-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-25 06:31 | カテゴリ:2009なつinかんこく
燻製たまご@ノポドンバスターミナル
ノポドンバスターミナルで買った燻製たまご。
飼い主が卵を買うのは、私のおでこで割るのが楽しいからです(怒)
でもこの時も何度も試された(←敬語でなく受け身の「れ」です)けど割れなかったんだよね
これ脳天に響くんだよ!


慶州行きバス乗り場2
ノポドンバスターミナル、広いなぁ。


慶州行きバス
高速バス
慶州までは4000ウォンで1時間10分。
15:20、出発です。

前回のバスで車酔いして大失態を犯したうえ、今は胃にトンネパジョンが入ってます。
また大失態アゲインすれば、ふるふるファンタどころでない大惨事を引き起こすのは確実。
でも大丈夫、私は強い味方をゲットしたから!


ゲロ止め
酔い止め薬~。1本1000ウォン。安!
ノポドンバスターミナルにある薬局で買いましたよ。
車酔いを「멀미(モルミ)」っていうのは知ってたんで、「멀미 나지 않는 약이 있어요? (車酔いが起きない薬ありますか?)」と言って出してもらいました。
っていうかバスターミナルだから買う人が多いのか、カウンターに大量に置いてありました。

韓国の街を歩くと、薬局がめちゃくちゃ多いです
日本でいうドラックストアは見かけないかな。

薬局はカウンターの後ろにずらーっと薬があって、ドラックストアみたいに自分で棚から選ぶことはできず、値段も書いてない。
薬局のお世話になったのは2回目かな。
1回目が、数年前に済州島でひどい風邪をひいた時。
外国の薬は強いっていうからあんまりお世話にはなりたくないけど、背に腹をかえられず購入しました。
ボラれるような値段言われたらどうしよう、って思ってたけどこの時も錠剤が10粒だか20粒入って2500ウォンと激安。そして信じられないくらいよく効きました。

この1000ウォンの酔い止めがめっちゃくちゃよく効いて、バスの旅がめちゃくちゃ快適に様変わり
こんなことなら最初から買って飲んどきゃよかった。
そしたらムリヤリ寝て景色が見られないなんてこともなかったし、気持ち悪さに耐えることもないし。
この後も2回薬局で酔い止め薬を購入しました。
全部種類は違って、そしてどれも激安!
救世主です、ホントに。


慶州バスターミナル
16:10、慶州着。
バスターミナルも釜山と同じく広いですねぇ。
慶州は2回目です。日本でいうと京都みたいな街なのかな。

慶州では天気に恵まれ、ずっと晴れの天気が続きました。
さて、まずは今日の宿泊地を決めます。

恒例のモテル探しをしますが、1件目に見たところは1泊6万ウォン。
日本基準だと安いけど、この旅行で1泊3万ウォン~4万ウォンの値段設定に慣れきっている私達にはちょっと抵抗が

そして慶州到着して20分後、3件目のモテルで、この旅最大のモテルに出会いました。
慶州モテル1
シュェルブルモテル。
外見こそ普通のマンションみたいだけど・・・


慶州モテル2
「モテルの中の映画館」
晋州でも設備されていた「映画オンデマンド」があるみたい。


慶州モテル3
フロントの張り紙には5万ウォンとか6万ウォンって書いてあるので高いなぁと思っていると、フロントのお姉さんに「4万ウォンです」と言われる。
ここに値段書いてますけど・・・というと、「ナントカカントカで(聞き取れなかった)、ディスカウントです」とのこと。
4万ウォンならここにしようかな、でも一応部屋を見ようと305号室の鍵を受け取って部屋に入ると、中は

まるで高級ホテルびっくり

もう2人で驚いて大興奮して即決。
私が下に降りて正式に会計。本当に4万ウォンでした。
おまけにアメニティまでもらった。


慶州モテル4
ベットの横にはテーブル。部屋は超広い。


慶州モテル5
左はPC。右のテーブルの上にはタオル完備。


慶州モテル6
タオルはきちんと紙が巻かれている他、アカスリタオルまで!


慶州モテル7
この光景、4万ウォンとは信じられない。鼻血でそう。
もちろんこれだけではありません。


慶州モテル8
トイレとお風呂は仕切りで区切られています。


慶州モテル9
そしてお風呂は3人くらいは一緒に入れるんじゃない?ってくらい広ーい。
アメニティにはバブルにできる入浴剤があったので、泡泡にして入浴しました。


慶州モテル10
ベットの前には薄型の液晶テレビ。
ティファールも完備、そして緑茶ティーバックとコーヒースティックもありました。


慶州モテル11
アメニティも豪華。
普通は歯ブラシくらいしか常備されません、こんなのもらったの初めて。
しかも何度もいうけど一部屋4万ウォンのモテルですよー。


慶州モテル12
ガウンまで完備です。もう、これは夢ですか?
ところでこの「쉘브르」って、「シュエルブル」って読むんですよね?英語??
「쉘」が読めずに困惑しました。
読めない(今でも微妙に読めてない)ハングルに出会うなんで久しぶりでビビった


慶州モテル13
冷蔵庫に入ってたサービスドリンク。この他にも新品の水まで!

今思い返しても、このモテルは本当にすごかった。
この広さ、この設備、日本だと一人1万円以上です。
それが4万ウォン、カード請求がきたので正確な値段は3031円!!!!!
一人1515円でこの部屋に泊まってます、考えられない~。
なんでディズカウントだったんだろう、まさか閉館間近だからってことはないよね!?

モテルだけで一記事書いちゃいました。
すごすぎて外出したくなくなってきたくらいだけど(爆)、慶州の街に繰り出します。
続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。