-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-28 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
IMG_8239煉瓦のアーチ
街中にこういう煉瓦のアーチがあるのは洒落てて素敵。


IMG_8240煉瓦のアーチ
徒歩でてくてく、次の目的地は。


IMG_8243武寧王稜案内図
11:50、武寧王稜宋山里古墳群模型館着。
案内所みたいなところで、ここと博物館への行き先を聞きました。
・・・えーっとごめんなさい、何の知識もないのでコメント書けません。


IMG_8244武寧王稜入り口
王稜入り口。


IMG_8245武寧王稜宋山里古墳群模型館
模型館入り口。


IMG_8246武寧王稜石室の文様
壁はこんな感じの文様。


IMG_8251武寧王稜古墳群
古墳群。


IMG_8253武寧王稜古墳群
古墳にサンパプ、古都。
慶州を連想します。


IMG_8256武寧王稜古墳群
思わず登りたくなるけど、もちろん我慢。

次の目的地は公州国立博物館。
この時点で、私はサムパプ効果か?トイレに行きたかったんですよね
博物館にはすぐに到着するだろうと思っていたら、予想以上に遠いっ。


IMG_8261国立公州博物館
12:35、博物館前のトイレ、じゃなかった博物館に到着。


IMG_8262国立公州博物館
大きな博物館ですが、入場無料です。


IMG_8263博物館内
館内は写真撮影OKでした。
飼い主はこういうのが好きなので結構写真残ってます。
写真にコメント付けられるほどの知識とかないので、ひたすらアップしますね(汗)


IMG_8264展示物

IMG_8265展示物

IMG_8267展示物

IMG_8268展示物

IMG_8272展示物

IMG_8273展示物
IMG_8274展示物
これはすごいです。
縦糸だけで構成されていますが、金色と銀色だけで大仏様(??)が浮かび上がっています。


IMG_8275展示物
公州といえば百済、百済といえば韓国ドラマ「ソドンヨ」ですかね。
韓国史劇に興味はあるがお金がないので、見るとしてもチュモンで精一杯だなぁ。。。
向こう5年間はDVD買わない、と決めたんです。

さて、博物館の見学が終わり、受付で聞いた通り、13:18発、1200ウォンのバスに乗る。
5分前に来たバス、運転手アジョッシとの会話です。

ぷ「このバスは市外バスターミナルに行きますか?」
運「どこに行くの?」
ぷ「扶余(プヨ)です」
運「・・・(何故か不機嫌そうな沈黙)乗って」

私、悪いクセだとは思うんだけど、こういう態度とられるのって日本とか韓国とか関係なく本当に苦手で、ちょっとでもこういう態度されるともういいよ、ってそれ以上聞くのを放棄しちゃいます。
友達とかなら不機嫌な態度とかでもなんかあったのかなって全然許せるけどね。
社会的付き合いなんだから社会性持とうよって思っちゃう。
一人でいるならもう口きかないでなんとでもすればいいけど、飼い主との旅行なんでそういうわけにもいかず、嫌だったけどもうひと押し。申し訳ないけど市外バスターミナルに着いたら教えてほしいと頼むと、
バスターミナルまで行かなくても途中で降ろしてあげるから、そしたらバス停留所が近くにあるからそこから乗りな、とのこと。
相変わらず不機嫌だけど、教えてもらったことには感謝。

13時半、運転手がバスを停めて「ここまっすぐ行けばスーパーがあって、その前が停留所だからそこから乗ると扶余だよ」とのこと。
不機嫌アジョッシありがとう!

バスターミナル以外から乗るのは初めて。
不安を感じつつまっすぐ行くとありました停留所!


IMG_8283市外バス停
どっから見ても単なる小売店前(笑)


IMG_8286市外バス停
これです、「市外バス停留所」と書かれてます。
この看板が妙に気に行ってね~。
ハングル読めないと、文字だけだから予想つかないしなんか不気味にしか見えないけど、ここから意味がとれたのが嬉しい。って、もう何年も勉強しているのにこんなちっぽけなことで喜んでしまいます


IMG_8282市外バス停
バス停の横ではハルモニが路上販売。


IMG_8284市外バス停時刻表
時刻表。
ここからソウルにも行けるなんて!


IMG_8285市外バス停
バス停横の食堂。
中が全然見えないのでどんなもんか非常に気になる。

チケットはバス停前の小売店で販売。3800ウォン、35分くらいで着くそうです。
13:46、バス到着。
お次は扶余編です。地方旅のラストを飾ります!
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。