-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-30 06:00 | カテゴリ:2010あきinかんこく&ふくおか
11/23(火)

06:50起床。
1ロッテモテルからの朝景色
せっかく5000ウォン(500円弱)高い「川の見える部屋」に泊まっているんだから、景色堪能しないとね。


2ロッテモテルからの朝景色
川の見える景色って、私にとっては結構身近です。
秋田の実家にもすぐ近くに川があるし、新潟にも万代橋がありますからね。

テレビでは、日々ドラマをやってました。
「여자를 몰라(女を知らない、みたいな意味)」
今ケーブルテレビを入れてないから韓ドラはなかなか見られないんだけど、本当はこういう連続ドラマみたいなの見たいんですよね。
登場人物が多いのでいろんな事件も起こるし、ストーリーの突っ込みどころ満載っぷりが楽しいし。
長い間、毎日いろんな登場人物の動きを楽しめそう。
っていっても、実際ケーブルテレビ入ってた時は時間が合わないし録画機器持ってなくてまったく見られなかったんですけどね・・・

日々ドラマというのは、日本でいう朝の連続テレビ小説とか昼ドラみたいに毎日放送するドラマのこと。
日本だと、昼ドラはともかくNHKの朝ドラは爽やかなイメージですが、韓国は朝から超ドロドロ(笑)
このドラマには、チャングムで王様を演じたイム・ホssiが出ていました。
なんか殴られてベットに寝ていて、母親が大げさに介抱してて、嫁に「誰のせいでこうなったと思ってるの!」って騒いで嫁姑バトルってました。
飼い主は現代の格好したイム・ホssiを初めて見たらしい。

ドラマ見たいけど時間です、7時半、持てる出発しバスターミナルへ。
次の目的地は大邱(テグ)です。
大邱は2005年冬以来2回目。
かなり気に入った街だったのですがなかなか来る機会がありませんでした。


3バナナウユ
旅のお供はこのバナナウユ(バナナ牛乳)♪


4マンマ・ミーア!告知
飼い主は劇団四季会員になってるくらい、観劇が大好きです。
そんな飼い主がウィキッドと双璧を成しているくらい好きな作品「マンマミーア」
どうやら韓国の劇団(多分。詳細不明)が韓国全土を行脚しているらしい。
言葉なんかわからなくても韓国作品を見たがる飼い主でしたが、ネットで調べたところ時期が合わず。



5大邱西部バスターミナル
9:25、予定時間1時間50分より15分早く大邱到着!
晴れているけれど気温が低くて寒いっ。
でも、この旅でずっと傘が不要だっただけでも助かりました。

地下鉄に乗り、西門市場へ向かいます。
乗換地点の「半月堂駅」で、寒さ対策のためトイレで着替え。
そして電車を待っているときに、エスカレーターから悲鳴が聞こえました。
アジュンマがエスカレーターの下で倒れている。
落ちたのか、貧血で倒れたのか・・・
駅員さんがすぐに複数で対応していたのでそのまま電車乗ったけど、大丈夫だったかな。

10:20過ぎには西門市場駅。
飼い主の大好きな市場散策です。


6大邱西門市場
韓国には超巨大マートやスーパーもたくさんあるのに、一方で市場文化も根付いているのが面白い。


7西門市場
乾物だらけだ!(リロ&スティッチのリロ風)


8ポンテギ
ポンテギ・・・
まず匂いで必ず気づきます。


9西門市場
食事もできるよ。

この旅行記を読んでくださってる方はご存知かもしれませんが、私、市場にあんまり興味ナイ。
でもこの西門市場の後に行った「薬草市」という市場だけは別です。
名前の通り、漢方薬市場。
私は漢方薬の香りとか味が大好き。薬草にも興味があります。
超冷え性なので、漢方医とかにも一度診てもらいたいんですよね。


11薬令市場
市場の入り口には、こんなに立派な門が立っています。


12薬令市場
13薬令市場
両端には、こうして薬を作っている石像が。
もちろん同じポーズで写真撮りましたが何か?


14薬令市場の路地裏
路地裏パパラッチ。

道路に沿って、ずらーーーっと漢方薬のお店が並ぶ。
いつも不思議なんだけど、これだけたっくさんのお店があって、地元の人はどうやっていきつけの漢方医を見つけるのだろうか。
入って漢方薬を処方してもらいたいところですが、さすがにそこまでの語学力&金銭力はないのでスルー。
その代わりではないんですが、「薬令市展示館」に行きます。
入場無料で、漢方関連用品が並ぶ博物館。
こういうの大好き♪


15薬令市場博物館
薬令市韓医学文化館と書かれてます。
2005年に来た時よりも大きく立派になってる!
聞いてみると、昨年5月にリニューアルしたそうです。


16薬令博物館展示品
薬作りの模型。


17薬令博物館展示品
18薬令博物館展示品
チャングム思い出すなぁ。
こういう展示はかなり興味津々で見てしまいます。


19リニューアル前もあった虎と熊
20リニューアル前もあった蛇の皮
どちらもリニューアル前からありました。

平日だからかほぼ無人で、広くて綺麗なのに職員さんとかが部屋ごとにいるわけでもなく、のんびり観覧。
あとは、動画で運動する場所もあった。
パネルにはヨガしている画もありました。

ヨガといえば、今回、街を歩きながら「요가(ヨガ)」と書かれた看板をよく見かけました。
ヨガスタジオですね。
今まで一度も見たことがなかったのに。
以前に比べて、韓国でヨガスタジオが増えたのかどうかは私にはわかりません。
でも、ヨガって字が目に付くようになったのは、今年自分がジムでヨガを始めたこととかなり関係あると思う。
ほら、例えば妊娠したら街中にいる妊婦さんとか子ども連れがよく目につくようになるとか、そんな感じ。
語学力って単に単語文法だけじゃないのね~、と新しい発見をした出来事でした。


21苦い茶
これは2005年にもありました、薬茶の試飲!
実はかなりこれ目当てだった。
苦い中にもほんのりと甘みがあっておいしい~。
もっとも、飼い主はこういうお茶は全然ダメで、一口飲んで・・・ってかなめてギブアップでした。
苦いお茶といえば、台湾でのこの経験が印象深い。


22薬瓶オブジェ
薬!のオブジェ。
この展示館も市場も、薬草の香り漂う私好みの場所でした。

観光案内所で午後から行く桐華寺のアクセス方法聞いた後は、おまちかねランチです!
2005年に行ってすっごくおいしかったお店の再訪ですっ。
続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。