-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-17 06:02 | カテゴリ:2009なつinかんこく
晋州に再訪した大きな目的のひとつは、ここ晋州でしか味わえない、晋州ユッケビビンバを食べることでした
去年の味が忘れられなかったの。
そして去年に引き続き今年も敢行、ビビンバのハシゴ!
去年:ハシゴ予定じゃなかったけど結局ハシゴ、食べた順番は「제일식당(第一食堂、チェイルシクタン)→전황삭당(天鳳食堂、チョナンシクタン)」
今年:最初からハシゴする気満々、順番は「チョナンシクタン→チェイルシクタン」
どちらが自分の好みかを食べ比べて知ってみたい。


晋州城からシクタンまでは徒歩で向かいます。
晋州市内農機具屋
農家な飼い主の目をひいた農機具屋。
道端にあった農機具に「クボタ」のシールが貼られてたりしてびっくり。カタカナです!
クボタのお店もあったらしい。飼い主が発見してた。


晋州中央市場2009
一軒目のお店は市場を通って向かいます。
ちなみに二軒目は市場の中にあり。


晋州中央市場2009 2
ジュースに服に貝類に、ごった煮状態。


晋州中央市場2009 3
気候が似てるから、野菜もなじみがあるものを多く目にするのかも。

去年は迷わずたどり着いたチョナンシクタンですが、今年は少し地図見たりする。
まぁ、私はまったく地理を把握できないので飼い主に一任(丸投げともいう)。

18:48、チョナン(チョンファン)シクタン到着です。
2009チョナン1
ビビンバひとすじ!の歴史を感じる店構え。


2009チョナン2
看板。
ところで、上についてる女の子。
どうも晋州のキャラクターらしく、名前は「논개(ノンゲ)」。
去年は見かけなかったのに、今年はいたるところで見かけまくりました。

ノンゲについて調べると、ただノンキに「可愛い」って言ってられない歴史があるようで。
朱論介(주 논개):秀吉の朝鮮侵略で晋州城が陥落した際、日本の武将を道連れに川に身を投げたキーセン

・・・まさか田吾作のお相手も、私達が勝手に付けた名前「芋子」でなくてこのノンゲで、田吾作は・・・

せめて私達の中だけでも「ラブラブ田吾作&芋子」にさせてください


2009チョナン3
店内。
このテーブルとか椅子が、雑誌「クウネル」愛読者にはたまらないんだ、というのは飼い主。
私はそういう上質な本を読んでいないので感覚的には分かりませんが、そういうものらしい。


2009チョナン4
奥でビビンバ作っています。


2009チョナン5
窓の感じも歴史を称えています。


2009チョナン6
やかんで運ばれてくるお水も雰囲気にぴったり。
このお店は以前「スッカラ」という雑誌にも載っていました。


待つこと数分、ビビンバ登場!
2009チョナン7
ひとつひとつの食材が丁寧に手を込められているのがわかります。
スッカラで材料の仕込みからの過程を読んでいたから、ますます感慨深い。
スプーン入れるとふわふわっていう感触が手に伝わってくる。芸術です、このビビンバは!


2009チョナン8
右下はソンジ(牛の血を固めたもの)が入ったスープ。
ピリ辛でビビンバとよく合います。
パンチャンは少なめだけどビビンバが主役なので物足りなさ感はありません。
優しい味で一口一口がとろける。
大満足です。
6000ウォン。

晋州ビビンバは量が少なめなのであっという間に食べ終わっちゃう。
滞在時間20分、19:10にチョナンシクタン発。
スッカラに載ってたお店のアジュンマとお店の外で一緒に写真撮って大満足。

さて、最初からハシゴ満々の私達。
ビビンバ当然完食しても、胃にはまだまだ余裕ありまっせ。

次に行くのは市場の中にあるチェイルシクタン。
少し探したけれど、さっきのお店出てからわずか10分後。


2009チェイル1
看板発見!
去年もこの緑色見つけたらホッとしたと同時にワクワクしたな~。


2009チェイル2
こちらがお店。
まさに市場の中にあります。


2009チェイル3
店内。
ローカル感がいい感じ。
テレビでは「子供への英語教育について」みたいな番組やってました。

ビビンバ注文すると、日本人だと気付いたアジュンマが気を利かせて
「コチュジャンは別にして」って厨房に注文。
飼い主は乗せてほしかったみたいだけどそれをつたえる間もなく、あっという間にビビンバ登場。


2009チェイル4

ユッケ・コンナムル・オイ(きゅうり)と思ったらホバク(ズッキーニ)・肉そぼろ・ぜんまい・茹でチンゲン菜・岩海苔・味つきゆで大根。

ビビンバが運ばれてきてすぐ気付いたのが、ゴマ油の強烈にいい香り。
本に「注文してからゴマ油を絞るので風味豊か」って書いてあったけどまさにその通り!
元々ゴマ油大好きな私、こんなにいい香りはめったに嗅げません。
これは食欲倍増だわー。


2009チェイル5
真ん中がコチュジャン。
カクテギがないのは残念だけど、大好きな水キムチがあるのが高ポイント。
こちらも同じく6000ウォン。

こちらはユッケにもしっかり味がついていて、さっきのお店と比べてガッツリ系の味かな。
ユッケがさっきのお店より多いし♪
岩海苔の風味がビビンバの味をさらに盛り立てる。

同じく20分で食べ終わりお店を後にする。
さて、チョナン VS チェイル の行方は・・・

答え:ハシゴして両方食べる!

どっちもおいしくて順位つけられないっ。
ってかどちらかひとつだけ食べて満足はできない。
一口にユッケビビンバと言っても奥が深いです。
チョナンは上品系、チェイルはガッツリ系かな。
全州ビビンバは量も多くパンチャンも大量なのでハシゴは無理だけど、晋州ビビンバなら可能です。
韓国、名物にうまいものありだわー。
これもお昼に食べた山菜料理と一緒でベスト3に入るかも。
この日の食事はレベル高いな

チェイルも同じく20分で食べ終わる。
さてこれから晋州の街を散歩します。
デザートも食べるよ。
続く

関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。