-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-01 06:00 | カテゴリ:2011はるinバリ島ハネムーン
IMG_0578さっそく散歩
水路、プール、海が一望。
時刻はまだ17時過ぎですが、今日は観光には行かずにアヤナリゾート探検。
部屋の中にもいたい、クラブラウンジで食事もしたい、アヤナ内も見たい、泳ぎたい、もちろん観光もしたい。
一日24時間じゃ足りない~


IMG_0580この日は晴れていた
ウブドよりも気温が高い。
この広ーいアヤナリゾート、端から端まで歩くのは不可能です。


IMG_0581人魚
石像の人魚。


IMG_0582オーシャンビュープール発見
客室棟にプライベートプールはありませんが、海に面したプールがあります。
一番上の写真とは違うプールです。
すぐに入りたいところですが今日はお預け。


IMG_0585ロックバー発見
眼下に見えてきたのはロックバー。
音楽のロックだと思ってましたが、もしかしたら岩のロックかも。
私、何度も「ロックンロールバー」と言い間違えました。

崖ギリギリという、ものすごい場所に建ってます。
前にも書いた新婚夫婦さんが「ロックバーは絶対に行くべき!!」と力説してお勧めしてくれました。
私としては、きっとここのロックバーは超高いだろうし、クラブラウンジで無料のお酒が飲めるんだからあえて行かなくても・・・と消極的になる。
でも飼い主の希望により、せっかくなんで行きます。
さらに、どうせ行くとしても今日行っちゃったらもったいないと主張する私、行ける時に行くべきと反論する飼い主。
結果的にはいつもの流れの通り、行ってよかったー!ってなるんですけどね。
しかも翌日からは夕陽の時間帯は全部曇りや雨だったので、まさにこの日に行って本当に正解でした。
結果論とはいえまた飼い主に水をあけられて悔しい。


IMG_0586急きょ行くことに
いざ出発!と思った途端、ビデオカメラを持ってきていないことに気付く。
超特急で部屋に取りに行きます。
夕陽が沈むところを見ながら過ごせるのが売りのバーですから時間との勝負。

場所が場所なので、無料のケーブルカーで乗り降りします。
乗り場は二列になっていて、宿泊者は優先的に通れるようになっている。
人気のバーのようで、外からのゲストの方は長蛇の列。
街からはかなり離れているから、わざわざ足を運ばないといけない場所にあるのにすごいな。


IMG_0588ケーブルカーに乗り
ゆっくりゆっくり下るケーブルカー。
お客さんがいても、雨が降るとすぐ営業停止になっちゃうらしい。


IMG_0589ロックバーへ
私たちの席はカウンターのすぐ横。
上の写真で箱になっているところの右下あたりです。
予約不可で席も案内されるがままですが、カウンターのある席は宿泊客専用らしい。


IMG_0590お通しのスイートポテトチップ
お通しのスイートポテトチップ。


IMG_0591席からの眺め
席からの眺め。
リアル海の近くでお酒飲めるなんて素敵~。
これからどんどん夕陽が落ちていきます。
いい時間、いい天気の時に来てよかった。


IMG_0592ロックバー
スタッフさんは男性も女性も黒を基調にしたスマートな服。特に女性はミニスカ。
国が違うから自分視点で判断はできないけど、現地のいわゆる「イケてる」人だけが選ばれて働けるんだろうなぁと思わせる迫力です。


IMG_0593カクテル「ロックマイワールド」
飼い主注文、ロックマイワールド。
名前もオリジナリティありますね。


IMG_0594マティーニ
私はやっぱりマティーニ。
ハニーロックベリーマティーニです。


IMG_0595メニュー
メニューはこんな風に筒に入っています。
当然だけど高いです。
お酒っていうより景色に払っている値段ですよね。


IMG_0597ロックバーからの夕日
夕陽が沈んでいきます。
崖の上にせり出したバーでお酒を飲みながら景色堪能。


IMG_0602ロックバーからの夕日
周りの人も、お酒より景色を見にここへ足を運ぶ人が多いのでは。
同じ感動を世界中から集まったたくさんの人と共有している、この雰囲気も最高でした。
国や宗教が違っても、夕陽に感動する心は何も変わらないのね。


IMG_0604ロックバーからの夕日
雲が多くて空一面真っ赤というわけにはいかなかったけれど、それでも雲の色と空の色のコントラストが最高。


IMG_0608ロックバーからの夕日
刻一刻とかわる空を、マティーニ片手に存分に味わう。
絶対に行くべき!と力説してくれた友達夫婦の気持ちがよくわかりました。


IMG_0610ロックバーからの夕日
日が暮れるとバーはライトアップされてまた雰囲気が変わります。

ロックバーを満喫し、またクラブルームに戻ります。
晩御飯はもちろんクラブルームで。
もう一度時間確認。

07:00~10:30  朝食
11:00~14:00  軽食
14:30~16:30  アフタヌーンティー
17:00~19:30  夕食前のオードブル
20:00~23:00  チョコレートとリキュール
(アヤナHPより)


IMG_0613ラウンジでオードブル
バイキング形式で、メニューは毎日かわります。
オードブルって書いてあるけど、ここだけで十分に夕食になります。
こんな風に日本風の食事があってびっくり。
別の日にはキムチとか小龍包とかも出てきました。


IMG_0614ラウンジ
頼めばお酒リストも持ってきてくれました。


IMG_0615本日はてんぷら
てんぷらまで!
味もきちんとしているし、クラブラウンジのスタッフさんはみんな素敵だし、毎日ここで好きなだけ食べていいなんて夢のよう。

PCも使えると書いてありましたが、ノートパソコンが一台あるだけで専用テーブルはありません。
あとウブドでは問題なく仕えたwi-fiがここではうまくいかず(時間制の有料だったのでやめた)
ネットはあまりしませんでした。

入口には少しだけど本もあります。
ラウンジはクラブルームの宿泊者だけが入れますが、もちろん食事しないで席だけ使っても構わない。
ここに読書するためだけに来ても大丈夫です。
なぜか文庫版の東野圭吾著「秘密」があった。
この後、何度来ても誰も読んでいないので、借りていって部屋で読んでもよいか聞いたらOKだったので
後半はちょこちょこと部屋で読書してました。
東野作品の中でトップグループに入る好きな作品だけど
バリで読むのにふさわしい作品かと言われると・・・そうではないよね(汗)


一度部屋に戻ります。
さっきもらったバラの花がそのままではかわいそうだったので花瓶をもらいました。
花瓶ってなんていうのか、確か英語を調べてから声をかけた気がする。
ラウンジのコンシェルジュさんに話すとすぐに持ってきてくれました。


IMG_0617バラを花瓶に入れてくれた
やっぱり持って帰りたかったな~。

お風呂に入ってテレビを見てくつろぎますが、まだまだ一日は終わりません。
だって
20:00~23:00  チョコレートとリキュール
これは外せないでしょう!
ここまで来て太るだのダイエットだの言うのはナンセンスですからね。

21:30、夜のおやつへ向かいます。
IMG_0623深夜のチョコレートタイム
IMG_0624デザートたくさん
毎日これが食べ放題なんて、ハネムーン最高!!
しかもどれもこれもさすがレベルの高いおいしさです。

22時、食事直後ですが寝ます。
振り返ると、今日はホテルを移動しただけなのに
そうとは思えない充実っぷり。
昨日今日とお篭りでバリを堪能しましたが、明日はまた観光です♪
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。