-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-22 06:34 | カテゴリ:2009なつinかんこく
13:45、晋州行きバスに乗る。
飼い主がトイレに行ってる間に「あ、45分に晋州のバスあるなぁ、でも間に合わないだろうし次の25分後のに乗るのかな」ってボーっとしてて、戻ってきた飼い主に
「13:45のバスあるけど次のでいいよね~」
って言うと、乗れるなら乗る!っと慌てて走る
出発しかけてたバスを必死に止めました

飼い主には内緒にしてたけど、この「南海~晋州」間のバスの中、心はユギョン役@ファンカでした。
第5話で、ユギョンとチョルスが南海から晋州に行くので。
飼い主にはチョルス役の名誉を心の中で与えてました。
あ、また飼い主に石投げられる・・・逃げよっと

14:50、再び戻ってきました晋州。
晋州バスターミナル内1
バスターミナルも広くて綺麗。


晋州バスターミナル内2
どうして同じような売店がたくさん並んでるんだろう??

晋州は晴れ
今回の旅、晴れの方が少なかったな~。

次は事前の計画にはなかった、もうひとつの晋州名物を食べに行きます。
実はこの食べ物が晋州名物って知らなかった飼い主。
昨日の夜に私が飼い主に教え、ネットで調べて急遽行くことに。
ちなみには私はコリアンフードライターの八田靖史さんの連載記事で知りました。

歩いてお店に向かいます。
晋州エンジン職人
職人大好き飼い主のツボを突いたらしい、このお店。


晋州エンジン職人2
ハラボジが黙々とエンジンを作っています。

晋州はこういう機械を作るのでも有名なのか・・・は分からないけど、道端には耕運機もありました。
クボタ中古耕運機動力部
年季入ってるなぁ。
うっすらとカタカナが見えます


耕運機動力部を流用した機械
・・・何。

名物を食べに向かう途中、こちらも飼い主の目をひく屋台がひとつ。
晋州屋台1
屋台好きの飼い主。
韓国ではこういう屋台をよく目にします。


晋州屋台2
向かって左側のアジュンマに「可愛い」って言われたから、このアジュンマいいひと。(こりゃ飼い主に岩投げられるな・・・)


晋州屋台ディギム
上のえび天ぷらと、あと写真に写ってないけどホットドック買いました。
えび300ウォン(30円以下!)ホットドックは500ウォン(50円以下!)と激安。
もうけはあるのか、余計な心配しちゃいます。

目指すお店は西部市場の中にあるので、道行く人に西部市場の場所を聞く。
ちなみに晋州ビビンバは中央市場の中にありますが、なぜか東部市場はないみたい。


西部市場1
夏野菜がいっぱい。
市場とパラソルってよく見る組み合わせ。


西部市場2
この時期に生もの・・・大丈夫なのでしょうか・・・


西部市場花札アジュンマ
アジュンマが道端で花札やってます!
花札といえば、なんといってもやっぱり「ファンカ」思い出しますね。
韓国人にとって身近なんでしょうね、花札。
ちなみに、公園では囲碁をやってるアジョッシもよくみかけます。
そのアジョッシの周りを他のアジョッシが取り囲み、勝負の行方を真剣に見てるのがポイント。
この日本ではあまり見ない光景が好きです。

さて15時半、お目当てのお店に到着しました!
晋州冷麺1
ネンミョン、と書いてあります。
これは冷麺のお店。


晋州冷麺2
晋州は冷麺も有名なのです。
ソウルで見かける冷麺とは違う特徴があるとの情報を得て、わくわくしながらお店に入る。


晋州冷麺店内
店内。
中途半端な時間にも関わらず、けっこう人が入れ替わり立ち替わりきてました。


晋州冷麺メニュー
メニュー。
晋州ビビンバの文字も見えますが、ここは冷麺屋さんなので冷麺を注文。


晋州冷麺バンチャン
パンチャン。
冷麺のパンチャンはキムチが主流ですが、白菜じゃないキムチっていうのが新しい。

待つこと数分、待ちに待った冷麺到着
晋州冷麺3
見た目からしてソウルの冷麺とは趣が異なる。
晋州冷麺の特徴は、煮干、アサリ、ムール貝に、タコ、干しダラなどの海鮮系からダシをとるスープと牛肉入りの玉子焼が乗っているところ。
この玉子焼きからも肉の味がスープに溶け込んで見事な調和を生み出す。
すごく手間をかけられたスープはさっぱりしてるのに複雑な妙味、麺とも最高に馴染んで口の中で混ざり合い、華やかで美味!

そして白い細切りの具は大根と思ったら梨でした♪
この時期なのに甘ーい甘ーい梨で大満足。

具だくさんで、普通の冷麺よりもかなりボリュームを感じます。
そして器も大きい!
「小」と「大」があって小を頼んだにも関わらずこの大きさ、これが大だったらどんなボウルでくるんだろう・・・
そしてこの豪華さで6000ウォンという値段にもまた驚き。
普段食べてる冷麺とは一味も二味も違う冷麺、これはまた絶対食べたいアップロードファイル
「食は全羅道にあり」「うまいものを食べたければ全羅道に行け」って言われるけれど、そしてそれは決して間違いでなくその通りだけど、慶尚道にもうまいものありです

お会計の時はレジにいた晋州冷麺の元祖なハルモニ(多分)と一緒に写真を撮り、大満足なお腹を抱えてお店を後にする。
晋州冷麺ハルモニ
この人。そのまんまこのお顔でした。

ちなみにこの時の時刻は16時過ぎ。
問題:この晋州冷麺は昼食?夕食?
答え:おやつ。


晴れてきたので、ぷらぷらしながらモテルに戻ります。
韓国の街を歩いている幸せ

飼い主が何かの建物を見ながらしみじみと
「ハングル文字ってふざけてるよなぁ」

最初に見ると確かに記号にしか見えないけど、今は文字も読める飼い主がいきなり何を言い出すんだろう?
と思ってそっちの建物に目を移すと、そこには

「삼성생명」

字を大きくしてみます。

삼성생명

ぶっうーむ
確かに言われてみると、この組み合わせで突き付けられちゃうと、なんか妙に揃ってるようで揃ってないところが笑えてくるかも!
ちなみにこれ、「サムスン(三星)生命」っていう大会社なんですけどね。
私はもうハングル文字は文字にしか見えなくて意味をとりながら読んじゃうんで、こういう記号らしい面白さに目を向けることが逆にできなくなってる。
外国人が漢字にデザイン性を感じるように、たまには文字自体の面白さを感じ取るのもいいかもしれないな。


今日も元気だ晋州城正門
右下に写ってる観光案内所へ立ち寄る。
中にいた可愛い女の子、日本語上手。
前日まで福岡に旅していたとか。
新潟から来ました、って言ったら上の方にある県ですね、って返事が返ってきて嬉しかった。
私も韓国地理勉強しよう
・・・その前に日本地理を把握するのが先かも。

16:20、Eマートに立ち寄ったり、16:45、ロッテシネマという映画館に行ってみたり。
買い物はせず立ち寄るだけでした。実は徒歩圏内にEマートがあるの知らなかった。
社員の若い方が超満面の、というか張り付いたような笑顔で直立不動して入口に立ってて、そして超お辞儀で挨拶してくるので逆にコワかったです・・・
最近こういうお店も増えてきたけど、やりすぎです・・・


晋州ロッテリア
やっと夏らしい日照りが出てきて暑くなってきた~と思ってたら、ロッテリアにソフトクリームの写真が書かれていてふらふらと入店。
「ソプトコン ジュセヨ」で一発で通じました。
外来語にはニガテ意識があるので嬉しかった。


晋州ロッテリアソフトクリーム
ソプトコン
ちょいミニだけど、これで500ウォンは安い

17:25、いったんモテルに到着。
ここから19:50までしばしの休憩タイムです。
何をしていたかというと・・・続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。