-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-27 10:53 | カテゴリ:日本映画関連
年明けを前に、下書き途中になってた記事を蔵出ししてきました。
12月はこれから毎日更新します!(って、あと5日だけど・・・)


以下、ネタバレバレです!!
映画『ハチミツとクローバー』にハマってカテゴリまで作ってしまった私。
で、原作漫画の『ハチミツとクローバー』全10巻読み終わりました@図書館。

感想としては、私は映画の方が断然好きです
原作の方が登場人物も多いしいろんなエピソードあるけど、映画は空気感とか色とか音楽とか、リアル感がありつつも美大生のためか独特の浮遊感もあって。
あと、個人的に、漫画はぶっとびすぎというのと、絵も好みじゃなかったのもあって・・・
以下、つらつらと。

あゆが映画の最後の方に言われてた『巨大な奈良漬』って、原作に出てきた言葉だったんですね。
シュチエーションは全然違うけど。

はぐちゃんの手の怪我エピソード、映画にはなかったのが良かった。
悲しいシーンって好きじゃないんで。

映画のラスト、はぐちゃんの「ありがと」にバーッと音楽がかかってワーッとエンディングに向かうところが大好きなんですけど、原作では「ありがと」の後もまだ話が続くんですね。

映画で好きだったシーン。

1.木を燃やすシーン
2.はぐちゃんの絵を描くシーンと森田の木彫作成が交互に出てきて、お互いを後ろから見ているシーン
3.竹本視線で見たはぐ森田のキス
4.5人が旅館で泊まった時。みんながみんな、視線が一方通行なのが切ない。
5.「真山、好き 大好き」「うん」
私は『はぐと森田』の組み合わせが一番好きみたいです。
あと、この映画に限らずなんだけど、恋愛が絡まない男女の組み合わせって個人的に好き。
この映画だと『あゆと竹本』とか『あゆと森田』かな。
韓ドラだとそういうの多いですよね、登場人物も多いし放送回数も長いからかな。

記事書いてたら、また映画見たくなってきちゃいました
この土日は寒い&年末年始前ということで予定も入れてないんで、明日にでも見ようかな。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。