-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-13 06:00 | カテゴリ:2010あきinかんこく&ふくおか
15:30、地下鉄に乗りセンタムシティ駅へ。
初日に撮影したウェディング写真のデータファイルを受け取りに行きました。
近くにマートがないかたずねると、「ホームプラス」というマートを教えてもらいました。
自分用や会社用のお土産購入。
会社にはスティックコーヒー(バラ配り)、自分用はメシル茶やコチュジャンなど。
どうして外国のマートって歩いているだけで楽しいんだろう。目新しいからかな?

そうだ、数日前に行った大邱市場での話。
飼い主が「松の実」を欲しがっていたのですが、私が松の実の単語わからない
しかも、単語が分からなくても他の言葉に瞬時に置き換えて、一見すらすら話しているようにみえる秘技も、さすがに松の実って単語を説明できずインポッシボー
「伝統茶に入っているもの」じゃないだろうし・・・

市場では諦め、改めて調べて「잣(チャッ)」であることが判明。
マートは広いので、自分で探すより店員さんに聞いた方が早い。
雑穀コーナーにあると思ったらなかったし。
ここでまた別の問題が。
二文字以上なら発音が悪かろうが文脈で分かってもらえるところだけど、一文字の単語は一発勝負な気がして、これ難しいぞドキドキ・・・
차(チャ、お茶)と間違われたくないし、激音にも濃音にもならないように話すのも気をつけなきゃ。
で、きちんと助詞つけて잣이 있어요?で問題なく通じました
通じただけで喜びを感じるのも久々体験でした。
結局、松の実は思ってた以上に高かったので買わなかったってオチもありますが、単語習得したのでよしとする。

30分あまりで買い物を終え、晋州と同じように道端でみかん購入。
晋州のはおいしかったけど、こっちのはちょっと微妙だったかな。

そして、新世界デパートに直結している地下鉄駅で、私が韓国に来たら欠かせない「本屋立ち寄り」をしました。
飼い主は地下で座って休憩。教保文庫は確か6階。
いつもお目当ての本はないのですが、たいてい平積みされているところから面白そうなのを購入してきます。
小説だと当たり外れがあるので、たいてい自己啓発本系になります。
自己啓発するつもりないし、あんまり参考にしようとは思ってないのですが(汗)文章がわりと平坦で読みやすいし、1章が数ページ単位なので手をつけやすい。

飼い主を待たせているので焦りながら本を探し、やっと見つけたこちらを購入。
愛より私をもっと愛せよ
사랑보다 나를 더 사랑하라 - 그림에서 배우는 연애 불변의 법칙
「愛より私をもっと愛せよ-画に学ぶ恋愛不変の法則」
表紙がエロいけど、エロ本でもなければエロい内容でもありません!
モナリザとかヴィーナスなどの名画が載っており、その絵に関連付けて恋愛について解説しています。
画を見るのは好きだけど美術に全然詳しくないし、韓国語と画が同時に学べるなんて一石二鳥!
教保文庫のレビューを今見てきたけど、アマゾンと同じ5点満点で星4つとか5つとかなり高評価。
今2回目読んでるけどかなり面白いし読みやすい。当たりでした。

で、地下に戻ろうとしてさあ大変。
方向音痴のくせに違うエレベーターから降りて、しかも飼い主が待っているところが地下なのに1階までのエレベーターしかない。
いつもならここで携帯かけるところだけど、ここは韓国。
正確には電話できないことはないけれど、無駄に通話料がかかるのは避けたい。
疲れて足も痛いし、半泣きで色々聞きながらようやく飼い主発見。
待たされた飼い主不機嫌。
そんなこんなで17時半、地下鉄に乗り、1日目に泊まったエンジェルホテルに再度向かいます。
韓国4泊5日旅行の最終日。


85エンゼルホテル
516号室。


84エンゼルホテル
今日が最終日だなんて寂しすぎる。


そうだ、駅からホテルまでは5分くらいなんですけど、私たちの前を若い男の子2人が歩いてたんですね。
で、その2人、手を繋いだり絡ませたりしながら歩いてて気になる気になる。
韓国では、女の子同士が腕を組んだり手を繋いだりは普通だし、男の子同士だって肩組み合うくらいは日常。
それはわかっているけど、それにしても彼らのいちゃつきぶりはそれを超えているような・・・?
本人が幸せだったらいいのだっ。

驚いたのが、ホテルで30分ちょっと荷物整理して夜の街に繰り出すと、またもその彼らに遭遇したこと!
すごい偶然です。ぷっく大喜び。
2人は先ほど会った時と同じように、仲良く手を絡ませながら駅の方へ歩いていきました。

さて、最後の夜、食事はトンネパジョン。
以前、トンネパジョンのためだけに釜山に来たこともあります。
19:40、西面駅を出発し、20:10にはもうお店到着。
私は道をまっったく覚えてないので、飼い主にお任せ。


86トンネハルメジョンヌルンジ
席につくと運ばれてきたこれはマッコリ・・・ではありません。
ヌルンジといって、おこげ湯です。
香ばしさにほっこり。


88トンネハルメジョン
いつもと同じパンチャンに安心感。


89トンネハルメジョン
これこれ、これですっ!
家庭ではなぜか再現できない、そして韓国の他のお店でも味わえない、このお店だけのフワッフワ感!
パジョンがとろけるんです。


87トンネハルメジョン
テチュ(なつめ)入りのお餅も楽しみのひとつ。


90トンネハルメジョン
食後に出てくるこの「ホバクシッケ(かぼちゃ甘酒)」もたまらないんだな~。

と、大絶賛するしかないこのトンネパジョンですが、私たちはここらでいったん卒業しようかなと思ってます。
卒業って大げさですね
3・4回食べてある程度満足したのと、韓国にはまだまだ私たちが食したことのないおいしい食べ物がたくさんあるので、そちらを開拓していきます。

このお店ではビビンバもメニューにあるのですが、お会計の時にふと見ると、ビニール手袋をはめた手でビビンバをこね混ぜている人がいる!しかもそのまま手で食べている!初めて見た!

ビビンバは混ぜれば混ぜるほどおいしい食事。そもそもビビンバが「混ぜご飯」って意味だし。
箸で混ぜるのがご飯をつぶさず良いとか、とにかく具とご飯が一体になるまで混ぜなければいけないとか、ビビンバ道は奥深いのです。
つい最近、飼い主の友達と3人でランチした時、友達がビビンバをまったく混ぜずに食べているのを見て衝撃を受けた私はかなり脳が韓国料理です。
で、箸はもちろん、スプーンで混ぜるのも結構難しいんですよね。
大体ビビンバが到着した時はお腹がすいてるから一刻も早く食べたいし・・・
手を使って混ぜるのは力が直接入るのでよく混ざるだろうからある意味合理的かも。
行儀の面でいくとどうかと思うので、さすがに外でやる勇気はないけど、自宅で今度試してみようかしら。

最後の夜が名残惜しくて、のんびり歩いてトンネ駅到着。
最寄り駅の西面(ソミョン)駅からもすぐホテルには戻らず、駅内のダイソーへ。
そう、100円ショップのダイソーが韓国進出しています。
1000ウォンショップですね。
ダイソーも最近は200円や500円商品がありますが、韓国ダイソーも同じ。
私は2000ウォンの手袋と同じく2000ウォンのルームソックスを購入。
冷え性な私の強い味方として活躍しています。

ダイソーは、エゴマの葉っぱ・サンチュの種などの韓国ものもありますが、
日本からの仕入れたものもそのまま売ってました。
若い韓国人の女の子がタグを見て「日本語書いてあると高そうにみえる」と話していたのが印象的でした。

その後、同じく地下鉄駅街にあるシンナラレコードでCD購入。
そして目の前のマックでなぜか食事(笑)
シンナラレコードもマックも22時閉店だったみたいで、21:50頃CDを買えてラッキーでした。

22:15、ホテルに戻る。
4泊5日はあっという間です。
でも明日帰国してもまだまだ旅は終わりでなく、数日間の福岡旅行・そして11月29日の入籍が待っています
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。