-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-13 22:51 | カテゴリ:ネイル
20080214221238

画像は図書館で借りた月刊誌『趣味の文具箱vol.3』より。
文具箱、といいつつ万年筆が紙面の大半を占めます。
数々の万年筆の写真をうっとりしながら眺める日々。
マニアックですね~
今まではこういう本、まず手にとることもなかったな~。
映画『Closed Note』に出会ってドルチェビータに惚れて、でも字が汚いから諦めて、やっぱり字を綺麗にしようとユーキャン始めて、結局目標をドルチェビータに定めて。
いい出会いっていいですね♪

ところで、この万年筆ってネイルの色選びますかね?
何色のネイルが合うかしら。
ネイルの色が限定されそうでもあり、逆にコーディネート考えて幅が広がりそうでもあり。
もうドルチェビータのことで頭がいっぱいの毎日です。

で、万年筆買ったら何に使うのか!?を考えるの忘れてたことに気付く。(遅)
万年筆って、普段日常で使ってる分には大丈夫だけど、ずっと使わずに置いておくとインクが詰まってしまうとか。
また、使うほどにペン先が自分仕様になっていくとのことなので、できればたくさん使いたい。
でもそこまで字を書く機会って普段ないかも・・・
私は仕事で字を書く機会は多いけど、この万年筆は門外不出、プライベートの大切なことだけに使いたい。
ほぼ日手帳と、あと韓国語書くのに使おっかな

関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。