韓国旅行の定番です。
種類は豊富だし自分のペースで選べるし、何より値段ふっかけられることがないから気持ちよく買い物ができる。
母はEマートのアメリカ並みのでかさ(アメリカ行ったことないけど)に腰を抜かさんばかり。
母は自分の経験と照らし合わせて近所のスーパーやせいぜいイオンモールくらいの大きさを想像していたらしく、なんで娘がマートマート言ってるのか不思議だったらしい。

お土産といってもほぼ自分用の食料。
それぞれの写真撮り忘れたので買ったもの羅列します。
moblog_1ae5606b.jpg
レシート写真。
クリックすると大きくなります。


母:
キムチ1.2kg(知り合いに頼まれたお土産用)
マッコリ2本(自分用&知り合いにキムチと一緒にあげる用)
ゆず茶(自分用。パンに付けて食べると張り切っていた)

私:
とうもろこし茶ティーパック
チャプチェ乾麺
生姜茶
缶シッケ6本
缶スジョングァ6本(6本で1パック)
コチュジャン2kg+1kgおまけ
ごま油
エゴマ油(大好き!日本では買えないからね)
コーヒースティック50本

コーヒースティックは会社用、その他は自分用です。
今回は3連休を利用しての旅だったので会社休んでないけど、たった3日外国に行ってただけで出社後は休暇もらってたような錯覚気分になってました。
この荷物を背負ってモテルまで戻らなければならず、また今回キャリーケースを持ってきてないがゆえに空港までも背負って行かなくてはならない。
空港で量ったら一人10kg近くあったからね。母、ごめん。
韓国入国時の手間を減らすためだったけど、次回からはおとなしくキャリーケース持って来よう。

18:30、再び先ほどのバス停留所に戻ってきました。
ソウルシティツアーバスが18:45くらいには来るはず。
すっかり日が落ちたソウル、氷点下の寒さが染みます。

投票しよう2012
停留所の反対側にあった横断幕。
「大韓民国の為に必ず投票してください!」
数日前にあった大統領選挙ですね。
選挙は終わってるけど撤去してないのかな。
今回の旅では候補者2人の横断幕もよく見かけました。
もし旅行が選挙とかぶってたらどうなっていたんだろう。

そんなことを考えながら寒空の中バスを待つ。
とここで、この旅最大のハプニング発生。

バス来ない

始発9時、最終19時に光化門を出発し30分間隔で運行されているソウルシティツアーバス。
光化門からここ龍山駅までは15分くらいで来るはずなのに来ない。
道路事情で多少遅れるのはわかるけど18:50になっても19時になっても来ない!
何かあったのかわかんないけど、もし18:30のバスが何らかの事情で行ってしまったとしても19時発のバスは来るだろうと思ってひたすら待つ待つ待つ。でも来ない。
長く待った分なかなか諦めつかないけどもう寒すぎるので19時半、諦めて地下鉄に乗りました。
1時間も来ないバスを待って、身体が芯まで冷えたよ。
最初にバスにずっと乗ってて、一周し終わってからマートに来ればよかったって考えても後の祭り。
ってかバスが来ないなんて想定外だしね。
しかし何故龍山にバスが来なかったかは今でも謎です。せっかくの旅、ここが最大の消化不良。
おかげで次回母と韓国旅行する時もこのバスに乗ることになるじゃないか!

地下鉄乗って向かうはまたまた鐘路3街駅。
今度は5号線側の出口から出る必要があったのですが、1号線から5号線までの地下鉄構内がものすごく歩く歩く!
一般的に、地下鉄の号番が増えるほど地下深くなるのですが、この駅は1・3・5号線が乗り合ってるため、いったん深ーく潜ってからまた登らなくてはいけないのです。
地図を見て地上歩けばよかったと後悔するももう戻れないのでそのまま突っ走る。
10kgの荷物を抱えてヘトヘト。
それでもなんとか地下鉄5号線5番出口から出ると、目の前に私が行きたいと思っていた冷麺屋さん「ユクサムネンミョン」を発見!!
この冷麺屋さんはチェーン店で、一応行き方調べてきてたけどそこと違う店舗がこんなに近くにあったとは。
といっても今夜の目的地はそこではありません。
ソウルナビを頼りに向かうとありました!

シンソンソルロンタン外観2012
仁寺洞のシンソンソルロンタン
ベタだけどシンソンソルロンタンは大好きだし、多分にんにく入ってないだろうから母も大丈夫と思ったのです。
実は昨日いた龍山駅内にも別のソルロンタンのお店はあったけど、どうしてもシンソンがよくて我慢したのだ。

お店に入るもまずニンニクの匂いがしないか確認する母・・・
店内には実はキムチもあれば「ニンニクソルロンタン」なるメニューもあるけどそれは内緒。
20時過ぎの店内はお客さんがほとんどいなかったこともあり、どうやら匂いはしなかったらしい。
母にせっつかれ、店員さんにソルロンタンににんにくが入っていないことを確認して2つ注文。
その後、店員さんがステンレスに入ったキムチを切って出してくれる。
母が困惑した顔をしたので、またもや仕方なく途中でやめてもらう。
とっても、テーブルに備え付けられた3種類のキムチはハサミと一緒に置いてくれてるので好きな量を自分で切って食べることができます。
キムチはできるだけ自分の近くに置いて匂いがいかないようにする。


シンソンソルロンタン外国人用メニュー2012
こちらは外国人用メニューと書かれてました。
私たちが席に着いたら持ってきてくれた。
日本語・英語などで料理名と料理の説明、写真、値段が載っています。
テーブルに元々あるメニューは料理名と値段だけがハングルで書かれたもの。
ソルロンタンって外国人には馴染みの薄い料理だから親切な気配りが嬉しい。
もちろん値段は一緒ですよ~。

シンソンソルロンタン切ってくれたキムチ2012
キムチは3種類。ここには2種類あります。
カクテギと普通のキムチ。
ソルロンタンなどのスープ系はキムチの美味しさも重要。
このキムチが超~~~好みなの!!!
チェーン店だからって軽く見てはいけません。


シンソンソルロンタン熟成キムチ外2012
そしてこちらが熟成キムチ。


シンソンソルロンタン熟成キムチ中2012
いかにもしっかり漬かってそうな色~。
日本人は浅漬けキムチの方が好きな人が多いらしいけど、私はこういうキムチが好みなのでこっちもいただきます。


シンソンソルロンタン2012
あっという間に出てきたソルロンタン♪
バス待ちで冷えた身体があったまりそう~。
このソルロンタンと一緒に、写真左上に載ってるようにご飯も付いてきます。
蓋された状態で出てきたご飯を見て、母は「これ何!?」と怯えた顔。
ニンニクが入った何かの料理だと思ったらしい。
この器は韓国どこに行っても出てくるので私にとっては常識としてご飯だけど、確かに何も知らないとわからないのかも。
ご飯はスープに入れて食べること説明するも、「ねこまんま」に抵抗があるらしい。郷に入っては郷に従えですよ。
で、このソルロンタン、クリーミーで大好物なんですけど、母も相当気に入ってくれました。
母はお粥が一番気に入るだろうという予想に反して、今回の旅で一番美味しかったのがこのソルロンタンだそうです。
食わず嫌いや先入観が強い母の性格を見越して、牛の内蔵も一緒に煮込んだスープだとかキムチがテーブルに備え付けられてるとは言わずに連れて来てよかったよ。
ソルロンタンという名前が覚えられず「牛肉スープがおいしかった」というメールがよく来ます。

さて、食事が終わって、本当は夜の仁寺洞を散歩したいところだけど荷物が多すぎるのでモテルに戻ります。
この日はバスが来なくて夜景を楽しめなかったというハプニングはあったものの、意外にもグダグダ感なく1日目よりも充実した日になりました。

この日は前日の睡眠不足もあって超ぐっすり眠れました。
明日はもう最終日。2泊3日はあっと言う間です。
続くっ。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。