-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-03 06:00 | カテゴリ:2010あきinかんこく&ふくおか
1時間強、寺巡りをした後はケーブルカーに乗ります!
乗り場は・・・地図とかもよくわからないので、上空に見えるケーブルカーをたどっていくというサバイバル。
建物で見えなくなったりして、結構四苦八苦。
途中でケーブルカー行きの案内板を見つけ、それでも結構苦戦。


57放し飼いの鶏
放し飼いにされていた鶏。


58ロープ-ウェイ乗り場
ケーブルカー乗り場発見!
しかし、見知らぬ土地でほぼ必ず目的地にたどり着けて、飼い主はすごいな。
私は見知った土地でも迷います。


59ロープ-ウェイ乗車
飼い主は、「これケーブルカーじゃなくてロープウェイだよね」とつぶやいてました。
ウィキを見ると、確かにそうかも。
でも韓国では케블카(ケブルカ)って呼ぶみたいです。

お寺には興味持てなかった私ですが、ケーブルカーとか高いところに行くのは大好きなのでテンションあがる。


60ロープウェイからの眺め
ケーブルカーもあがっていく。


61ロープウェイからの眺め
しかし、私とは対照的にテンションがガタ落ちしていく飼い主。
飼い主は高所恐怖症なんです。
吊り橋、ガラス張りで外が丸見えのエレベーター、あと東京タワー展望台で足元がガラスになっている部分、観覧車系がダメらしい。飛行機はなんとか克服したらしい。
私は高所大好きなのでよくわからないけれど、足元が完全に地面と接していると平気らしい。
高層ビルの上階とか。
そういえば「ホタルノヒカリ」の漫画でも部長が同じこと言ってた。
だったらケーブルカーに乗らない方がいいのでは・・・


62ロープウェイ山頂
10分ちょっとの空旅で、無事山頂に到着~。


63ロープウェイ山頂
山頂に案内標識があるのが面白いです。


64ロープウェイ山頂駅
山頂の駅。食堂もあります。


65山頂からの眺め
やっぱり山の上からの眺めは最高~。
ケーブルカーで登ってきましたが、ここは登山してくることもできます。
チケットも、往復じゃなくて片道からでも購入できるようでした。
自分の足で登ってきて見る景色は最高なんだろうな~。


66クレヨンしんちゃん作者のように山頂から下をのぞき込み
2009年に亡くなった、クレヨンしんちゃんの作者・臼井儀人さん。
私は昔からしんちゃんの漫画が大大大好きだったので、本当にショックでした。
もう新作を読むことができないなんて・・・
改めてご冥福をお祈りします。

さて、大邱旅も終盤です。
道を歩いていたら、こんな面白いものがあった!
67十二支像
坂道の上に位置していたのはテジ、豚です。
そのまま坂道をくだっていくと、犬。


68十二支像
そして鶏。
「食用肉をかたどってるんじゃない?」なんてとんでもないことを言いながら降りていくと羊、猿。
いっくらなんでも羊や猿を食べるとは聞いたことない、と考えて分かったぞ。
十二支だ!
韓国でも十二支があり、順番は日本と同じ。
ただひとつ、イノシシが豚なことを除いては。
よりによって私はイノシシ年なので、飼い主からいつも「テジ年ぷっく」と言われます(怒)


69十二支像
そんな飼い主の干支は寅。ますます悔しい。

山菜定食を食べようかと思ってたけど、もう16時近いので次の目的地に向かっちゃいます。


70東大邱バスターミナル
また30分ほどバスに乗り、大邱旅の終点・東大邱バスターミナルへ。
韓国のバス路線は、もう本当に便利便利。


71東大邱バスターミナル内部
バスチケットを買うと、中途半端に時間がある。
ということで、小腹満たしのキムパプへ。
5年前に食べて、ここのお店おいしい!と感動したキムパプ屋が近くにあったはず。


72美味しかったと記憶のキムパブ屋
確かここのキムパプ屋。
いや普通のチェーン店なんだけど、アジュンマのソムシが良かったのか、とってもおいしかったんだよね。
中に入ってお持ち帰りを一本注文。
具はあらかじめ用意されていて、アジュンマがスノコを使ってくるくると巻いてくれる。
その手際の良さったら!
キムパプ(海苔巻き)を作るのなんて、具が用意されていれば誰でもできると思ってたけど、アジュンマの手つきは完全にプロでした。

17:10、バスに乗ります。
次の目的地は慶州。
慶州は終点ではなく、大邱~慶州~釜山と行くのでいつものように寝てはいられませんっ。


73そこのキムパブ
バスの中であけるキムパプ♪
乗り物とキムパプの相性って良いんです。
バスよりは電車の方が合うけど、まぁそこは目をつぶりましょう。


74キムパブ断面
具だくさん♪
統営キムパプもおいしかったけど、スタンダードもやっぱり魅力的。
味は・・・5年前に感動したのとは違って、ごく普通のおいしさでした

今夜は慶州で過ごします。
続くっ。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。