-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-30 17:18 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
13時半、故宮博物院着。
ご飯の後とはいえ、階段登りで足腰がガタガタです・・・

博物館は時期をずらしてどんどん展示物を入れ返しているそうで、全部の展示物を見ようと思うと何年もかかるそうです(驚)
ガイドさんの解説で代表的なものを見た後、自由時間。
ここではこの博物館を代表する二点を紹介します。
写真撮影禁止なので、ネットから拾ってきた写真。


故宮博物院の白菜
こちら、ヒスイを白菜の形に彫刻したもの。
宝石を白菜にするなんてどんだけの食い意地~!?って爆笑していたのですが、どうやらそういうことでもないそうです(当たり前)
こちら、嫁入りにあたって母親が嫁ぎ先に送ったものという説があり、
白い部分は「私の娘は純潔ですよ」
白菜に乗ってるキリギリスとイナゴ(この写真では見えにくいですが、くっついたまま彫刻されています!)は多産の象徴で「私の娘は子供をたくさん産むことができますよ」という意味らしい。
よく考えるとイヤラシイし、嫁はそれだけの存在なんかい・・・と反射的に嫌だと思ってしまいますが、まぁ昔の話だし、それを置いておいてもこの技術は素晴らしい。
どれだけ昔かわからないけれど、この技術は人間業とは思えません。目の前にあるものが本物かどうかすら信じられなくなるくらい。
そしてさらに上をいく展示物。


象牙細工
一本の象牙から作られていて、中は21層の玉になっていて、全部の玉が回るらしい。
しかもX線か何かで調べても真ん中を切った跡はなく、つまりは外側から彫っていったらしい・・・
今でもこれがなんのために作られたか、どうやって作られたかは不明らしい・・・
自分の目で見たくせに「らしい、らしい」と言うしかないくらい信じられないブツです。
るるぶで見ていた時は玉だけかと思っていたのですが、さらに上下に彫刻もあって驚き。
回してみたいけど、当然ガラスの中に厳重に展示されているので触ることはできません。

他にも豚の角煮にかたどられた宝石、小さな小さな種に精巧に舟型が彫られたものなど、くらくらするような神業展示物がたっくさん。
脳のキャパ、超えました・・・

お土産屋さんには白菜のレプリカはたくさんあったけど、象牙のレプリカはなし。
本物は手仕事だから神業だけど、今の時代なら機械でレプリカ作るのは真ん中切ったりすればできそうなのに。

15:15、くらくらする脳を抱えたまま博物館を出発。
IMG_6948大型バス故障につきこのバンに変更
午前中は6人で大型バスに乗れていましたが、バスが水漏れ故障を起こしこちらのバンに変更。
お次はまたまたお土産屋さんです。

15:40、お土産屋さん到着。
昨日のお土産屋さんの近くにバスが停まったので同じ所か?と思ったけれど少し離れたところでした。
っていっても近所。
お土産屋さんを見る時は自由行動なので、飼い主と私はまずは隣のカフェへ直行。


IMG_6950オリーブツリー看板
オリーブツリーという名前。
台湾はこういうジュースカフェがいたるところにあります。


IMG_6945オリーブツリー店内
日本語だらけ(笑)
注文も日本語でできちゃいました。
いや、ってか「タピオカミルクティー」って言って指を1本立ててたのでこれそもそも英語か・・・


IMG_6942オリーブツリーという名の店のタピオカミルクティー
滞在中に何杯飲んだかしら。
たーっぷりのタピオカ、甘いミルクティー。絶品です。
日本に帰ってきてからも台湾タピオカミルクティーが忘れられなくて2回ほどお店で飲んだけど、やっぱり本場にはかないませんねぇ。日本、高いし・・・

2人で一杯だけの注文ですからすぐに飲み終わります。
「さぁ行こう」とせかせかと立ち上がった飼い主、お土産屋さんに行くの?と思ってると外に出て歩きだす。
お目当ては2軒ほど隣のお店。


IMG_6946トイザラス
トイザラスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
昨日もここの前を通りかかって気になっていた飼い主。
中は値札が台湾語表示の他は似た感じだったな。
あ、ちなみに何も買いませんでした

お土産屋さんを見ないお土産巡りが終わり、お次はまたまた宮を見に行きます。
続くっ。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。