-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-04 21:30 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
11/28(土)

11/28~12/2、4泊5日の日程で、飼い主と台湾旅行に行ってきました~!
私は初、飼い主は2回目の台湾旅行。
韓国は完全個人旅行ですが、アウエーな台湾はツアーです。

右のカテゴリ見ると、今年は春韓国・夏韓国・冬台湾と、アジア圏とはいえ1年に3回も海外に行きました。
すげー、それだけ聞くと自分セレブみたい・・・だけど本当は今円高だし、ブログ見ていただけるとわかる通り安い食事(でもおいしい)・安い宿泊(でも豪華)で楽しめているし、普段できるだけ巣ごもりしている安月給OLです。
3回とも、会社の休暇制度(全員必ずとらなくてはいけない休暇)の時に行ってます。
同期に「休暇はきっちり海外に行って満喫してるね」と言われましたが・・・確かに。
しかも、今回は前半は台湾旅行、後半はディズニーリゾートと二本立てです

28日、朝5時起床
前日は1週間分の仕事を整理するために遅くまで会社に残っていたので睡眠不足、そしてそれ以上に今日から海外っていう実感がまったくわきません。
ガイドブックは読みこんだものの、行ったことのない台湾に対するイメージがまるでわかないためだと思われる。
何度も行ってる・・・どころか住んでいたこともある韓国は、ホーム感すら感じるためか出発の何週間も前からカウントダウンしてドキドキ待ちわびるんですけど、不思議なものです。

6:59新潟発の新幹線に乗る。
まずは新幹線に間に合ったことに一安心。
飼い主とは東京で落ち合う予定にしているので、新幹線では一人です。
一人で乗り物に乗るのは結構好き♪
まだまだ旅行の実感はありませんが、iPod聞きながらしばしの眠りにつきます。
飛行機の中では寝たくないし、今夜はきっと台湾で夜遅くなるからゆっくり寝ておきます

9:12、無事上野駅着。
飼い主にメールすると、上野駅に着くのは10時になるからカフェでも寄って待ってて、とのこと。
う~ん中途半端に時間あるけど荷物も多いし、カフェで食べたいものがないし何よりお高い・・・
ってことで駅内をうろうろしていると本屋発見したので、そこで立ち読みして時間過ごしました。
朝10時前から本屋が開店していることがちょっと新鮮。

っていうかこの上野駅、以前香港旅行の時にも来ましたね。来てから気づいた。
飼い主から「しのばず口で待ち合わせ」というメール来て、必死に探すも方向見当たらず。
そして気付いた、もしかして「不忍」が「しのばず」ですか!?
ほら地名って知らないと読めないし、最近は「さいたま市」とか「にかほ市(秋田)」みたいにひらがなの地名が多いからわからなかったよ。

そして飼い主と再会。私を見て言葉を失う飼い主。
そうかいそうかい、私と久しぶりに会えたのがそんなに嬉しいかい・・・と思っていると、飼い主
「ぷっく何その格好・・・」
履いてきたパンツがどうやらトップスとまったく合っていない(らしい)。
まぁ私も当然薄々気づいてましたが、旅行の時は動きやすさ、そして温度調整が快適旅行ライフに何より大事というのが信条なので気にせず来ちゃった。
飼い主のテンションは大きく大きく下がっていて、このままでは旅行中ずーっと復旧は不可能、でも時間的にも場所的にも服なんて手に入れる時間ない
しかし ネ申 はどこにでもいるもの、飼い主のiPhoneで検索したところ、なんと成田空港にユニクロがあることを発見!!
ということで、飼い主にはもうちょっとだけ我慢いただくことにして、10:03の京成線で成田空港へ。
東京は本当に人が多くて、田舎者の私には動くのも大変

11:45、空港着。
レートもすごくいいので少しだけ日本で両替。
さっそくユニクロでパンツと上着を買い、やっとのことで体裁整えました。
しめて3千円。思わぬ出費でした(泣)
普段友達と会う時は女子力高い服を選ぶのに、俺を会う時は変な服ばっか着てきて・・・とまだオカンムリな飼い主をなんとかなだめて、宅急便で冬服やその他の荷物を舞浜へ送ります。
空港って、本当になんでもありますねぇ。

さっそくチェックインして身軽になろう!と思ったけど、私達の使うツアー会社のカウンターが13時半にならないと開かないことがわかり、スーツケース引っ張り
香港旅行の時は朝から何も食べない状態でご飯にありついたのが15時過ぎだったけど、今回は12時半なのでなんとか持ちこたえます。
前回と同じく、とんかつ和幸でネギトロ丼を食べるのを楽しみにしてたのですが、あれは限定メニューだったのか?なくなっていました。
なのでちょっと他のお店もあたってみたものの、結局やっぱり和幸へ。


IMG_6650和幸でっかいカツ丼
飼い主注文、でかカツ丼。
新潟はタレカツ丼が定番だけど、私はやっぱりこの玉子や野菜が乗ったカツ丼が好きです。
でも私の新潟愛も本物です。


IMG_6649和幸ミックスフライ
私注文、左から梅入り2つ・エビフライ・チーズフライ。
梅とかチーズ、大好きです。
和幸らしい高レベルな味、

私達の隣に、空港で働くお姉さん達4人(確かディオール)達が座ったところ、店員さんが持ってきたメニュー表に
「スタッフメニュー」なるものが見えました。
ちょっと好奇心。

13時20分、お腹満足してもう一度チェックインカウンターに行くと、10分前だけどチェックイン可能、しかもツアー専用カウンターなのかまったく並ばずに手続きできてラッキー。

身軽になり、さぁ恒例のラウンジへ!
ゴールドカードを持っているので無料で入れるのですが、ここで問題発生!
ラウンジは階の端と端に2つあり、それぞれ持っているカードによって入れる場所が決まってしまうとのこと。
もちろんお金出せばどちらでも可能ですが、そこまでセレブではないので・・・
そして私と飼い主が持っているカードの種類が違うので別々の部屋になるかもしれない。
まぁ、いつもくっついていたいラブラブバカップル!でもないので、遠いし不便だけど仕方ないねぇと話していましたが、結果的には飼い主が持っていたもう一枚のゴールドカードで一緒のラウンジに入れました。


ラウンジも空港によって個性があり楽しいです。
IMG_6654成田ラウンジドリンク
こうして缶ごとおいてあり、自由に飲み放題!なんて太っ腹!
新潟空港のラウンジは紙コップに注ぐ方式なので、この豪快さに大感激です。
飛行機乗るから水分控えようと思いつつ、ビックル2本以上飲んでしまいました。
立ち上がり、腰に手を当てて飲む私のバカ映像がビデオ撮影されていました・・・


IMG_6655成田ラウンジドリンク2
こうして缶以外でも、ホットも飲めるようになっています。
名古屋セントレアには生ビールがありましたが、ここにはなかったです。


IMG_6656成田ラウンジ
ラウンジに個性あり。
雑誌、新聞は週刊誌やAERA、ビジネス雑誌が定番ですね。
ここにはオレンジページもありました。
やっぱりラウンジ使用者はビジネスマンが多いのかな?
ファッション雑誌もあれば嬉しいけれど・・・
PC持ちこんでネットも使えるみたいです。

ラウンジは居心地がよく、1時間10分ほどのんびり過ごしました。
時間つぶしって感じじゃなく、くつろげる空間って感じです。

14時半、ラウンジ出て出国。
新型インフルエンザについての警戒も特になく、通常の手続きでした。
空港っていろんな機能があって、どれだけ早く来ても飽きませんね。
いつもあっという間。

15時、搭乗開始!
IMG_6660成田搭乗待合室P
待合室。
写真に私が写りこんでたので、P印で消しました。
ピースなんかしてますが、ここに来てまだ実感のない私。


IMG_6661エアバス330
飛行機は香港に行った時と同じ、キャセイパシフィック。
飼い主はいつも待合室から飛行機をドアップで克明にビデオ撮影し、
「これが墜落する飛行機の最後の映像です」
とロクでもないナレーションを入れます(怒)
しかしながら、帰国後にビデオを見ると、失礼ながら飼い主がズームインしてとらえた操縦席に座っているパイロットがニヤニヤしていてとても頼りない・・・
乗る前に見なくてよかった。

15時搭乗開始、1520だっけっかな?離陸!
時差は1時間。ってことは今15時半だから、台湾は14時半ですね。
ここからは台湾時間で書いていきます。

飛行機に乗ってようやく旅行実感がわきました。
いつも楽しみにしているテレビ番組ですが、英語か中国語の放送だし、日本モノ・韓国モノにも興味のわく番組がなくて残念。
なので、お気に入りの今どこをどのくらいのスピードで飛んでいるかがわかるチャンネルを付けながら「地球の歩き方」で台湾予習!

で、さっきでかいカツ丼食べたばかりでしたがさっそく機内食。
キャセイパシフィックなので、CAさんは日本人ではなく、英語で注文です。
って言っても「ポークorチキン?」とか「なんとかかんとかティー?」って聞いてくれるだけなので、私でもとりあえず注文はできます・・・が、超超カタカナ英語。


IMG_6666機内食
機内食。


IMG_6667機内食チキン
こちらチキン。


IMG_6668機内食ポーク
こちらポーク。

自分の香港旅行記事と見比べながら記事を書いていますが、香港の時にはあった副菜がこちらにはありませんね・・・
機内食が出るから、昼食は控えめにしなくてはというのも今回学びました。って、この段階で気づいたので手遅れ気味
まぁ、それを差し引いても正直味は微妙でした(ごめんなさい!)
激マズってほどのことはないのですが、まぁこんな感じかなっていうか。

食事が終わると、すぐに入国カードを書き始めました。
あれは意外と面倒なので、配られたらすぐに書くことにしています。
住所や名前はともかく、パスポートナンバーやホテル連絡先は見ないと分からないからね。
張り切って書いている私を、何故か笑いをこらえながらアップでビデオ撮影する飼い主。
よくよく見返すと、職業欄に「office woeker」と書いていました
オ、オェクォー・・・?読めない・・・
これでも私は英語科高校卒業、英検2級です・・・すべて高校時代で止まった、というかむしろ対価した、過去の栄光です・・・


IMG_6676空からの眺め
香港に行く時は行きも帰りも真ん中席でしたが、今回は両方窓際が取れてラッキー!
飛行機からの眺め大好きです。
あと、多分生まれて初めて飛行機内トイレに入りました。

香港に行った時は途中で飽きてしまった飛行機ですが、今回は香港より短かったためか飽きることなく無事台湾到着!
ずーっと実感ないない騒いでましたが、実際来てみるとやはり大興奮!!!
台湾時間で18時10分。18時半前、飛行機から降ります。
早く降りても荷物を取るまではどちらにしろ出れないのでゆっくり降りる。
予定より早く着いちゃいました。
香港の時は到着の時点で22時回っていて、その日は現地料理にありつけませんでしたが、今日は晩ご飯食べられそう!


IMG_6678台湾桃園国際空港着
初めての台湾!
この興奮が海外旅行ですよ。
実は海外旅行の方が私はある種安心するところがありまして。
海外だと、もうすべてが日本と違うって最初から覚悟してるから色々あっても当然だよねって思えるけど、同じ日本だと意外なところで文化が大きく違ってびっくりするところがある。
どちらが上、下ってことじゃなくて、単に「違う」ってだけだけど、その違いが楽しめるのが外国、驚いちゃうのが日本って感じかな。

で、台湾は飼い主によると「すごく日本に近くて親しみがわく国」とのこと。
漢字だらけで読めないけど意味がわかる不思議さは香港行った時と同じ、だけど香港より自分の解析度が高かったような気がするのは、台湾の方がより日本に近い漢字だからかな?

今回はツアーなので、お迎えがあります。
出ると「○○さん、△△さん(飼い主と私の苗字)」とおじいさんに呼びかけられ、すぐに会えました。
鼻毛がたっぷり出てるけど、ニコニコした優しそうなガイドさん。
日本語もすっごく流暢です。


IMG_6679台湾桃園国際空港出口
初めて台湾の外の空気吸いましたー!
「今日は寒いよ、台湾人にとっては寒い」とおっしゃってましたが、確かに半袖では無理な感じです。
ふわっとあったかい感じはするけどね。
気温17度くらいだったかな、もちろん初冬の新潟から比べると寒さは緩んでいるけれど、台湾ってもっとぽかぽかなイメージを抱いていたので意外。
羽織り物の長袖も着ていたけれど、これはあくまで「冷房対策」なつもりだったので。
もし長袖がなければ大変だったと思います。

雨の多いと言われる台湾ですが、滞在中はとても幸いなことに雨に悩まされることはありませんでした。
でもぽかぽかな気温ってことはなく、ずっと長袖でしたね。
少しだけ肌寒い時もありました。
どーも私の場合、以前の香港旅行がベースになっているところがあるので台湾も香港も同じ感覚だったみたいです。
香港の方が南だもんねぇ。


IMG_6682送迎車はボルボ
香港旅行は送迎がもう少し大人数で、ガイドさん合流後も待ちましたが、今回のホテル送りは私達一組だけですぐに車に乗れました。
18時50分、乗車。ボルボです。
台湾は日本車がたくさん走っていると飼い主に聞いていましたが、本当にたくさん!


IMG_6681送迎車の中
車内。
ハラボジなガイドさんは今日この送りだけが最初で最後の出会い、明日からは他のガイドさんが案内だとか。
一期一会、ちょっと寂しい。
でも相当ベテランらしく、「もし明日からのガイドに何か問題があったらこの携帯にかけて教えてくださいね」って言われました。
明後日のツアーは8人、そして明日は2人だけと知りびっくり!
渡されたスケジュール表には「夜来香」って中国歌の歌詞が載ってました。
この歌知ってる、大好きな韓国映画「ダンサーの純情」で歌ってた、ってか手元にあるマイiPodにOST入ってる!と内心興奮。
いろんなところで繋がるものだねぇ。

高級車だし、台湾は交通マナーが良いので乗り心地よい。
香港の時は窓から見える景色がピカピカキラキラしてて「香港だー!」って感じだったけど、
台湾はなんだか穏やかに見えます。


IMG_6706コスモス飯店車寄せ
20時、ホテル到着!
香港ではホテルには「酒店」って漢字でしたが、ここは「飯店」。
でも台湾の街中でも「酒店」見たし、具体的な違い、ってか違いがあるのかどうかも私にはわかりません。
多分調べてもわからないし、間違ったことを書くと大変なので調べません(笑)
「私が目にしたのはこうでした」レベルでしか記事書けませんが、それが私の強みであり弱みであるかと・・・
そもそも香港と台湾で使われている言葉も違うかもしれないし。
台湾は日本よりも国土狭いですが多言語国家です。これは後々の記事で書くと思います。


IMG_6707コスモス飯店入り口
常にドアマンさんがいらっしゃってセレブになった気分!
香港ではわりと庶民的なホテルでしたが、ここは高級な感じですねぇ。

ちなみに今回のツアー、4泊5日・送迎付き・ツアー2日(食事もあり)、ホテルと航空券がついてそれで約5万と、どこをどう割りふればそれでOKなの!?的な値段です。
で、+5千円ほどでホテルアップグレードできるとのことでアップグレードしたそうです。
(すべて飼い主に丸投げだったので、この話は現地で聞きました)

貧乏性なので、アップグレードとはなんて恐れ多い・・・と思ったものの、アップグレードのメリットはホテルランクだけでなく立地にもメリットありました。


IMG_6698ホテル周辺
ホテルの周りは繁華街。
マックもファミマもセブンイレブンもたくさんあります。
ファミマは漢字で「全家」でした。


IMG_6696夜の台北駅
最大のメリットは、目の前が台北駅だということ!
移動の時間と値段、手間を考えれば、アップグレードの方がオトクですね。
しかもアップグレードだとホテルの指定も可能。
チェックインの説明までガイドさんが行ってくださり、ここでお別れ。寂しい。

さて、1110号室。入室です。
IMG_6684コスモス飯店2
小ぎれいでさっぱりとした感じ。好印象!
私達の場合、ダブルベッドだと掛け布団戦争や領地争い、イビキ攻撃といった醜い争いが起きるのでツインが必須です・・・


IMG_6687コスモス飯店3
お水の用意もあり、くつろぎ度もばっちり。
中にいると台湾にいる感じがしません。


IMG_6683コスモス飯店1
アメニティも充実していますが、例によって書いてある日本語はめちゃくちゃでした(笑)


IMG_6691コスモス飯店5
この造り、全体的にいつも泊まる舞浜・東急にそっくりです。
実際、この旅の後にTDR行ったけど、造りがうりふたつで大爆笑でした。


IMG_6690コスモス飯店4
お風呂もお湯がちゃんと出て快適でした。

部屋で少しだけ休憩し、さぁさぁ小籠包だ出かけるぞ!
私は大好きな小籠包のためだけに台湾に来ましたからっ。

しかしガイドブックによるとお店は21時とかには閉まってしまうらしい・・・
場所もよくわからないし、ここは手堅く今夜のところはホテルで食べましょうか。
しかーし、言葉が通じず理由は分からないけれど、ホテルの小籠包に行ったところ、ちょっと離れたところにあるデザート屋さんに席を作られました・・・
小籠包屋はガラガラだったのに何故だろう。翌日結婚式してたからその準備か?といまだに真相は謎です。
場所自体はどこでも構いませんが、お店にむんむんと溢れるカスタードの香りの中で小籠包か・・・と若干テンション下がるもののなんとか頑張る。


IMG_6692コスモス飯店飲茶レストラン
会いたかったよ小籠包!!
レンゲに乗せ、箸で穴を開けると溢れ出る肉汁!
もう何個でも食べれちゃいます。

この他、私が大好物の大根餅も注文。
これも美味でしたー☆

味は文句なしだったけど場所や雰囲気的にちょっと消化不良感は否めないものの、さっそく台湾料理食べれたことに満足。
ついでにここでもうひとつの台湾名物タピオカミルクティーを購入し、21時、夜の街に繰り出します。

IMG_6693コスモス飯店タピオカミルクティー
タピオカの量が半端ないんです!
甘くて濃くてまろやかで最高。
滞在中、いろんなお店でタピオカミルクティーを飲みまくりました。
このホテルのが一番高くて、70元だか75元だかでした。日本円で250円くらい?
他では50元とか、あとキャンペーン中で35元っていうのもありました。日本円で100円ちょっとですか!?


20100104112647.jpg
ちなみに、こちらは旅行後に「イオン新潟南ショッピングセンター」でネタ的に買ってみたタピオカミルクティー、370円。高い~
御丁寧に「台湾」の文字があります。
単体で飲めば美味しいんだけど、タピオカもミルクティーも量が全然少なく・・・
本場の味と比べるために買うなんてイジワルなことをしちゃいましたが、やっぱり餅は餅屋だなぁと実感しちゃいました。


IMG_6697夜のコスモス飯店
マイホテル。上にある「結婚」の漢字なんてそのまま!


IMG_6699ホテル周辺佐野ラーメン
面白くって撮ってしまった「佐野ラーメン」
入ってないけど・・・・

台湾の街は空気が穏やかで、なんだか外国にいる感じがしない。
街行く女の子の服装も超オシャレでセンスがよく、しかも可愛いんです。
一発で気にいっちゃいましたよこの国。


IMG_6704温州大饂飩
小腹がすいたままなので、目についた麺のお店(多分)に入りました。


IMG_6703右から6番目
メニューはこんな感じ。壁の上に掲げられています。
ここに限らず、台湾は屋台でさえもこうして値段が明確なのでとても安心。
わかるようなわからないような、やっぱりわからないような感じ。
ガイドブックに乗ってる感じも参考に、最後は賭けで注文です。
注文方法は・・・読めない話せないので、メニューの下に行って背伸びして指さし、後は指で個数注文です!
メニュー読めないことは別にしてもとてもスマートとはいえない注文方法ですが、でもこれで頼めるからね。
韓国では読める・話せるので普通に注文するし、韓国語話せるっていう中途半端な自信・プライドが時に泥臭いやり方をできなくするのですが、こんなサバイバルでも進めるんだって経験もいいものです。
ちなみに「湯麺類」の一番右を注文。
虫編の漢字、多分エビを意味するみたい。


IMG_6700温州大饂飩ワンタンメン
こちらがそのエビワンタン麺。


IMG_6702右から4番目
IMG_6701温州大饂飩胡麻饂飩
右から4番目の「香芝麻醤麺」を私が注文。
辛いものが食べたくて、マーボー豆腐のタレを想像して注文しましたが違いました~
もちろんおいしかったですよ。このお店入ってよかった。
「饂飩」はウドンらしいと気付いたのはお店出てからでした。

22時、ホテル戻る。
心配してた時差ボケもなくて一安心。って、1時間ですからね
でも時差ってやっぱり変な感じです。

明日はツアー。憧れのデイタイフォンで本場の小籠包です。って、そればっかかよ。
おやすみなさい~
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。