-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-09 07:00 | カテゴリ:2005ふゆinかんこく
6時起床。早起きです。
今日は慶州へ足を伸ばす日です。っていっても、釜山から慶州はとっても近いです。


慶州行きバスで食べたキムパ2005
6:50出発、キムパプ屋さんで朝食ゲット。


チャングムのライバルの人
チャングムに出演していた人かな??

7:15、30分地下鉄に乗車してバスターミナルへ。
8時バス発、50分で到着しちゃいます。
釜山と慶州って本当に近いのね。
もちろん初慶州。この日は有名どころを回りました。
まずはバスに乗り、9:45、仏国寺(プルグクサ)前。
観光案内所でインターネットが使えました。

仏国寺の前に、向かうは石窟庵(ソックラム)です。
10:40、石窟庵行きのバスに揺られて20分。


石窟庵までの坂道2005
やっぱり坂道。


石窟庵山門2005
山門です。


石窟庵碑2005
石碑。


石窟庵解説2005
解説文です。


石窟庵からの眺め2005
この手のものには知識も興味も薄いのですが、高台から見る景色はいつも素敵です。


石窟庵 世界遺産碑2005
世界遺産巡り、またひとつ達成!


凍り付いてる渓流2005
また渓流が凍ってます。


岩山を削ってめり込んで建てられている2005
岩山にめりこんでる!?


1時間ほど石窟庵を見て、またバスに乗って仏国寺に行きます。
仏国寺門2005
門。留学中、ハングルを見慣れていたので、漢字の存在する風景が新鮮でした。


仏国寺世界遺産碑2005
こちらも世界遺産。


仏国寺超有名なアングル2005
このアングルが有名(らしい)


仏国寺塔2005
お寺興味ないない言ってますが、一度行ったお寺をまた見てみるのも楽しそう。


仏国寺亀の上に太鼓2005
太鼓の下にいるのは亀さん!

仏国寺屋根2005
日本にはないこの色彩。好きです。

左広目天・右多聞天2005
左持国天・右増長天2005
こいつらもどこにでもいるなぁ。

さて、13:40、バスに乗って博物館前で下車。
徒歩で慶州巡りです。
観光馬車2005
突然の馬車にびっくり!
もちろん交通手段ではなく、観光用よ。


観光馬車の馬2005
馬のお尻。しっぽが可愛い。


雁鴨池(臨海殿跡)2005
雁鴨池(臨海殿跡)


半月城の石氷庫2005
半月城の石氷庫。

石氷庫の中2005
石氷庫の中。


石氷庫の屋根2005たび
その石氷庫の屋根。


瞻星台2005
瞻星台。

本当に、街中に自然に歴史物が溶け込んでいる街、慶州。魅力あるなぁ。

ところで、時刻は14時半過ぎ。
朝ごはんはキムパプのみでたくさん歩き、お腹がすきました~。
昼食は慶州名物のサムパプ。
有名どころの「クロサムパプ」で食事です。

メニューはサムパプのみなので注文の必要なし。
席に着くと、テーブルに紙が敷かれる。
そして2人がかりで食事を運んできてくれて、あっという間にぎっしり!
クロサンパプ2005
立ち上がらないとフレームに収まらないこのボリューム!
改めて写真を見て、やっぱり圧巻ですな。
しかもひとつひとつの味のレベルが超高いの。
地方料理の底力、ここに見たり!って感じです。
いろんな葉っぱでの組み合わせを試して楽しめる。
しかもしかも、これで一人8000ウォンなんです。
多分お代わりも頼めばできるんだろうけど、この時はお代わりゼロだった気がする。それでもお腹も心も大満足。

サムパプは過去3回食べたことがあります。
2007なつの仁寺洞2010はるの公州旅行


IMG_8230コマナルドルサムパプALL
こちらが公州サムパプ。12000ウォンです。

仁寺洞のサムパプ屋はとても微妙だったのですが、慶州と公州はどっちもおいしかったー。
慶州はこの2005年旅の後も何度か行ってますが、サムパプはこの時以来ご無沙汰なんだよね。
初めて食べたこのサムパプ、今でも感動を覚えています。
近々再訪したいお店です。

ぺこぺこだったお腹が満腹になり、16時、お次は大陵苑。
大陵苑古墳2005
こんなに晴れているけれど、実は結構寒い。でもソウルよりは気温が高かったな。


大陵苑内2005
確か、慶州市民は無料で入園できるらしい。


大陵苑の小路2005
車も来ないしのんびりできるし、散歩コースとしては最高ですよね。

一周して普通に出ようとすると、出口にいた職員さん?に話しかけられる。
なんて言われたか忘れたけど、そこで飼い主が天馬塚を見ていないことに気が付きました。
私はガイドブックの食事コーナーしか見ていないので、天馬塚がこの中にあることすら元々知らず。

天馬塚2005
天馬塚内宝もの2005
古墳の中に建物があるというのが、またなんとも不思議でした。

さてさて、慶州名物、お次は皇南パンです。
パンって名前ですがまんじゅうね。
皇南パンのお店は慶州に溢れていますが、一番の有名どころへ。
皇南パン店内2005
たくさんの職人さんが作っています、皇南パン。
お客さんもひっきりなし。車で来て、たくさん買っていきます。


皇南パン2005
こちら。これが本当においしくて大好きです。
ちなみに、皇南パンを買った2009なつの韓国旅記事はこちら

皇南パンをつまみながらバスターミナルへ戻ります。

古墳群2005
慶州の街を歩いていると、このような古墳をそこかしこに見つけることができます。


古墳登りぷっく2005
・・・当時、登っている人もちらほら見かけたし立て札とかもなかったので耐えきれずにこっそり登りました・・・
本当は禁止されていることは後で知りました、もうしませんもうしてません

18時前、釜山へ戻る高速バスに乗り、また1時間ほどで釜山バスターミナル着。
一日慶州を満喫しました~。

地下鉄で南浦洞へ。
鏡を持ち歩かず、いつも食後は口の周りになんかついている私にあきれ返った飼い主の命令で、1000ウォンショップで鏡を購入。
晩ご飯はガイドブックに載っていた「ウォンサンミョノク」という冷麺屋さんのお店を店員さんに聞くと、徒歩2~3分くらいかかる場所だったのに、わざわざ店前まで連れて行ってくれました。感動しました~。

20:10、晩ご飯です。
ウォンサンミョノクスープ2005
冷麺では定番のユクス。


ウォンサンミョノクビビン麺2005
ウォンサンミョノク冷麺2005
冷麺屋さんでは、ひとつを冷麺・ひとつをビビン麺にするのが私の勝手なこだわりです。
ここの冷麺、すごくおいしかったけれど、専門店だ!!っていう突き抜けたおいしさまでは感じなかったかも。
前々日に大邱で食べた冷麺があまりにおいしすぎたせいもあると思う。


20:45、1PIFF広場散歩。
映画人の手形があります。
PIFF広場手形左下ビートたけし2005
世界のキタノ・ビートたけしさんの手形を釜山で発見!


ホットックアジョッシ051216
今日も釜山ホットクを食べます。
だってここ釜山でしか食べられないんだもん。


ホットック051216
カロリーはとんでもないだろうけど、そんなの気にしないっ。


つけ放題松の実&蜜051216
粉を付けて食べる釜山スタイルです。

西面をも散策し、22時、ホテル着。
今日も充実した一日でしたっ。

この地方旅、韓国留学の集大成として、二度とないこの機会を満喫しようとして飼い主プレゼンツで行われたものです。
今では恒例になった地方旅の原点、書いていると5年前のことが色々思いだされてとても楽しいです♪


モテルで食べた辛ラミョン051216
おまけ:夜食の辛ラミョン。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。