-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-11 11:13 | カテゴリ:2008なつinかんこく
7/16(水)

18時、バスに乗って晋州(チンジュ)へ、19時15分晋州着。
今夜の宿は、「ベルサーチェモテル」というところです。

晋州モテル

照明は暗いけど、広いし快適。
さて、晋州に来た目的はただひとつ!
それは、晋州名物・ユッケビビンバ

ビビンバといえば全州が有名ですが、実は晋州もユッケビビンバの名産地なんですね~
ということで、 ガイドブック片手に晋州の街へ繰り出す。
向かうは有名店「チェイルシクタン」。
「チェイル」は漢字で「第一」と書き、No1って意味です。
私が地図を預かってグルグル回してみるも、「さっぱり分からない」。

少しだけ迷ったけど、市場のアジュンマに場所を聞いて、20時、無事着。
アジュンマ、私が「チェイルシク・・・」しか言わないうちから場所教えてくれて、有名なんだな~と期待高まる。
どのガイドブックにも載ってる有名店だから、立派な店構えを想像していたら、
市場の中にあってびっくり。

チェイルシクタン1

お店の中は、ごま油のいい香り~。
席につき、ユッケビビンバ2つ注文します。
かなりあっという間に出てくるビビンバ。

チェイルシクタン2
ユッケがた~っぷり!!
食欲そそります!!

一生懸命ビビって(=かき混ぜて)、口に運ぶ。
あまりのおいしさに、言葉を失う私たち。
ソウルの石焼ビビンバとも、全州ビビンバともまた違う種類のおいしさ。
ユッケが乗ってるというアドバンテージを差し引いても、味付け最高!
飼い主がぼそっと「タッカンマリ超えたかも・・・」

お店のアジュンマが前に座って、フレンドリーに話しかけてくれる。
「このお店のユッケビビンバを食べるために日本から来ました!」と力強く語る私。
いや~、来たかいがあったよ。

ここは24時間やっていて、朝4時~11時まではヘジャンググ専門店、
11時からはビビンバ専門店になるらしい。
飼い主が、ガイドブックに寄って時間違うからどうしてだろうと思ってたそうですが、
これで謎はすべて解けました。

ビビンバって結構お腹いっぱいになるもので、満足してお店を出る。
時間は20時過ぎている。
ところで、ここ晋州にはもう一件、有名なユッケビビンバ専門店があります。
ここで飼い主と打ち合わせ。
「晋州なんてめっったに来ないよね」
「多分二度と来ない気がする」
「ユッケビビンバ、超うまかったね」
「うん」
「・・・行っとく?」
「・・・・・・」

ホテルとは違う方向に歩きだす私たち。
20分後。

チョナンシクタン
『チョナンシクタン』というお店のビビンバ。
えへ。
ここも前の店とは少し味が違い、でもどちらも甲乙つけ難いうまさ。
また、ここでは「牛の血を固めたスープ」がついてきたのが印象的でした・・・。

驚いたのは、飼い主が、前の店からここまで、一度も地図を見ずに感覚だけでここにたどり着いたこと。
初めて来る街なのに・・・
私は何度来ても迷うのが得意なので、驚くばかりです。

ビビンバを1時間足らずの間に2杯完食して、お腹ははちきれんばかり。
でも2件ハシゴしたのは、今考えても英断でしたね

お腹がふくれたので、腹ごなしも兼ねて夜の晋州を散歩。
・・・とか言いつつ、画像はないけど、ここでバスキンロビンス(アイスの31ですね)を食べました。

めがねなしカーネルサンダース
めがねなしカーネルサンダース。


晋州地下街
晋州地下街。
韓国の地下街は魅力的です。


地下街ミッキーショップ
この『ミッキー』のスペル、初めて見る気がするけど・・・これってムキョKa・・・??

21時半、モテル戻り、23時20分就寝。
この時点でもお腹ふくれてたけど・・・ま、気にしないっ。
続く~
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。