-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-27 07:12 | カテゴリ:2008なつinかんこく
ただでさえ長ーくなる私の旅行記、地方旅はとにかく一日が濃かったので、前編・後編に分けます

7/14(月)

6時起床
今日から金曜まで、平日5日間、丸々地方旅!
地方旅は2005年12月にも一度体験済み。
あの頃は留学中で慣れがあったし、言葉の実力も度胸も今よりあったけど、今回は前みたいにできる自信がちょっとなくて、でもやっぱり地方旅は楽しみで。

今回の地方旅は、ホテルも交通手段もいっさい予約なし、
(飼い主が)行き先の計画はたてているけれど途中変更だって自由な気まま旅です。

不安と期待に胸を高鳴らせ、7時にホテルをチェックアウト。
また金曜日にはこのホテルに泊まるので、飼い主のキャリーケースだけホテルに預ける。
私の赤いキャリーケースと、あとリュックで身軽に出発です

旅のお供といえばキムパプ(韓国式海苔巻き)、購入して地下鉄に乗って地下鉄3号線「高速バスターミナル駅」へ。
高速バスターミナル駅についいてはこちら
朝から地下鉄混んでます。

韓国はバス網がすごく発達しているので、地方旅には強い味方。
交通費も電車やKTX(韓国の新幹線)などに比べて安いし、バスは景色が変わるから乗ってて飽きない。
私、日本はひとりで地方旅旅行できる自信がないけど、韓国ならできますもん(笑)

高速バスターミナル駅着、広い!
そして朝から暑い。
京釜線ターミナルと湖南線ターミナルに分かれていて、行き先によってターミナルが違う・・・と、これは飼い主情報。

前回の地方旅と今回の地方旅、何が一番違うかって、飼い主がハングルを読めるようになってしまったことですね~。
文章読んで意味がわかるところまではいかなくても、文字が「読める」だけで、たとえば時刻表なんかは普通に解読できちゃうんです。地名は読めればわかるからね。

前回は時刻表を買ったら、飼い主に「プサンって書いてあるところはどこ?」って聞かれて教えてあげて、そして飼い主が移動計画構築、と二人三脚だったのに、今回は飼い主が時刻表手放さずに計画たててたもんなぁ。
もちろん、「これは『運行時刻』って意味」とか「『始発』って意味だよ」って教えられることもあるけど、それは時刻表なんだから数字並んでるの見て予測もできたり・・・
「もしかして、もはや韓国旅行にぷっく不要じゃね?」とまで言い出す飼い主

バスチケットを買ってバスに向かう。
バスチケットの購入は私の役目です
「優等」か「一般」かを言わないと一番早く出発するバスになるんだけど、この時は何も言わなかったので優等バスに。
優等は高いから失敗した~と思ったけど、これから向かう群山(グンサン)というところは遠いので、乗り心地のよい優等バスにして正解でした。

群山行きバス
ソウル-群山行きバス。

韓国はコリアンタイムと言われるけれど、バスは本数が多いためか、どこに行っても時間ジャストに出発しましたね。

バスキムパプ
バスの中で朝ごはん♪

11時、到着しました群山!
まずは腹ごしらえ、ターミナルの道路挟んで向かい側に密集している食堂を物色。
去年、龍山に行った時にもこうして駅向かいの食堂に入り、そこのスンドゥブが超美味だったのを思い出す。
この日はコングクス食べたかったけどどうやらコングクスのあるお店はないみたいなんで、とりあえず適当に入ってみる。

群山シクタン
手前のは冷麺。
氷入っているのが涼しげです。
おかずは・・・地方にしては少し少なめ・・・かな?


群山シクタンプルコギ
飼い主は韓国で食べるの初めてというプルコギ。

味は普通だったけど、腹ごしらえは十分。市場もちょっと見てまわった後、いよいよ出発です!
さてさて、群山に来た目的、それは『八月のクリスマス』という映画のロケ地散策です。

八月のクリスマスポスター
この映画、私が韓国語勉強し始めたばかりの時、初めて買った韓国映画です。
『映画でハングル』っていう、韓国映画を紹介している白黒の地味な本を読んで、消去法(爆)でこの映画を購入したんでした。
まだまだ韓流ブーム前で、それにDVD自体もまだ今みたい充実していなかったんですよね。
ケースはCDと同じサイズだし、特典映像は皆無!
まぁそれはいいとして、初めてこの映画を見た時には、実は心底ガッカリしたんですよ。(すみませんっ)
当時そんな映画好きじゃなかった私がDVD買ったのは生の韓国語を聞くためだったのに、この映画はセリフがすっごく少ないし、主人公の男女2人とも美男美女じゃないし、ストーリーは平坦だし・・・
でも、今見るとこの映画、すっごくいい映画で、DVD買ってよかったーって今は心から思います。
繊細で深くて穏やかで丁寧で細やかでじんわりとしてて、見終わった後に心に残り、ムダなシーンがひとつもない。
どこかにこういう街がホントにありそう、と思わせてくれる感じ。
飼い主もお気に入りの映画です。
というか、飼い主が企画したこの『八月のクリスマスロケ地観光ツアー!』
飼い主がどこからか(っていうかネットからですけどね)拾ってきたロケ地情報を元に向かう。
でも、遠くて道が分かりづらくてゴールまでどのくらいかの検討もつかなくて、そして何より暑い!!
タクシー使おうか、って意見も出たけど、ロケ地自体が有名じゃなかったら案内もできないし・・・ってことで結局歩く。歩く。荷物引きずりながら40分は歩いたか?
途中で涼しいコンビニに寄って喉を潤しつつ、ある場所の角を曲がると、ロケ地キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
(以下、多少ネタバレあります)


八月のクリスマス通り
今にもジョンウォンとタリムがバイクで走ってきそう。


八月のクリスマス
実際に撮影で使った場所なのかたまたま近くだからかは分からないけど、「八月のクリスマス」という名前の写真館です。


ポプラ跡地
右の緑のところ、木を切った跡です。
最初のシーン、この木の下で、主人公達がアイスを食べました。
ドラマとか映画の主人公達の出会いって妙にドラマチックだったりするけど、この映画は出会いが自然なところもいいんだよなぁ。


写真館跡地
向かい側には写真館。
今はもうなくなってましたね。


チンミシクタン
「チンミシクタン(珍味食堂)」。
映画撮影時は「チンミカルグクス」でした。
ヒロインとその先輩が食堂に入ろうとして、追い出されるシーンですね。


ハンバーガー食べた場所
で、この写真の右側の部分、この手すりに腰かけてハンバーガー食べるシーン。
映画の世界が目の前に広がるのって、予想していた以上に嬉しくて興奮しますね。

そうだ、このシーンで、スクーターに乗った主人公の男の人が現れ、女の子が買い物袋見て話しかけるんですけど、そこの字幕が「春雨だ、おじさん春雨炒め作れるの?」
ってなってるんです。
この映画が日本で発売された頃はまだ今ほどは日本で韓国料理が身近でなかったんだなぁと思わせる字幕。
多分今の時代に翻訳するとしたら、そのままカタカナで「チャプチェ作れるの?」となると思う。
チャプチェが何かわからなくても、かえってそれで韓国料理に興味を持てる気がする。

で、この写真の左側に写ってる校庭が、ファーストシーンやランニングシーンを撮った小学校です。
小学校
記念碑
記念碑もあって嬉しい。
映画ではこのハンバーグシーンと小学校シーンがこんなに近い(っていうか真向かい!)なのはわからなかったのでびっくり。
というか、この映画、撮影箇所がみんな近いんですよ。
こんなにコンパクトに撮られていたのか!と驚き。


刺身屋跡地
ここは主人公が友達と行った刺身屋。
ここもさっきのハンバーガーシーンの目の前です。


立ち○ョンポイント
刺身屋さんの近く、これは酔った2人が立ち○ョンをしたところ(笑)
映画の再現を飼い主にお願いしてみたけど拒まれました(爆)


コーヒーショップ跡地
ラストシーン近くの切ないシーンが撮られたコーヒーショップ。

ロケ地巡りが終わって、さぁ戻るか、と思ったところで飼い主が
「これから山登って群山の街を一望するから」

この暑さで、そして歩き通しで疲れた体にはもうムリ・・・と抵抗むなしく山登り。
ま、山っていってもハンバーガーシーンの横の階段をあがってちょっと坂道を登っただけだったけど、それでも足が・・・
で、展望台から海が見えるかと思ったら木がジャマして海が見えない!ってオチだったけど、でもせっかくなんで行ってよかったと今なら思います。

さて、群山観光は終わり、今度はタクシーでバスターミナルまで戻ります。
タクシーのクーラーがものすごく気持ちいい。
来た道を見ながら、よくこんなに歩いたな・・・と感心。

14時半、バスに乗り、次の目的地へ向かいます。
振り返って見ると半日もいなかったなんて信じられないほど、濃かった群山の思い出。

そうそう、こんなエピソードが。
暑くて人が全然いない群山の街をうろうろしていた時、タクシーが一台目の前で停まりました。
「?」と思ってると運転手さんが車内から、
「観光しに来たんでしょ?これあげる、私が作りました」
とA4の紙5枚くらいにびっしりと何か書かれた紙を渡してくれて、そのまま去って行きました。
見ると、タイトル「私の愛する群山」となってて、群山の歴史、名所などがびっしり書かれている!
しかもタクシーの宣伝とかはどこにもなく、純粋に厚意でくださったみたい。大感激。
突然の予想外のことでびっくりしてカムサハムニダを言うのがやっとだったけど、改めて本当にカムサハムニダ!!

3日目・後編に続きます~。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。