-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-20 21:54 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
IMG_6911お茶セミナーの店
10:40、お次のコースは中国茶セミナー(という名のセールス)


IMG_6912お茶ガラで手を洗う
こちら、入り口に置いてあったお茶がら。
殺菌作用などがあるので、手を揉んで洗っています。
これをフローリングや畳に撒いてホウキで掃くと、お茶がらがホコリを吸着してくれると聞いたことがあります。


IMG_6918お茶入れのプロのおばさん
ツアーって何がなんだかわからない感じのままベルトコンベア式に物事が進んで行く感じがあり、この時もよくわからないまま長テーブルにツアー客6人座り、向かいにセミナー講師の方が座りました。


IMG_6914お茶請けセット
目の前に置かれていたのは台湾名物パイナップルケーキとゴマクッキー。
こちらをお茶うけに、色々なお茶が淹れ方や解説付きで配られていきます。
手つきはさすがプロ。べしゃりもプロ。


IMG_6916まずは凍頂烏龍茶
凍頂烏龍茶。
他にも東方美人茶、プーアール茶、私の好きなジャスミン茶などなど。

お茶を御馳走になった後は、奥の売り場にご案内~。
IMG_6921茶器コーナー
茶器も色々ありますね。
私、高校の時は茶道部でしたが茶せん使って点てる抹茶がメインでした。
見るのは好きだな。


IMG_6920お茶屋店内
いろんなお茶がいっぱい~。
ここで私、日本円で2万円のプーアール茶を買っちゃいましたー!
あっ、っていっても私がリッチだとか贅沢志向だとかじゃないですよっ。


台湾プーアール茶
この箱×4つ。
日本のお茶っ葉は数回使うと捨てなければいけないけど、台湾茶は10回は使える。
これで2年分はあり、さらに賞味期限はないとのこと。
もちろん2年は目安だけど、私はちまちま飲むので絶対2年以上持つ。
さらに強い味方をもうひとつゲット。


台湾スペシャル ペットボトル
上のセミナー講師写真にも写ってます、ペットボトル。 
これが超超スグレモノなんです。
下の蓋を開けると、急須の中に入ってる網がありますよね、あれが入っています。
そこにお茶っ葉やお湯を入れて下からお湯を注ぐとお茶のできあがり~!
もちろん熱湯も水もOK!
私は真ん中のサイズを買いました。あ、ちなみにこの画像のみグーグル検索で拝借しました。私のは会社に置いてあるので・・・

2万ってびっくりするけどこの量だし、このペットボトルと合わせて使用すると最強。
会社ではポットお湯が常置されています。
毎日のようにペットボトル飲料(スーパーで安く買っても98円くらい、コンビニでは147円)買うこと考えると長い目で見るとお得と判断したんです。
それにプーアール茶はダイエット効果があるという言葉にほだされたことも否定はしませんが

その後、プーアール茶よりも先に家にあったティーバックを入れてこのペットボトルを使っているので、予想以上に減らない茶っ葉。なのでまだダイエット効果はわかりません。
台湾で購入したもののうち、一番のヒットは間違いなくこのペットボトルです。
これは本気でお薦めです
あ、ちなみに大きな保温効果はありませんが、一応紺色のカバーがついてるので中身は見えません。
水はともかく、お湯入れる時には飲み口の蓋がしっかり閉まっていることを確認してくださいね~。
私はまだ失敗がありませんが、ここが緩んでるとヤケドするので気をつけています。

サービスでジャスミン茶の花2つ&ペットボトルにプーアール茶を満杯に入れてもらいさらに大満足。
買い物はしないと思っていたのにおかしいな~と自問自答しつつ、11:20お茶屋さん出発。
そろそろお腹すいてきたな、ご飯の時間かな♪と思ってましたがその前にもうひとつありました。


IMG_6923台湾民主記念館堂
11:45、台湾民主記念館堂着。
(台湾民主記念館堂に関しては上記にウィキペディアのリンク貼ったのでそちらをどうぞ)


IMG_6924台湾民主記念館堂年の数だけ階段
これは、蔣介石(しょうかいせき)の享年年齢の数になっている階段。
「何段あるか皆さん数えながら登ってみましょう!」と元気に宣言してスタスタ登っていくガイドさん。
え、ちょっと待ってご飯前でお腹すいてるだけどっ(って、ご飯後ならお腹痛くなるっていうくせに・・・)
このブログでも何度も書いているけれど、階段がとっても嫌いな私。
なのに旅行の度に妙に階段登りまくっている私。
半泣きで登り始めます。

今調べたのですが、この方1887年生まれ。
私はいつの時代の方が正確には知らずに登りましたが、とにかくもう亡くなっている昔の偉大な方ってイメージでした。
で、昔の方なのにえらい長生きで、登っても登っても先が見えない・・・
でも律儀に数は数えてしまう。
しかしこの時に撮影されたビデオを見ると、私
「しょうにゅうどうは長生きです、しょうにゅうどうは偉大です」と息も絶え絶え話しています。
しょうにゅうどうって洞窟ですか!?
悪気はないとはいえアホすぎです・・・袋叩きモノですごめんなさい・・・

上まで登って結果発表~。
83,84,85くらいの意見が出てましたが正解は84!
ちなみに私正解しました~。よかったよかった。
こんなに長生きするなんてすごいねぇって思っていたらガイドさん
「これで終わりではないですよ、正面側の階段を足してゴールです」
えええええぇぇぇぇぇ
最も、正面の階段は5つだけでした。ほっ。


IMG_6926台湾民主記念館堂ぷっくが名前を間違えていた蒋介石
こちらがしょうにゅ・・・ではなく蔣介石(しょうかいせき)です。

登るのは苦しいですが、89段の階段から見た全景はやっぱり良いものでしたね。
この後階段降り、もうひとつ運動コース。


IMG_6929台湾民主記念館堂にあった足ツボ刺激コース
足ツボ刺激の道。
靴を脱ぎ、靴下履いたまま歩いたにも関わらず10歩と行けなかったです・・・ううう・・・


さてっ、そんなこんなでようやくご飯です!
飼い主から「台湾はツアー料理もおいしい」といつも聞いており、実際昨日もおいしかったので期待大!


IMG_6930昼食会場梅子
12:35、到着したのは梅子というレストランです。


IMG_6931梅子看板
地下に降りていくごとに高鳴る胸。


IMG_6932梅子生簀コーナー
いきなり生簀(いけす)コーナーが現れてびっくり。


IMG_6933台湾民主記念館堂梅子鮮魚コーナー
日本っぽいですねぇ。
日本も台湾も海に囲まれた島国ですからね。

円卓の乗った丸テーブルに6人で座る。
中華っぽいぞ。昨日は2人だったからね。
そしてどんどん運ばれてくる料理達♪


IMG_6935名物切干大根オムレツ
名物、切干大根オムレツ。
切干大根とオムレツを合わせるって新しいけど、家庭でもできそう!
少ししょっぱかったけれど優しい味でいきなり美味です。


IMG_6936豚の角煮&メンマ
写真みるだけでヨダレがぁぁぁ
豚の角煮とメンマ。
ほろほろの身が口の中でとけていく。


IMG_6937イカときゅうり炒め
イカときゅうりの炒め物。
外国なのに、すごく馴染みのある素材が出てきたのが逆に新鮮。
おいしかったなぁ。


IMG_6938魚のすり身スープ
魚のすり身スープ。
丁寧に味付けられているのがよくわかりました。心まであったかくなる、優しい味。


IMG_6940レタス炒めと、牡蠣炒め
手前が牡蠣のソース炒め、その奥がレタス炒め、一番奥が麻婆豆腐。
隣のアジョッシが「前来た時にこの牡蠣が一番おいしかった」と言っていました。
味付けが絶妙なんです。
麻婆豆腐は超辛かったけど、それでも日本人に合わせてマイルドにしていた方だとか。


IMG_6939そのたいろいろ
他、チャーハンとか色々。
最後はデザートとしてオレンジがでてきました。
こうして書いていても、品数の多さ、そしてすべての料理のレベルの高さに改めて驚きです。
全体的に家庭料理の温かみが感じられ、でも味はもちろん一流で大満足でした。

さて、お腹満足心も満足、13:10、梅子発。
しかし「梅子」をなんて読むのかまったく分からないです・・・
お次は博物館に向かいます。
続く♪

関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。