-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-04 19:00 | カテゴリ:2008なつinかんこく
7/17(木)

タラタラトロトロ書いてた韓国旅行記、いい加減ここでラストスパートかけてます。
今日から予約投稿で毎日毎晩19時ぴったしにアップし、来週初めには完成になりますっ。


さて、バスで釜山に到着。
釜山は今回の地方旅の中で、一番メジャーな場所かな。

釜山は2度目。
2005年12月に来たことがあるんですけど、意外と覚えてるものでした。

14時半、地下鉄で西面(ソミョン)へ。
ハナロカード(釜山で使える、日本でいうSuikaみたいなもの)も持参済みです。
やっぱり今まで回ってきた地方よりは都会で、あと日本人の方もちらほら見かけて嬉しかったり。

15時、西面着。まずは恒例のモテル探しです。
地方旅も明日で終わり、明日の夜はソウルに戻るということで、ちょっと豪華なモテルにしようと、選んだのは「地球の歩き方」にも載ってる「新新ホテル」。
新新ホテル

フロントの方も日本語話せたし、手元に日本版「地球の歩き方」も用意してあったし、日本の方もよく泊まるのかな?
部屋は広く、PCもあって、6万ウォンでした。それでも日本で泊まるより安いね。

16時半まで休憩したりプサンナビで色々検索したり。
そして向かったのはミルミョン屋さん。
ミルミョンとは、簡単にいうと冷麺の釜山バージョン。小麦粉を材料とした麺で作った冷麺です。
詳しくはプサンナビのこちらの記事
釜山は2度目と書きましたが、このミルミョンは今回初めて食しました。
存在知ってて食べなかったんじゃなく、そもそも存在すら知らなかったんです、ミルミョン。
プサンナビでたまたま見つけたんですけど、ガイドブックにも載ってないくらい。
韓国料理って日本でもメジャーになってきたけど、実はまだまだ日本で食べれない料理も多く、地方料理はソウルでも見つけるのが難しかったりします。

ホントはプサンナビに載ってた「春夏秋冬」ってお店を目指してたんですけど、途中でおいしそうなミルミョン屋があったので急遽そっちに。

ミルミョン
人生初のミルミョンです!
おいしいかどうかドキドキしながら一口。
・・・しばし言葉を失う。
めちゃくちゃおいしいんですけどーーー!!!
こんな素晴らしいものを今まで知らなかったなんてもったいないっっっ
冷やしラーメンに漢方風味が聞いていて、これ感動のおいしさっ。

私は韓国冷麺大好きだけど、麺がどうしても合わないって日本人の方もいると聞いたことがあります。
そんな人でも、このミルミョンは食べやすくて口に合うかも。
冷やしラーメンみたいな感じで、多分日本人にはむしろこっちの方が人気かも。
実際、飼い主もミルミョンを気に入ってました。
このミルミョン、高くても4500ウォン、私が食べたのは3000ウォンとリーズナブルなのも高評価。

さて、昼食でもなく夕食でもない一食を食べ終わった私たち、ロッテ百貨店、の隣のホットク(韓国風おやき、中に黒蜜やシナモンやピーナッツが入ってるお菓子)屋台へ向かう。
ホットク大好きなんですけど、一般的には冬の食べ物みたいで、ソウルでは夏は見かけないのです・・・
あとはソウルホットクと釜山ホットクは中身が違って、釜山ホットクの方が厚くておいしい。
で、ホットク屋台ありました♪
ホットク
会いたかった・・・会いたかったよホットク。

17時j45分、南浦洞のPIFF広場へ移動。
PIFF広場
ここでもホットクをさらに2個買い食い。食べすぎだから。


アジュンマ
出た、「頭に食事を載せて配達に行くアジュンマ」!!
お盆を手で支えてるのはまだまだ序の口、スペシャルアジュンマになると、手を使わず載せたままで歩いています。
もはや曲芸。どうやってバランスをとっているのでしょう。

日本人もいる、アメリカ人(多分ね)もいる、活気溢れる広場を楽しみ19時15分、南浦洞発。

昼にウナギ食べて、おやつ(?)にミルミョン食べて、ホットクを2人で3個(実際は私がほとんど食べた)で、すでにお腹いっぱい。
でも釜山グルメを食べないわけにいかないでしょう!!
ということで、向かったのはナクチポックムのお店。
ナクチ=タコ、ポックム=炒め、で直訳するとタコ炒め。直訳しすぎか。
この料理、ソウルでも食べれるんですけど、ソウルのナクチポックムと釜山のとは、名前は同じでも全然別の食べ物だとか。
実は私、タコがそんな好物でないのと、ナクチポックムは激辛と聞いていたことで、ソウルのナクチポックムは未体験なんですね。

ソウルナクチポックム
ちなみに、これがソウルナクチポックム。(画像はソウルナビよりお借りしました)

ソウルと釜山の違いを特集してる記事発見、こちら


私たちが入ったのは、『新ハルメナクチポックム』というお店。

ナクチポックム1
すべて投入された状態で出てきて、煮えるのを待つばかり。
「ター イゴッソヨ?(全部熟しましたか?が直訳かな?)」って聞き方が通っぽくて好き。思い込みだと思うけど。

ナクチポックム2
いい色!
お腹すいてない、というよりむしろお腹いっぱいだから食べれるか心配、と思ったのも杞憂に終わり、めっちゃおいしくて当然完食。
にんにくが効いていて、辛すぎずうまい!!

苦しいお腹抱えて、1時間くらいのんびり歩いてホテルに戻る。
ガソリン価格
釜山のガソリン価格。
日本でも高騰していた時期、やっぱり高いですね。


光る歩道
光る歩道。

モテル到着。
この日だったか次の日だったか、モテルで「美女たちのおしゃべり」ってトークバラエティ番組を楽しみました。
外国人の女の子が韓国語で色々語り合いする番組。


月~金の日程で楽しんだ地方旅、明日の夜はソウルに戻ります。
最後一日も楽しむぞー!!

関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。