-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-12 23:56 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
12/1(火)

今日は一日フリーの日。
プランは飼い主に全部丸投げお任せで、私にとってはミステリーツアー。
7:10起床、お風呂に入ったり荷物整理したりとのんびりめに過ごし、8:25朝食。

9:15、地下鉄で一日乗り放題券購入。
ホテルの目の前に台北駅があるので便利ですねぇ。
韓国では地下鉄大好きな私、台湾の地下鉄は無事に乗れるでしょうか。
まずは切符買うところから難関だぞ、と息巻いていざ参戦。

一生懸命「一日乗り放題券ください」って台湾語をるるぶで探す私、やっとノートにメモしていたら前に立ってた飼い主がなんなく乗り放題券ゲット!
北京語も台湾語もできないのに何故何故何故と思っていたら、
「ワンデーパス ツー」であっさり買えたらしい・・・orz

まずは地下鉄で10分もかからないところへ。
昨日の朝も行った豆漿を飲みに行きます。
昨日のように徒歩でも行けるけど、せっかくのワンデーパスだからね~。


IMG_7054ビルの窓拭き
命がけ窓拭き。
そしてこの窓拭き、泥水がダラダラダラダラ下に垂れ流しなんです。
下を歩く人は避ければまだいいけど、駐車してるバイクの持ち主涙目モノ。


IMG_7056阜杭豆漿看板
昨日は永和豆漿に行ったので、今日は別のお店を体験しよう、と阜杭豆漿お店に入ろうとしたら・・・


IMG_7055阜杭豆漿は改装中
漢字オンリーですがなんとなくわかりますね、改装中でやっていない、と・・・
まぁこのお店目当てというより豆漿目当てなので早々に気持ちを切り替え、昨日と同じ永和豆漿へ。


IMG_7053永和豆漿店内
この飾りっ気のない店内、落ち着きます。
うん、このお店やっぱり好き。
昨日は豆漿(豆乳のようなもの)を頼んだけれど、今日は米漿にしました。
早朝だった昨日と違いレジが混んでいたので、メニュー指さしではなくて漢字をノートに書いてレジに並ぶ。


IMG_7051永和豆漿米の方
米漿、といってもお米でなくピーナッツです。
甘くてピーナッツが香ばしくて味が濃くてこれまた旨い!
豆漿と米漿どっちが好きかと聞かれたら・・・・・・
難しくて答えられません、どっちも大・大・大好きすぎます。
日替わりで飲みたいです。
love漿

9:40、豆漿のお店を出てまた地下鉄へ乗り、12分ほどで龍山駅へ到着。
龍山って韓国にもまったく同じ漢字の地名(ヨンサン)ありますねぇ。
これは台湾読みでなんで発音するのか分からず・・・
事前のガイドブックで、台湾は多言語民族なので地下鉄のアナウンスも北京語、台湾語、客家語、英語の順に4つの言語で流れると読んでたので注意して聞いていたら、確かに4ヶ国語で話してました。
どれがどれとは分からないので、ドアの上に出るテロップで到着駅確認するけどね。
台湾の地下鉄も韓国と同じく携帯で話してる人がいたので、電波は入るのね。

付近散策。ツアーも有名どころを効率よく回れていいけど、やっぱり日常をのんびり見られるフリーも楽しいね。
ドンキっぽいお店をぐるっと見た後、お寺巡り。

IMG_7059龍山寺のもうひとつの寺(まっぷるに載ってる)
でもやっぱり寺は欠かせない飼い主。
派手派手なところが本当に目をひきます。


IMG_7062もうひとつの寺の狛犬左
足元に子供を置いている、左側の狛犬がメス。


IMG_7064もうひとつの寺の狛犬右
こっちがオス。単純に左がメスなら右はオスだろうってだけじゃなくて、


IMG_7061もうひとつの寺の狛犬のチン◎ン
ほらオスでしょ(爆)


IMG_7066もうひとつの寺
キンキラキンにさりげなくないお寺をお参り。
確か健康の神様だったかしら。


IMG_7067もうひとつの寺のお供え物
お供え文化が同じなのも、当たり前といえば当たり前なんだろうけどちょっと嬉しい。


IMG_7071龍山寺在来市場
近くの在来市場探検です。


IMG_7072龍山寺在来市場
ディスプレイ(?)がザ・市場だねぇ。


IMG_7073龍山寺在来市場
でも韓国の南大門とかみたいな連れ込み・派手な呼び込みがないです。
活気がなくて寂しいと評する人もいるだろうけど、呼び込みがすっごく苦手な私にとってはのんびり眺められてとっても好印象。


IMG_7074龍山寺在来市場バンチャンや
市場はその国の素が見られてよいですね。


IMG_7075龍山寺在来市場魚屋
やっぱり島国は刺身類も豊富。


IMG_7076龍山寺でみかけたドラえもん
チャイナな服のドラえもん!
しかも今のドラえもんでなく、オイラ世代のドラえもんイラストがgood!


IMG_7084龍山寺門
こちらは正真正銘、龍山寺。
日本ならすわお祭りか!?ってくらいの派手さですね。


IMG_7086龍山寺前には人工の滝があって、こんなにでかいシダが
人口滝にシダの木。
小さな空間だけど、大きな広がりを感じます。


IMG_7091龍山寺本殿
びっくりしたのがこのたくさんの人!
平日とは思えない。


IMG_7093龍山寺平日なのにすさまじい人
ディズニーリゾートとかの遊び場ならいつ行っても混んでるのわかるけど、お寺がこの混みようとは、信仰心厚いんだなぁ。
前の記事にも書いたかどうか忘れたけど、台湾では不景気になると流行るのは占い師とお寺なんだって。
日本と違う文化が垣間見えますね。


IMG_7098龍山寺門
韓ドラ史劇で、こういうの頭につけてる人いる!
・・・こんな感想しかでないくらい、お寺は門外漢な私・・・



IMG_7079青草市場
お寺近くには青草市場なるものもありました。


IMG_7082龍山寺市場
もう文字通りですね。
この草は煎じて飲むのかそのまま食べるのかはよくわからない・・・
薬草ですね。


IMG_7099青草市場のアロエ
大きなアロエ!
アロエヨーグルト、大好物な私です。


IMG_7083龍山寺市場
草系、葉っぱ系は大好物でけっこう得意。
まぁ草を買うわけにはいかないけれど、ここには茶目当てで来たのです。


IMG_7080青草茶
お茶の出店あり。
漢字でぜーんぶわかっちゃいますねぇ、本当に不思議。
もちろん半糖なんて半端なことはしないぜよ。
無糖の青草茶、小を注文。


IMG_7081青草茶小
ザ・薬茶って感じの色ですねぇ。
私はこういうの大丈夫だけど、苦いの苦手な飼い主は色を見るだけでも顔をしかめ、匂いもおそるおそる嗅ぐ感じ。
こちらは薬草だー!って味で、私は美味しく飲めましたよ。
クセがあるから好き嫌い分かれると思うけど、大丈夫そうなら体験する価値ありです。

だけどもだっけっど♪(古)
これは序の口です。
青草茶を飲み干してからちょっと周りを散歩し、また舞い戻ってきましたこのお店。


IMG_7100さらに苦茶にチャレンジ
お店はこんな風になったます。
いくつかこういう出店?があったけど、青草茶が良かったので同じお店にしました。


IMG_7101お店のアジュンマ
お店のアジュンマ。
チャレンジするのは「苦茶」です。
もう文字通りでしょうね、苦いお茶。
どのくらい苦いのか、るるぶには強烈レポートが書いてあり興味をそそりました。


IMG_7103苦茶
苦茶を購入したら、砂糖の固まりも一緒にくれたよ。
見た目はさっきの青草茶よりちょっと色が濃いかなくらい。
匂いも案外さほどではない。
一口含んだ瞬間、



口に、そして一気に胃にまで広がる強烈な苦み!
今まで感じたことのないです、このレベル。
目を見開き、むせかえり、冷たいお茶なのに身体が熱くなる。
ん、でも私は嫌いじゃない。むしろクセになるぞっ。
飼い主はほんの半口飲んだだけでギブアップでしたが、私は全部飲めました。
もっとも一気飲みは無理っす、ちびちび飲みが精いっぱい。
これはチョコレートとかおいしい飴と一緒に飲んだらもっと合うかも。
これ多分健康茶だと思うけど、何に効くんだろね。
やたらトイレに行きたくなって困りましたが(笑)

苦茶の前は広場になっていて、なんか良い空間です。
地下鉄でまたまた次の場所に向かいます。
続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。