-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-08 21:14 | カテゴリ:2009はるinかんこく
韓屋に戻り、中庭でアジュモニに写真を撮ってもらい部屋へ。
ポカポカオンドルが快適すぎます。

この「楽古齊」というゲストハウスは、ドラマや映画の撮影にもよく使われているそうです。
私たちが泊まった部屋は、キムギドク監督でオダギリジョーやイナヨン出演の映画「悲夢」を撮影。
撮影の時はベット運んだりして、部屋の雰囲気は違ったそうな。
イナヨン好きの飼い主は大喜び。
自分の泊まった部屋での撮影なら映画見てみたいけど、キムギドク監督は多分苦手なんでどうしようかな。。

で、明日はやっぱり全州に行くのはやめて、ギリギリまで楽古齊にいることにしました。
でもその他の具体的な予定は私には知らされず、ミステリーツアーです。
飼い主に予定を聞くと、いつも
「お前が知る必要はない!」(ソフトバンクのお父さん風)と一喝されます
私は行きたいところをピックアップして飼い主にリクエストだし、飼い主が計画をたててくれるのがいつものパターン。

当初は、
3/18(水) 楽古齊(予約済み)
3/19(木) 全州で適当に泊まるところ探す
3/20(金)21(土)ドロスホテル(ソウルナビのサイトで予約済み)
だったのですが、急遽ドロスホテルを予約することに。
どうやって?
・・・私が電話で予約します・・・
まぁ、ドロスホテルの人は日本語もできるんだけど、ここは勉強のため!と飼い主にカツを入れられ予約。
少しテンパったものの、値段聞いたり部屋のタイプ選んだり、電話番号言ったり、無事予約できました
電話している私を飼い主が撮影しているのですが、まーテンパリすぎです。
そして電話を切った後の得意気っぷりもアポ。
今回の旅で思ったのが、自分、数字の聞き取りが前よりできるようになってた
まぁ、5年以上も勉強してて、この程度で大喜びする自分もよく考えればムナシイ気もするが

予約してから5分後、部屋タイプの再確認のために携帯(ソフトバンクの海外でも使えるもの)が鳴りビックリ。
番号正確に伝えられていたのね私、と小躍り

電話と言えばすごく思い出深いのが、2005年12月の韓国地方旅行。留学終えて日本に帰るまでの期間利用して旅行したのでした。
済州島に行った時、雪で飛行機が飛ばなくなって島に閉じ込められた状態になって。
アシアナに何度も電話して飛行機の予約したり、いつ飛ぶか聞いたり。
すごく焦ったし大変だったけど、今思えばそのサバイバルっぷりがとてもとてもいい思い出になっています。
悲しいけれど、今同じことができることができるかと言われたら自信がなかったり

18時45分、食事できました~と声。
伝統家屋ならではの韓定食です♪

韓国2009-3 088 楽古齊キムサムスンの部屋
私たちが食事をしたこの部屋では、ドラマ「私の名前はキムサムスン」を撮影したそうな。


韓国2009-3 075 楽古齊夕食
見た目は地味だけど、ひとつひとつがどれも本当に美味しい。
全部がなんていうんだろ、すっっっごく手を込めて丁寧に繊細に作られているなって感じられて、ほっこりします。
わかめスープがなぜか生臭い海の匂いが濃かったのが印象的。
小皿の野菜が気に入り、翌朝も同じ野菜が出てきたのでおかわりできないか頼んでみたけどムリでした


韓国2009-3 076 楽古齊夕食カンジャンケジャン
カンジャンケジャン(蟹のしょうゆ漬け)
専門店で一度だけ食べたことありますが、これ高いんですよね。
これだけで3万ウォン~5万ウォンはするかと。
実はかなり好きだけど、めったなことでは食べられないカンジャンケジャン。
この楽古齊、宿泊料金は25万ウォン。
食事をつけなければ22万5千ウォンだとか。(記憶頼りだけど多分合ってる)
ケジャンはトロ~っとして甘くて美味


韓国2009-3 077 楽古齊夕食ジョン
ジョン。
牡蠣ジョンと普通のジョンがありました。


韓国2009-3 078 楽古齊夕食太刀魚
太刀魚。
なんでもないように見える魚だけど、これがふっくらして美味のなんのって
塩も普通の塩とは違う、いい塩を使っているのがわかります。
飼い主に至っては、今回の旅行でおいしかった料理のベスト3にこの魚が入ってます。
韓国伝統家屋に泊まっておいしい料理を食べて、なんて幸せ

お腹いっぱい心もいっぱいで食事終了。
19時半、近所の個人商店にポカリを買いに行きます。
ひやみこき(秋田弁でなまけものって感じの意味)な私は一秒でも長くオンドルにいたかったけど、でもいざ外に出たら気持ちよかった。


韓国2009-3 093 楽古齊庭夜
奥のところで、ソジソプ主演の映画「映画は映画だ」を撮影したそうな。


韓国2009-3 091 楽古齊庭夜
どこから見ても「THE韓屋」♪
高いからめったに泊まれないけれど、たまにはこういう贅沢もいいかな。
安月給OLなんで、普段節約節約です。


韓国2009-3 092 楽古齊庭夜
右に見えるのはチムジルバン(服を着て入る低温サウナ)。
宿泊者は無料体験できます。


韓国2009-3 095 楽古齊チンジルバン
サウナの中。
横になって15分もすると汗だくに。
この日は私たちも含めて2組のお客さんが宿泊、もう一組の方も日本人。
身体の芯からあったまって気持ちいい。
チムジルバンは留学当時から大好きで大好きで、テスト後とかに近所のチムジルバンによく通ってました。

そうそう、韓国ドラマでもよくこのチムジルバンのシーンは出てきますが、タオルを羊の頭みたいに巻いてるのを見ます。
「テレビでハングル講座」で巻き方やったそうですが見逃した。
あれやってみたいな、でも巻き方わからないなと思っていたら、楽古齊に置いてあったフリーペーパーに巻き方が載っていました。
思ったより簡単。
その名も「ヤンモリ(=羊頭)」。
これから新潟のどこかのスーパー銭湯とかで得意気にヤンモリしてる丸顔の女がいたら、それはきっと私です。

チムジルバンであったまった後は部屋でダラダラのんびり。
弘大でもらった、ホットペッパーみたいなクーポンを読んだり。

韓国2009-3 094 部屋の鍵
これ鍵!
えぇ、特別なものじゃなくてスプーンです、普通のスプーン。
妙に感動を覚えます。
生活の知恵、ここに見たり。

23時、ホントはまだまだ起きてたいけど眠くなってきた。
昨日は仕事していたなんて、今朝は日本にいたなんて、もう遠い世界に感じる。
嬉しい誤算で新潟よりあったかい韓国。
明日も楽しみにしながら眠りにつきます。
2日目に続く。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。