-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-01 06:00 | カテゴリ:2010あきinかんこく&ふくおか
ランチは、珍しく専門店でなくレストラン。

24ケジョン外観
12:15、到着したのは「ケジョン」です。
2005年に来た時に、冷麺が大大大絶品だったことですごく印象に残ってます。
ここに入ったきっかけは「地球の歩き方」書いてあったからという単純な理由。


31ケジョン
「30年の伝統、100年をつないでいく私達の味! 全州ビビンバ ハムン式冷麺」


25ケジョンメニュー
26ケジョンメニュー
店内はわりと高級そうな雰囲気だったり、店員さんも洗練されている感じではありますが、メニューはそこまで高くはありません。
前回おいしかった冷麺と、昨日晋州ビビンバハシゴができなかったのでというわけではありませんが全州ビビンバ注文。


27ケジョンバンチャンは少なめ
パンチャンはちょっと少なめかな?


29ケジョン冷麺
ごめんなさいごめんなさい食べかけです・・・
5年ぶりでもやっぱりおいしくて、一気にかっこんじゃいました。
下手な専門店よりレベル高いっす!


30ケジョンビビンバ
そして今回感動したのはこちらのビビンバ!
正直、全州ビビンバって名前がついてるわりには器が真鍮じゃなかったり見た目もずいぶん違うんだけど、味が絶品!
おいしいおいしいおいしいとエンドレスに言いながら食べました。
韓国料理は専門店信仰がある私ですが、このケジョンに対してはその固定観念が崩れます。

ところで、日本のお店でよくある「石焼きユッケビビンバ」って理解しがたくないですか?
ユッケはあの生感が良いのに、石焼きで焼いたらただのそぼろ肉になっちゃうじゃん。
ソシのRun Devil Run日本語版をリピしまくってるのでつい「じゃん」と言いたくなる・・・


28ケジョン食後の梅茶
食事の後は伝統茶であるメシル茶も出てきます。
前回もあったサービスが続いていて嬉しい!

お会計の時は、店員さんに「おいしかったですか?」と聞かれました。と~~~っっってもおいしかった!!
5年ぶりに来て、おいしさレベルが変わってなくて嬉しかった。
また来たいです、大邱。

12:55、ケジョンを出て、次の目的地は桐華寺(トンファサ)
13:10、バスに乗ります。
高速バスと違って、路線バスに乗るのは本当に緊張する。
到着時間も距離感もわからないし、ロクなアナウンスがない時もあるし。
周りの乗客の方は景色を見て?アナウンスなくてもどんどん降車ボタンを押して降りていく。
私は路線図が貼ってある窓のそばに席をとって、たまに入るアナウンスに耳を傾けるしかない。必死です。

13:50、無事下車。
32桐華寺標識
右の標識、「桐華寺0.3km」
っていっても、300m歩けばお寺に出会えるわけじゃありません。


33桐華寺へ続く道
門へ続く道。
いい天気だ。


34桐華寺門
はい300m。
これは入り口、中に入ってからさらに歩きます。
以前の私は歩くの嫌いだったけど、ジム効果で運動好きになったので平気。
ただし、寺に対する興味はいつもの通り薄かったりして・・・


35問の中の神様
36門の中の神様
37門の中の神様
38門の中の神様
門の中にいらっしゃいました。
腹筋超割れてる!


39桐華寺へ続く道
さて、この道を歩いてお寺に向かうよ。


40参道からの青空
この旅では本当に天気に恵まれました。
秋の韓国は過ごしやすい。


41桐華寺が見えてきた
お寺が見えてきました!


42桐華寺入り口
到着!


43鐘楼鼓楼
韓国で回ったお寺、これで何件目(お寺は何件と数えないかな?)かしら。


44桐華寺
45桐華寺
広大ですねぇ。


46桐華寺本堂内部
寺知識がないからなんも言えねぇ(古)


47桐華寺
48桐華寺
49桐華寺なんかの由来の石
平日のためは人は少なかったけど、落ち着いてゆっくり回れました。


50門の中の四天王
51門の中の四天王
52門の中の四天王
53門の中の四天王
本殿にもいました、四天王。
こっちの四天王はメタボだ。


54桐華寺遠景
正直言って、大きく印象に残るようなお寺ではありませんでしたが楽しかったよ。


55境内の山道
お寺はこんな風に山道にあることが多いので、お年寄りの方は大変ではと思うけど、結構シャキシャキ歩いてます。


56でっかい仏像
おまけ:でっかい仏像。
工事中で近寄れなかったのが残念。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。