-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-15 06:56 | カテゴリ:2009なつinかんこく
7/14(火)

私は6:10に起きてシャワー、飼い主7時半起床。曇りです
支度しながらテレビつけると、「とまることできず」ってタイトルの朝ドラ始まる。
数分流し見してただけですが、これが日本の昼ドラ以上のドロドロっぷり
朝ドラがこってりっていうのは新鮮でした。

チェックアウトしようとすると、受付の奥でアジュンマが寝ている
何もなければ鍵置いて出てきていいけれど、昨日話した通り荷物預けたいしバスの発車時刻迫ってるしどうしよう・・・
結局大変申し訳ないながらも起こしちゃってチェックアウト。アジュンマミアネヨ

8:22、バスターミナル着。
ハラボジ(おじいさん)が切符売ってます
これから向かう華厳寺(화엄사,ファオムサ)から南原に戻ってくるバス時間聞いたら、
「出ていく時間だけわかるよ、来るのはわからない」
って言われる確かに・・・


華厳寺行きバス
華厳寺行きバス
8:35発。3700ウォンで所要時間はちょうど1時間。
華厳寺直行ではなく구례(クレ)も通ります。
後から入ってきたアジュンマに「구례 가는 거 맞아요?(クレに行くので合ってますか?)」って聞かれて反射的に「네,맞아요.(はい、合ってます)」って答える。
まぁなにげないやりとりですが韓国語話せるのが嬉しい。

バス出発。
「韓医院(한의원)」と言われる漢方医のお店がよく目につく気がする

それにしても南原はいいところだった
「再来年は淳昌と南原に再上陸しよう」と飼い主。
どうして再来年?それは来年の韓国旅行計画はもう立ってるかららしい

バスの中では、ずーっとさっきの求礼行くか聞いたアジュンマと運転手さんが大声でおしゃべりしている。
バックミラーでちらちらアジュンマの顔見ながら話すのであぶなっかしくてはらはら
バスのスピードが落ちてます~。上がるよりはいいけど。

外見てると、飼い主がふいに「ポドパッ」と。
なにごとかと思ったらブドウ畑がありました。
ブドウ畑=포도밭(ポドパッ)
飼い主が韓国語を覚えていくとますます私の出番がなくなるのでそろそろこのへんで・・・

途中、右にすぐ線路、左に川の道を通る。
私は全然気付かなかったけど、飼い主によるとバスでこのこ通るのは2回目とか?

09:45 バス着。
華厳寺は韓国で有名な智異山(チリサン)を代表するお寺。
観光案内所で帰りのバス時間を聞く。

華厳寺食堂街
ふもとの山菜料理の食堂街。
帰りここでご飯食べることを心の支えに山登り開始。


華厳寺山門
山門。
ここから延々と延びているこの坂道を歩いて寺に向かいます・・・


華厳寺山門アップ
漢字。
周りが色とりどりなのが韓国らしい。

山門くぐって、いざ登山開始。

華厳寺参道脇の渓流
右手側下に川はあるものの位置が遠いからいい風も吹いてこないし、延々と坂道を登るのは運動嫌いの身体にとって本当に苦しい
観光バスが横をすいすいあがってくのが憎たらしいっ。


華厳寺渓流
だけども雄大な眺めは価値あり。


華厳寺門
でもなんとか10時半、華厳寺門着。


華厳寺
門をくぐると、寺構えより先にポップな色のちょうちんに目がいきました。


華厳寺2
ずーっと延びてます。
どうやってつけたんだろう。

中にはよく見る四天王の姿も。
多聞天
多聞天。


増長天
増長天。


広目天
広目天。


一人だけイケメン持国天
一人だけイケメン、持国天。
ちょっとオイラのマブダチに似てる気がする。ね、飼い主。
マブダチの方はイケメンじゃないけどいい奴です。

・・・すみませんお寺方面の知識がなくて四天王がなんのことか説明できません
漢字のフィーリングでなんとなくわかるようなわからないような・・・


華厳寺有名な塔
有名な塔。らしい。
ちょっとネットで調べたけど詳細はわからず・・・


大雄殿
大雄殿。


華厳寺5
お寺については専門知識ゼロなうえに高尚な感じがして気のきいたコメントはひとつも書けないけれど、この景色とか雰囲気好きです。


1055 ファオムサ発。
登って来るのに苦労したけど、寺見学は30分で終了しちゃった。
華厳寺渓流2
これは登り方面から撮った写真だけど、この川の流れに乗ってダーッとふもとに降りられたらどんなにいいか


参道に生えてた毒キノコ
参道で見つけた毒キノコ。
いっかにも怪しげ~な、アニメの世界でしか見たことないような分っかりやすい鮮やかなオレンジ色に思わず大爆笑。
こんなキノコが自生しているんですねぇ。

11:25、ふもと着。
華厳寺食堂街2
食堂街の道路挟んで反対側歩いてるのに、一気に客引きのアジュンマがわらわら出てきてびっくり。
どこ選べばいいかわかんないけど、フィーリングでお店決定すきすき!


華厳寺入ったシクタン
チョンネシクタン。
山菜やどんぐりなど、山食堂ならではのメニューが踊ります。


華厳寺シクタンメニュー
メニュー。
山菜定食と山菜ビビンバを頼んだところ、山菜定食は二人前からでないと注文できないとのことのことで山菜定食注文します。


少し待つと、次々と次々と次々と運ばれてくるパンチャン。
華厳寺シクタンバンチャン
山菜好きの私にはたまらなく魅力的なパンチャンがテーブルを埋め尽くす
並べながら、お店のアジュンマが「定食はこうやってたくさんのパンチャンが出るから二人前からになるの」と話してくれる。
うん、確かに納得。


華厳寺テンジャンチゲ
よーく煮込まれたテンジャンチゲ。
ごはんに合うんだこれがアップロードファイル


華厳寺珍しいケランチム
ケランチム(韓国風茶碗蒸し)って、運ばれてくると「おーっ」って歓声あげちゃう。
全州の「家族会館」ってビビンバ専門店に出て来るケランチムが大好きなんだけど、これはまたそれとも一味違っていてどちらも美味。


華厳寺シクタン全部
全部並ぶとこんな感じ。
圧巻です。
追記:このボリュームで一人1万ウォン!
メニュー写真の「산채한정식(山菜韓定食)」です。
カード請求確認したら740円弱でした!!!


2日目に食べた民俗食堂と一見似ていますが、私はこの山菜定食にはるか高く上空を行くほど軍配をあげたい。
あ、もちろん個人的好みです♪

この山菜定食、9泊10日の韓国旅の中でベスト3にランクインするおいしさでした!
場合によっちゃあ1位でもいいかも・・・?

山の恵みが素材を生かす形で、でもお店ならではの味付けがされていて、どれに箸を伸ばしても舌鼓打っちゃって、もう最高。
アジュンマが「ご飯お代わりどうですか」って言ってくれるのでお言葉に甘えておかわりをする。追加料金なしっていうのがまた嬉しかったり。
私達の皿を見て、軽くびっくりしながら「よく食べますね」って言われました
大食いカップルですから

結構人里離れた場所にあるのに車で来る人も結構いて、常連さんっぽい雰囲気。
いや~やっぱり自然の恵みってやつは最高ですな。

ご飯食べ終わると、アジュンマが「コピ トゥシルレヨ?」とサービスで外の自販機でコーヒーまでくれました
いや~お腹も心も満腹です。

12:10、いったん食堂出てバス聞いてみるも時間が合わず、食堂アジュンマにタクシー呼んでもらい求礼(クレ)バスターミナルへ向かう。
これから大好きな都市へ再訪です。
続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。