-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-11 07:42 | カテゴリ:2005ふゆinかんこく
12月18日
10時起床。
今日は釜山最終日です。
次の目的地は済州島です
韓国の南国。新婚旅行地としても人気らしい済州島。
この12月に南国気分を味わえるなんて楽しみ~♪なーんて考えてましたが、そんなはずはなかったよ。当たり前か。

11時、釜山滞在中にずっとお世話になったモテルをチェックアウト。
釜山最後の食事は、名物テジクッパです。
これもソウルではなかなかおめにかかれないのよね。
もちろん初テジクッパです。


テジクッパ通り2005
テジクッパ通り。
道路に面したところで、ぐつぐつテジクッパが煮えたぎっています。


テジクッパ店内2005
このお店!って選ぶ基準がなかなか難しい。もう直感かな。
店内からの撮影です。この庶民な雰囲気がいいなぁ。


テジクッパバンチャン2005
キムチが2種類が嬉しいね。
テジクッパの左上にあるピンクの小皿はアミの塩辛です。
私、白魚の佃煮とかしらすとか、生き物の形がそのまま残っている食べ物がちょっと苦手なので、最初はアミの塩辛も敬遠してました。
でもちょっと入れてみると、強い塩味が豚骨スープに合ってとってもおいしい!


テジクッパ2005
豚肉(=テジ)がたーっぷり!
スープは豚骨を大鍋で時間をかけてじっくり煮込んでいます。これは家庭では作れない味。
汁にカクテギを入れ、豚肉はキムチと一緒につまむととろけます。
肉とキムチって、なんでこんなに合うんだろう。
こないだ友達とBBQした時、普通に肉をキムチにくるんでたら「韓国人みたい」って言われた。

初めてのテジクッパに舌鼓を打った後、12時半、PC房にて1時間2000ウォン(だっけかな?)で情報集め。
そして13:15、釜山の最後の最後の食事はやっぱりホットク!ロッテホテル脇のホットク屋さんです。
そして14時、タクシーで金海空港へ向かいます。

15:40、済州島へ向けて飛行機が飛び立ちます。
アシアナ航空、機内誌がおもしろかった記憶がある。
せっかく持ってきたのに、今は捨てちゃったのか見当たりません・・・

釜山~済州島は一時間もしないうちに到着。
トルハルバンという石像がたくさんあったり、ヤシの木が生えているところはさすが南の島へ来たぜ!って感じでしたが、25度くらいの気温を想像してたのに思ったより寒い。
って、25度なんてありえないよねぇ。

これが最近の韓国旅ならブログ意識して金海空港そして済州島の空港の写真もたくさん撮ってあるところですが、2005年旅はそこまで意識してなかった
16時半、観光案内所で、どの場所に泊まるのがベターか質問。旧済州を拠点にしました。
この観光案内所だかその後に乗ったタクシーの運転手に紹介されたホテル?モテル?に行くと超高かったのでそこは出て、やっぱり自力でモテル決定。グローバルモテルです。
このモテルに、当初の予定より長くお世話になることになるのはこの時の私達は知るよしもなかった。

時刻はもう18時、晩ご飯を食べに行きます。
旧済州刺身通り2005
刺身通りです。
でも夕ご飯はお刺身でなく、済州島の名物フクテジ(黒豚)カルビ。


アルマ炭火カルビ2005
生カルビと味付きカルビかな?


アルマ炭火カルビ2 2005
アルマ炭火カルビ3 2005
済州島ならでは!という突き抜けた味はしなかったものの、おいしく食べました。
20時、モテルから徒歩10~15分くらいのところにあったEマートでお買いもの♪
済州島の名物、ミカンやキンカン、その他の食料を買い出してモテルへ戻る。
ミカンはものすごく甘いのを想像してわくわくしていたのですがそうでもなく、ぶっちゃけ普通のミカンと変わらなかったような・・・??

21時、ホテル帰宅。
初めての済州島、明日からたくさん観光するぞ~☆☆


12月19日
突然の体調不良
飼い主は吐き気・寒気・腹痛。
最初は大丈夫だった私もなぜかどんどん具合悪くなり。私は高熱だけだったかな。
感覚では38度超えていたと思うのですが、なんせ体温計がないのでわからず。
私自身は風邪だと思っていますが、飼い主は前日のテジカルビにあたった食中毒と自己判断。
私は個人的にはテジカルビは無実だと信じていますが、まぁ、真実はわかりません。
よって一日モテルへで過ごす・・・
私は超フラフラでしたが、Eマートに食料調達。
途中にあった薬局にも寄り、風邪薬を買いました。
この時が韓国薬局初体験。今では酔い止めを買う時によくお世話になっています。

頭の中で「寒気がする」「熱がある」「喉は痛くない、咳も出ない」などという単語を練習しながら向かいましたが、一言「カムギルル コロッソヨ(風邪をひきました)」と言っただけで、秒殺で薬が出てきました。
え、もっと症状聞いてよ・・・と思ったものの反論する気はないので従い値段を聞く。
具合が悪くても、当時の円高&ウォン残りにおびえてた私は、高かったらやめようと思っていました。
しかし値段は2500ウォン(300円くらいかな?)、安心して購入。
青くてでかい粒はいかにも怪しげな色でしたが、今の頼みの綱はこれ!と飲みました。
そしたら翌日には平熱にいきなり戻りましたよ。日本だと市販の風邪薬は効かないのでありがたいけど恐ろしかったことをよく覚えています。
まだ旅は続きます。済州島ではこの後、数日後にもうひとつのハプニングが私達を襲うことになるのです・・・
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。