-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-24 00:02 | カテゴリ:2011はるinバリ島ハネムーン
トレッキングが終わり、お昼からは街に出るのに、少しでも時間が空くとやっぱりプライベートプールに入らずにいられない私。
泳いでお風呂入ってまだ11時過ぎ、今日は昨日ちらっとだけ会った、バリ在住の日本人のお姉さんと行動を共にする日です。
真っ赤な車でお迎えに来ていただき、さっそく今日もバリの街へ!
観光名所を回るのはバリ人ガイドさんと役割分担が決まっているらしく、今日はお食事とスパです。
向かうはテガララン。


IMG_0336レストランの看板
こちら、テラス・パディ・カフェに到着。


IMG_0327テガラランのライステラス
テーブル席もありますが、一番人気はやっぱり景色を堪能できる東屋座敷タイプ。
ライステラス=棚田=段々畑を楽しみながら食事ができるのです。


IMG_0332テガラランのライステラス
段々畑とヤシの木のコラボ!
雄大な景色を直接見ながらのランチ。天気もいいし最高すぎます。


IMG_0328テガラランのライステラス
こちらはアップ画像。
棚田は「神様の階段」とも呼ばれているそう。
田んぼ景色は日本でも見慣れているけど、段々になっているだけでとっても新鮮。


IMG_0311テガラランのライステラス
景色が大きいのでライステラスがすぐ近くにあるように感じますが、農家の方がすごく小さく見えるので実際はかなりの距離があるのでしょう。

ここはすごく人気の場所だそうですが、予約してたのか時間が早かったからなのか、景色のよい東屋タイプに案内されてラッキーでした。


IMG_0314メニュー
日本語も載っているメニュー。


IMG_0315メニュー
やっぱり「カフェ」なので飲み物メニューが豊富ですね。


IMG_0316アボカドジュース
アボカド~
私はアボカドが大好物。
実家にいた時は、母が安売りの時だけ買ってきて、それを2人で1個分け合って食べてました。
だから丸々1個食べるのが夢でしたね。
新潟に引っ越してきてからたま~に買ってるけど、やっぱり安いものではないし、特に一人暮らしじゃなくなってからはまた遠のいていた愛しきアボカド。
ジュースになっているのは生まれて初めてです。チョコレートとの組み合わせがまた新鮮!
アボカド独特のまったり感はそのまま、濃い味がさらに凝縮されていて本当においしかった~。
アボカドのまったりこってりした舌触りはそのまま、粒感はなくなめらかとろり。
どうやって作っているんだろう?アボカドだけじゃなく何か入っていると思うけどわからない。
おそらく自宅でも作れると思うんだけどな。
バリ島ではこの後も別のお店でアボカドジュースを注文したけれど、生のアボカドまで刺さってたのはここだけでした。
そしてアボカドジュース、意外と置いてない店も多かったですね。


IMG_0317レモンスカッシュ
レモンスカッシュ。
日本で飲むのと味は変わりないはずなのに、南国の空の下で飲むとおいしさ倍増ー!


IMG_0318ビンタン
ビンタンビール。
私はビールが飲めないのでよくわからないけど、これも暑い国の気候によく合うようですよ。

さて、カフェと言ってももちろん食事も楽しめます。
ってか、私はこの記事を書く為にお店情報調べて初めてカフェだったことを知った。


IMG_0321黄色いご飯
お姉様が注文したナシ・クニン、直訳すると黄色いご飯。
このお店の看板メニューです。


IMG_0323カレーアヤム
カレーアヤム。
辛すぎず、でも単なる甘口じゃなくて日本では食べられないようなスパイスが混じり合ったまろやかな味。
やっぱりカレーは奥が深い。


IMG_0324ナシゴレン
メニューにあったら必ず頼まずにはいられないナシゴレン。ヴィラで2回も食べたのに、限られたバリ滞在なのにナシゴレンに走ってしまう。
さくらももこさん本の影響、恐るべし。っていうかおいしいからね。
ナシゴレンばかり食べていたことは全然後悔してません。
カフェと言いつつ食事のレベルも高くて満足!景色も天気も最高!

ひとつだけ日本の食堂と圧倒的に違うところ。
食事している時に子どもが何度か物売りに来てました。売ってるのは絵葉書とかかな。
どのくらいの生活レベルの子どもが行うのかはわかりませんが、なんだかとっても切なくなる。
憐れむのは失礼なことなのでしないけれど、そして購入しないので何も言うことはできないのだけれど。

記事を書く為に、このテラスパディカフェをググっていましたが・・・人気店なんですね。知らないで連れていってもらってた。
確かに美味しいし景色も最高だし、そりゃ当然人気店ですよ。
テラスパディカフェについての記事はこちら(バリ島ナビ)

ゆっくりおしゃべりと景色を楽しんでお店を出て、また少しだけ日本円を両替。
お次は私がバリ旅行においてもっとも楽しみにしていたスパです!

海外旅行だと、いつもとにかく食事が楽しみ!食事食事食事!な私ですが、
今回は珍しくスパ>食事でした。
だってマッサージ大好きなんだもん。
整体とかマッサージ、毎週行きたいんです。
でもそんなことしると瞬時に破産するから、実際は年1~2回です(ノД`)・゜・。
ここバリ島では3回スパを行う予定なので、日本にいる時からスパソング(作詞作曲ぷっく)を歌いまくってました。


IMG_0338サラスパ
本日は街スパ。
私は背中の全身バリニーズマッサージ、飼い主は足マッサージ。
別室で行います。
施術してくださる女性も、これまた笑顔がとっても輝いていて素敵。

力強めでとっても丁寧なマッサージ。しっかりと圧がかかるので、気持ちよくてウトウトというよりは全身に気持ち良さがしっかり広がる感じ。
普段、背中も肩も首もめちゃくちゃ凝ってるのでこのご褒美が最高に嬉しい。
1時間、1秒もボーっとすることなく神経集中させて気持ちよさを味わい尽くしました。

オイルを使うので終了後にシャワー浴びるんですけど、それが外にあるんですね。
もちろん高い壁に囲まれているから周りから見えるわけじゃないけど、外国の室外で全裸な自分・・・

バリ島でもホテルなどでやってもらう高級スパだと日本の物価に照らし合わせても高いんですけど、ここはなんと私の全身マッサージが1時間で50000ルピア(約500円!!)、飼い主の足マッサージが30000ルピア(約300円)!!と、ケタ間違っているんじゃないの?ゼロ1個足りないんじゃないの??いやゼロ1個多くても安いよね??という驚異の激安スパでした。
かえって日本のスパに足が遠のくという副作用まで生み出す始末。
ジンジャーハニーティーのサービスもあり身体も心もゆるゆるに。

ガイドのお姉さんとは、今日はここでお別れです。
15分くらい歩き、15時半、到着した次の目的地はモンキーフォレスト。
もう名前そのまま、猿の森です。


IMG_0339ウブドモンキーフォレスト通りの変な置物
こちらは通りにあった変な置物。猿??人間??ぷっく??


IMG_0340モンキーフォレスト
入口。


IMG_0343モンキーフォレスト
中に入るとお猿さんがたっくさん!!!
この公園から逃げ出さないのかしら?
もともと動物には興味なくて、ペット飼ったこともなければ動物園も誘われない限り足を運ばないタイプ。
そんな私でもなかなか楽しめました、モンキーフォレスト。
寝てる猿、大ゲンカする猿、ボーっとしてる猿、そんな猿にちょっかい出す猿。乳を飲んでいる猿。
猿でも性格が全然違う。人間と一緒だね。
数日後に行った別の場所にいた猿はかなり凶暴な奴がいましたが、今回ここで会った猿はおとなしめというか人間に手を出す猿はいませんでした。
私はビデオカメラで猿の股間(♂)をドアップ撮影して飼い主にこっぴどく叱られましたw


IMG_0345モンキーフォレスト
気持ちよさそーうに寝てる。触りたいけど起こしたらかわいそうなのでそっと写真を撮るだけにします。


IMG_0346モンキーフォレスト
デートには向かない公園だし、足元を猿がうろちょろするのでのんびりできる公園ではありませんでしたが、公園出る頃にはお猿さんが今までの100倍くらい可愛く見えました。

この森を散歩中、なんだか足がカパカパするので、ガムでも踏んだか?と思って見ると、ミュールが壊れて底が剥げてました。
日本からわざわざ持ち込んだミュールなのにー!
仕方なく街の靴屋でゾウリみたいな微妙なサンダル購入。
一応、50000ルピアを30000ルピアまで値切ってもらったけど、もしかしたら高く買ったのかもしれん。
ま、300円だからいいんだけど。
慣れないゾウリは親指と人差し指の間が擦れてちょっとテンション下がる。
壊れたミュールはもったいないので日本に持ち帰りましたよ。2012年1月現在、まだ修理してませんけど!

時刻は16時過ぎ。
まだ夕方ですが、今日は次のご飯に向かいます。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。