-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-21 06:00 | カテゴリ:2011はるinバリ島ハネムーン
帰宅ラッシュなのか、空港に向かう道路は超超渋滞。
右折レーンはあるけど矢印信号がなくて、信号変わるたびに数台行けるか行けないか。
物理的に進まないのは見ればわかるのに、そこらじゅうで延々とクラクション鳴るし。
外国に行くたびに、ここでの運転は無理だーって思います。
まぁ、私は日本でも運転無理なペーパードライバーだけどw
一応時間に余裕を持って向かっているみたいだけど、もし飛行機乗り遅れたら街の安宿に泊まればいっかーなんて冗談まで飛び出る。
そうしたいけど私には仕事という現実が待ってるんだよ変な休み方してるから帰れなかったらフルボッコだよぉ。

まったく動かない車の間を、赤ちゃんを背負った子ども(小学校低学年か中学年くらい)が歩いています。
一台一台の間を通って窓ガラスをトントン叩く。
物を売っているのかお金を集めているのかよくわからないけど、バリの現実の一端を目の当たりにした感じです。
豪華なホテルばかりが並んだパンフレットやリゾートとしてのイメージから、無知な私はバリって裕福な国だと思い込んでました。お恥ずかしい。

19時半、空港到着。
何日か一緒に過ごしたバリ在住日本人のお姉さんもお見送りに来てくれました。
帰るのが辛い。また絶対に来る。
その時まで元気でいてね!!!

空港でびっくりしたのが、トイレが汚いこと(笑)
なんとなく、どの国でも街中はともかくトイレは全世界共通で綺麗だろうって思い込みがあったので衝撃的でした。

機内食も出るけど、とりあえず腹ごしらえ。
IMG_1372空港のレストラン
こちらの空港内レストランでいただきます。


IMG_1369空港のレストラン
内装が結構オシャレ。
メニューの写真撮り忘れちゃったけど、空港らしくバリ料理が網羅されてました。
最後だからナシゴレンにしようと思ったけど、ここは今まで食べてないものを、小腹満たす程度でいいよねってことでシーフードラーメンを1杯だけ注文。


IMG_1370シーフードラーメンもどき
見た目通り、そこまでおいしいわけじゃないけどまぁまぁ食べることができる味。
これが最後って思うとちょっと残念かも~


IMG_1371アボカドジュース
でもこっちは美味でしたっ、大好きなアボカドジュース。
これでバリに来て3回飲むことができました。
そう言えばラウンジになかったな。


空港は照明が暗めで、出国手続きとかも一部手作業で、国際空港なのにローカル感ただよう。
ロビーには日本人がたくさんいました。
あの人ケチャダンスで見た、この人アヤナにいた~とか心の中で思う。
21:30、離陸です。
さよならバリ島。
一生に一回のつもりで来たけど撤回。
絶対にまた来るからね。バリ語も勉強するからね。
(実際、バリ語は帰国後1か月くらい挑戦したけど途中放棄した・・・)

行きは半分も埋まってなかった飛行機ですが、帰りはほぼ満席。
直行ではなくジャカルタ経由なので、途中で降りる方もいるからね。
飛行機は21:30離陸~2215ジャカルタ着~2315ジャカルタ発~翌日朝成田着のスケジュール。
バリ入国の時は直行便でしたが、帰りはこのように乗り継ぎがあるわけです。
今まで韓国・台湾・香港旅行してきましたが全部直行便、乗り継ぎは初体験。
この乗り継ぎが、ぶっちゃけ地獄でした・・・


IMG_1374バリ→ジャカルタ機内食
乗り込んですぐに眠りについていたら出てきた機内食。
寝ていたいのに飼い主に起こされて泣きそうだし、飼い主も機内食出たから起こしてくれたのに私にぐずられて機嫌悪くなるし、悪循環。
食べようではなく限られた時間で食べなきゃいけないという義務感がかえって胃を重くする。


IMG_1375バリ→ジャカルタ機内食
目を閉じながらもそもそ食べたからよくわからないけど、味は悪くなかったよ。

やっと食べ終わり、寝たいけど寝てはいけない、でも寝てやる・・・とか思っているうちにジャカルタ到着。
もうここでバリとの時差が1時間あるのがなんとも不思議な感じ。
ここで一旦全員降りなければなりません。
これが本当に辛かった。


IMG_1376ジャカルタ待合室
乗客は降りた後にどっかよくわかんないルートを歩かせられ、あとはこの椅子に座ってまた飛行機に乗るまでこの待合室でひたすら待つ。
飛行機を乗り換えるとか、場所を移るとか合理的な理由があれば耐えられますが、乗るのは同じ飛行機。
そして乗り場もぐるぐる歩いただけらしくて同じところからまた搭乗するのです。
何のために降りるんだー!飛行機の中で待機させてくれたっていいじゃないかー!
きっと運行上の理由があるからこそなのは頭では分かっているんだけどね・・・


IMG_1377ジャカルタ待合室
写真ではわりと明るく撮れていますが、実際の待合室はけっこう暗い。
そして夜遅いから売店とかは全部閉まっているから気分転換も時間つぶしもできない。
空気も超どよーんとしてて、おしゃべりで気を紛らわせることもできない。
寝たってどうせすぐまた乗らなきゃいけないからうとうとすることもままならない。
せめて昼なら、せめて違う場所に移動ならここまで辛くないと思いますが、これは極限の精神状態にまで追い込まれましたね。
今思い返しても胸が苦しくなります。
大人だしクレーマー体質ではないからその場で周りの人に当たり散らすことはしませんが(←当然!)
飼い主には不快な思いをさせました。反省。

やっとやっと飛行機に乗り込み、成田空港まであと数時間はある!もう寝てもいい!
IMG_1379ジャカルタ→成田お休み前のスナック(トマトチーズサンド)
普段なら嬉しいはずのトマトチーズサンドも、思いっきり握りつぶしてやりたいほどの衝動に見舞われるくらい。

一応乗り物の中で寝られない体質ではないけれど、それでも布団の中で横になるのとまったく同じとはいかないから、寝るのもちょっと大変。
それでも次に目が覚めた時には朝になってました。


IMG_1380朝日
あ、美しい・・・
もうバリ島の空ではないけれど、それでも見とれてしまう朝日です。
昨日よりは機嫌が直りました。


IMG_1382ジャカルタ→成田の朝食(洋食しか残ってなかった)
そんなにお腹はすいていないけれど朝食は出ます。
和食と洋食が選べますが、私達の時には和食は品切れでした。
バリ旅行に1泊や2泊で行く人はそういないだろうから、みんな和に飢えてたのかしら。


IMG_1383機内食メニュー
ちなみにこちらがメニュー。

そしてバリ時間で8時、いやここからは日本時間で書きますね、朝9時、無事に日本へ到着!
夜中の辛さを除くと、夜出発して朝着くのは時間を有効に使って得した気分になりますね。

バリ島旅行記はこれで終了。
次回は完結編、家に帰るまでと購入したお土産を載せて最終回。
そしていつものようにインデックス作成します。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。