-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-25 18:00 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
飼い主と温泉旅行に行ってきました

「日本秘湯を守る会」の会員温泉宿へ宿泊するとスタンプがもらえ、
10軒泊まってスタンプが10個になると、スタンプ帳に捺印した中から
1軒、1泊無料で泊まれます。
私と飼い主はスタンプ集めていて、今回が8軒目の宿。

スタンプ帳には住所氏名などを書く欄があるのですが、私のスタンプ帳は
住所は秋田県、年齢23歳、職業アルバイトになっています。
現在の私は新潟に住み、25歳になり、もうすぐ正社員3年目。
時って経つんだなぁ。
(ってか直せよ自分!)

新潟~山形までは電車で。
きらきらうえつという観光列車。
HPには「ジョイフルトレイン」と書いてあります

20090124200813.jpg
パンフでは見たことあるけど、実際に見るとホントに派手な電車です。


20090124200816.jpg
中はゆったりとした作りになっていたり、展望デッキがあったり、普通の電車だと到着時のアナウンスは「まもなく○○、○○です」だけなのに、その前に地域紹介も加わったりと、楽しい電車でした


鶴岡に着き、向かったのはアルケッチャーノというイタリア料理店。
このお店大好き♪

20090124115743.jpg
すっごく久しぶりに来ました。
メニューの種類がものすごくたくさんでびっくり。


20090124115729.jpg
庄内牛のカルパッチョ。
肉の生臭さなんて全然なく、一瞬でたいらげてしまいました。


20090124115732.jpg
さよりのカルパッチョ。
こちらも刺身の風味がしっかりしていて美味♪


20090124115735.jpg
豚トロとキャベツのパスタ。
このキャベツがね、甘~~くて大感激。
旬のうまさが生きている!
どれもこれも全部おいしかった中で、一番印象に残っているのがキャベツの甘さです。


20090124115737.jpg
いいトマトを贅沢にふんだんに使ってるのがわかるお味。
地産地消って大事だなぁ。

20090124115739.jpg
ゴルゴンゾーラのリゾット。
パスタたいらげた後なのに、スルッと入っちゃいました。
クセのあるチーズって大好物♪


20090124115741.jpg
はい、まだ食べますから~
デザートの盛り合わせ。もちろんお店の手作りです。
最後までしっかり満足。

そして秘湯へ向かいます。
今回の秘湯は、湯どの庵
20090124115838.jpg

20090124115840.jpg
外見はすごく歴史を感じさせますが、一歩中に入るとすごく洋風な感じでびっくり。

20090124115842.jpg
お部屋。
温泉宿なのに(笑)、ベットなんです。
一口に秘湯といっても、部屋がランプひとつで日が暮れると真っ暗な宿から今回のようにモダンなところまで、色々です。
床暖房が付いていて、「オンドルだ!」と嬉しかったけど、あんまり暑くならなかったのが残念。

この宿は「石の湯」「檜(ひのき)の湯」と2種類あり、午後8時で男女入れ替え。
貸切風呂がないのは残念だけど、このお風呂は温度もちょうどよくて気持ちよかったです。

そして食事、今まで泊まった宿の中で一番かも、というくらい美味でした。
和洋折衷料理で、レストランみたいに一品ずつ出てきます。
写真撮り忘れたけど、「初孫」という純米酒を注文。
おいしいお酒でした!!!
また飲みたいな。

20090124115844.jpg
タラのすり身のお吸い物。
これ食べて美味しさに感動し、これは今後の食事に期待できる!!!と興奮。


20090124115846.jpg
お刺身の醤油が梅味という、一風かわった趣向が嬉しい。
お刺身はリンゴに置かれています。
このリンゴももちろん後で食べることができます。


20090124115848.jpg
ご飯のすすむ魚♪


20090124115851.jpg
左がお味噌汁、右はなんかの卵のプチプチ。
これがまたご飯がすすむんだ。


20090124115853.jpg
庄内牛のワイン煮。
おいしかったけど、ステーキの方が好みかな・・・?


20090124115855.jpg
最後のデザートまで、おいしい食事を堪能しました。
奥が水ようかん、手前がだだちゃ豆のアイスです。
水ようかんにラップかかってるのは、お腹いっぱいになって食べきれなかったため、部屋に運ぶことにしたからです。
今思い返してもここの食事は最高でした。
そして1品ずつ出てくることもあってか、19時に食べ始めた晩ご飯、食べ終わったら21時になってました!
2時間かけて食事を堪能、これも温泉旅館での贅沢な時間の使い方ですね。

そしてまたお風呂へ。
食べすぎでパンパンになったお腹を抱え、ゆっくりあったまる。
ひのき風呂も石風呂も、どちらも甲乙つけ難い良さでした。


休日の楽しみは朝寝坊・・・だけど、温泉旅館の朝食は早いのでそうも言ってられません(笑)
ま、朝風呂→朝ごはん→朝風呂→朝寝も至福なんだけどね。
温泉旅館の朝食って、夜の食事に比べると画一的な面がありますよね。
でもこの旅館、朝ごはんもおいしくてめっちゃ高ポイント
20090124120130.jpg
左下のサラダには、昨日の梅ドレッシングがかかっていて嬉しい。

朝寝をむさぼり、11時チェックアウト。
お昼もおいしいものを食べる予定だったので、少しでもお腹すかせるために旅館周りを散歩する。
旅館裏に神社がありました。
階段昇ったところにある神社で、階段・坂道苦手な私は昇降拒否したけど(神さまごめんなさい)、飼い主に引っ張られるようにあがる。
雪に包まれた神社、静かで厳粛な感じでよかったです。

さて、宿を出発し、向かうは江戸庄という村上牛専門店。

20090124120137.jpg
メニュー。
特撰村上牛しゃぶしゃぶ 1人前200g 12600円
もちろん手が出ません注文してませんっ。

20090124120134.jpg
一番上の、「村上牛お刺身丼1500円」と、ちょっと(かなり)奮発して「村上牛お刺身丼・上2500円」を注文。

20090124120141.jpg
こちらが並

20090124120139.jpg
こちらが上

店員さんが、「先に並を一口食べてから上を食べると違いがわかりますよ」といったので、その通りに食べてみる。
生肉がご飯の熱でとろーりとなって、かかっている甘いタレもまたよく合って、ほっぺが丼の上に落っこちて肉と勘違いして食べてしまわないか心配になるくらいのお味!
確かに上の方が高級な感じではありましたが、並も十分すぎるくらいっおいしかったです。

しかし、1食2500円で、安月給OLの感覚からすると超超セレブな気分になるのですが、
よく考えると1回飲み会に行くと3000円とか4000円とかかかりますよね。
しかもお酒も食事もそれほどでもないところも多々・・・それ考えると、しっかりおいしい食事を堪能する方が結果的にはいいのかも。
もちろん毎食毎食は食べれないけど
私、同期の仲間とか友達との飲み会は大好きだけど、会社の飲み会は極力ひっそり参加しなKY(死語)OLです
いや送別会みたいに人事が動くものには参加するけど、忘年会とか新年会とかはフェイドアウト派。
うちの部署は人数も多いので、一人欠けることによって周りに迷惑かけるわけでもないし・・・

そんなこんなで、いつものように食い道楽旅行記になってしまいました
最後はいつものクレープ屋さんでクレープ買いました♪
20090124120143.jpg

関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。