-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-19 07:42 | カテゴリ:2011はるinバリ島ハネムーン
車はどんどん坂を登っていきます。
酔いやすいと言った私を気遣ってくれたのか、運転がとってもソフト。
しかし周りを見るとやっぱり外国ですねぇ。
右ハンドル左側通行は日本と同じですが、日本車の割合はかえって香港の方が高いような気がします。

13:10、到着したのはキンタマーニ高原。
・・・えっとこの名前は日本人としてちょっと口にするのに抵抗を感じてしまいますが、キンタマーニとは「外輪山にある町」という意味です!!
旅の前後、飼い主友達の飲み会をした時、何度もこの高原の名前を口にするプレイをさせられました(怒)

高原なので、外に出るとさっきとは明らかに気温が違う。
空気がひんやりしています。


IMG_0172キンタマーニ高原
IMG_0174キンタマーニ高原
通り沿いから眺める高原の景色。
デジカメ写真で全然伝わらないのが残念ですが、この景色が本当に絶景だったんです!!!
視界を遮るものがないので、180度以上広がる山と湖のコントラスト。
この高原は名所なのでおそらくどのガイドブックにも写真が載っているでしょうが、この景色だけは実際に見ないとスケールの広さが伝わらないと思います。
この雄大感は初めて味わうものでした。
それなりに旅行はしている方ですが、ここは自分の中での景色ランキング(なんじゃそりゃ)の超上位にランクインしてます。

ここは物売りが激しいことでも有名ですが、確かにしょっちゅう声はかけられますが興味を示さないと案外すぐに退散してくれます。

さぁて13:45、お待ちかねのお昼ごはんはバイキングレストラン!
ガイドさんと一緒に食べたいけど、ガイドさんは観光名所までは連れてきてくれるけど中までは来ないようで、2人で入ります。


IMG_0177キンタマーニ高原バイキングレストラン
店内はほぼ満席~。
さまざまな国の人がいて楽しい。
本当は外を見ながらの食事が理想だけど席が埋まっているので中に座る。


IMG_0178キンタマーニ高原バイキングレストラン
街中でのバリ料理はこれが初めて!
憧れのサテがあります。
ま、食事は必ずしも衛生的とはいえず、虫とかも飛んでますが・・・気にしない気にしない。


IMG_0179キンタマーニ高原バイキングレストラン
正直、超絶品!というわけではありませんが、庶民的な味で美味です。
食事を堪能していると、突然大雨!
バリ名物のスコールです。
外で食事をしていた方々も慌てて店内へ戻る。
これが想像していた以上に激しくて、私も周りの観光客の外国人さん達も呆然。
さっきまで見えていた高原の景色は一瞬の間に真っ白になり、本当に何も見えなくなりました。
ただただ白い世界。
到着が少しでも遅かったら雄大な景色を見られなくなるところでした。


IMG_0181キンタマーニ高原バイキングレストラン
入ったのはこちらのレストラン。
いろんなバリ料理を堪能できてお会計すると、363000ルピア!
日本円で3500円くらい?
値段しらないで入ったとはいえ、庶民的な感じなのに思った以上に高くてちょっとびっくり。

ま、気を取り直して下山です。
まだまだスコールは降り続く。
車内で気になるのが、道端にある果物屋さんの露店。
相場もわからないし、自分達で買うのは怖いので、食べたいフルーツをリクエストしてガイドさんに買ってきてもらいました。(もちろんお金は渡しましたよ)
フルーツの相場を聞いていきますが、日本では珍しいフルーツがことごとく安い。
一個数十円単位なんですよ~。

ガイドさん、とっても優しくて笑顔が素敵。
「結婚したい!」とつぶやく私、「しろしろ、ぷっくをバリに置いて行く。俺は素敵な女性と結婚する!」と喜ぶ飼い主。
ハネムーンの会話とは思えないぞ。
で、残念ながらガイドさんはご結婚されてました。無念。
しかも奥さんは日本人の方!

ヴィラに戻る途中の車内から見えた張り紙。
IMG_0186pray for Japan
見えづらいけど、pray for Japan、日本語で「私達は日本を心から応援しています」と書かれています。
東日本大震災に対する、バリ島からの応援です。
バリ島では、位の高いお坊さんが集まって大震災に遭った日本に祈りを捧げる儀式も行われたと聞きました。
私の知る限り、このことは大々的には報道されてないはず。
この時期、日本の報道番組は有益な情報を流すよりもセンセーショナルな映像を求めていた印象が強いけれど、こうして遠く離れた場所で真剣に日本のことを考えてくれていた人がいること、もっともっと知りたかったです。

車で少し移動しただけでスコールはない。
地面も濡れていないから、きっともともと雨は降らなかったのでしょう。
お葬式に遭遇したりして渋滞に巻き込まれたけれど、15:50、戻ってきましたフラマ ヴィラス & スパ ウブド。
旅行にしては早いお戻りでしょうか?いえいえヴィラが素晴らしすぎて、部屋でまったりしていても十分楽しめるのです。
私が結婚したいガイドさんとも数日後にまた再会できるので心躍りつつ、今日はお別れ。
PC使える部屋でメールとかチェック。
ここではwi-fiが繋がってたので、iPhoneユーザーの飼い主はいちいち部屋を移動しなくてもベットの中でネットチェックできるのです。
この時はすっごい悔しかったですね~。ってか今でも悔しいぞ。

購入してきたフルーツをさっそく開けます。
IMG_0188果物屋で買ったフルーツ(ランブータン・マンゴスチン・パッションフルーツ)
マンゴスチン、ランブータン、パッションフルーツ。
日本で食べたことがあるのは「パッションフルーツ味のハイチュウ」くらいだ。
本物のパッションフルーツは香港で食べたことがあるけれど、マンゴスチンとランブータンはお初。
どちらも南国の味で美味!!日本で食べることはないと思うとますます希少価値が高まります。
小さい果物を大事に大事にゆっくり食べる。
るるぶの写真と同じ果物~。本当に食べられる日が来るなんて!
韓国以外の外国に行く時は必ず最新のガイドブックを購入し事前に熟読します。
まぁ、結局一番見るのは食べ物のページなんですけど。
るるぶとかって、旅行情報を知るだけでなくて旅行テンションをあげてワクワクが増す効果も大きいと気づいたのはつい最近。


IMG_0096フラマヴィラの庭
室内で食べるのはなんとなくもったいないので、このテーブルで庭を見ながら食べます。
一緒に暮らし始めたばかりの初々しい新婚さんだと、ここで奥さんが器用に包丁を使うのをうっとり見る旦那様・・・って感じなのでしょうか。
私達は結婚前から一緒に暮らしてたし、第一我が家の場合、包丁を使うのは飼い主の方です(汗)

せっかくなのでまたもやプールに入っちゃいます。
まだバリ島に来て24時間経ってないのになじみまくり。
バリ島とはいえウブドは標高の高いところにあるので、実はそんなに暑くない。ってかやっぱりプールの水は冷ため。
でもでも、プライベートプールに入ることのできる環境なんてめったにないんだもん。人目も人混みも気にせず泳ぐことができるなんて貴重すぎるから寸暇を惜しんで入っておきたいの。
・・・今「めったに」と書きましたが、よく考えたらプライベートプールなんて生まれて初めてだったわ。
そしてこの先もきっとないよね。ってことはこの体験が一生に一度だったのね ((((;゚Д゚))))
部屋でまったりしたり庭でヨガをしてるうちに日が落ちてきました。
この鮮やかな景色もまた何も見えなくなります。
でも明日になればまた楽しめるもんね。

18:40、部屋のチャイムがなったので出てみると、スタッフの方が虫除けスプレーをしに来てくれました。
旅前は蚊に遭遇するのが心配だったけど、コンセントプラグには蚊取りも差さっているし、こうしてスプレーもしてくれるから安心。
そしてそのままディナーです。
昨日はメニューから自分達で選んだけど、今日はハネムーンプランでの料理。


IMG_0199今夜もナシゴレン
わーいっ、2日連続ナシゴレン♪♪♪
日本では食べられそうで食べられない味。


IMG_0202チキンの何とかのセット
チキンです。ソースも当然南国の味!
粘り気のないお米がまたよく合うんだな。

運んできてくれたホテルの方に、勇気を出して覚えたてのバリ語で「ティリマカシ(ありがとう)」と言うと、笑顔で「サマサーマ」と言ってくれました。
どういたしまして、という意味だそうです。
発音が楽しくて、この後も飼い主としょっちゅう使ってました。むしろ帰国後も使ってました。
ティリマカシと言いたいがために飼い主からのサービスを待つ(強要する)という本末転倒なこともマイブームになったなぁ。
それにしても、バリ人の方の笑顔はハンパないです。
この後もたくさんのバリ人の方と接しましたが、子供も大人も笑顔が本当に最高。
飼い主はこのホテルのお姉さんに一目惚れまでしてました。確かに私も惚れそうでした。


IMG_0209食後のデザートはクレープ
デザートのクレープ。超私好み!!
レストランの雰囲気もいいし、食事は美味しいし、空気はバリだし(当たり前)
昨日の朝は日本にいたなんて信じられない。旅はまだまだ続くけど帰りたくない。


IMG_0212ハネムーンケーキ
ハネムーンケーキなり。
飼い主と旅行するのは珍しいことではないのだけれど、こういう演出があるとやっぱりあぁ普段の旅行ではないんだな、ハネムーンなんだなって実感がわきます。


IMG_0217バリコーヒー(ポットをサービス)
バリコーヒー。
コーヒーは全く詳しくないので違いはわからないけれど美味だ。
食事が終わっても優雅に会話を楽しみ・・・たかったけど、私がトイレに行きたかったので早々に退散。
ハネムーンでもぷっくはぷっくだ。

この後もプールに入ったりしたかったけど、まだまだ旅は始まったばかり。
体力はまだまだ温存しなければいけません。22時には寝ます。
続くっ。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。