-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-13 22:18 | カテゴリ:2007ふゆinほんこん
香港旅行も最終日
韓国だと、一週間いても
「まだいたい~」
って後ろ髪引かれつつ飛行機に乗るのですが、香港は5日間で満足感で満たされちゃってる。
韓国には在住していたこともあるくせに不思議です。
香港とか他の地は、私にとって『旅行先』としての位置づけ、韓国は『心のふるさと』みたいな感じなのかな?

香港でツボだったもののひとつ、『小心地滑』の看板。
香港に行ったことのある日本人の方なら、おなじみの看板かも。
小心地滑

滑ってます。

この滑る人もいろんなパターンの滑りっぷりがあり、いたるところに登場しては笑わせてくれます。
香港滞在中、階段を登り降りする時、道を歩くとき、はては意味もなく、
「しょうしんじすべり!」
と声をかけあうのが私達の中でブームとなりました。
現地の読み方は分からないので(聞いたけど忘れた・・・)、めっちゃ日本語読みですが。
いろんな小心地滑を撮っておけば面白かったね、と飼い主と話していたのですが、
最近『小心地滑』でググってみたらヒットするする。
考えることは同じで、『小心地滑』のいろんな滑りっぷりを集めたサイトがやっぱりありました!
興味のある方はぜひどうぞ♪



12時にガイドさんが迎えに来てくださるので、最後の香港滞在を半日満喫しよう!
朝食に向かったのが『倫敦大酒楼』での飲茶。
香港での飲茶は、「オーダーシート式」と「ワゴン式」があります。
オーダーシート式はその名の通り、卓上においてある注文用紙に自分の食べたいものを記入するもの、
ワゴン式は店員さんがワゴンにいろんな点心の入った蒸篭をのせて店内を回るもの。
最近はオーダーシート式が主流とのことで、実際昨日まで行った飲茶店はすべてオーダーシート式でした。
そしてここで、今回の香港旅行最初にして最後のワゴン式!
店内は広くてゆったりしてるけど、ワイワイと庶民的な雰囲気でいい感じ。
もちろん言葉も分からないので、店員さんが蒸篭を開けて見せてくれたら、欲しければ指差し、いらなければジェスチャーで断る。


倫敦大酒楼飲朝食飲茶大根餅

大根餅。
大好物!



倫敦大酒楼飲朝食飲茶点心

点心はおいしいなー。
たくさんの種類を目の前にして、かなりゴキゲン。
あぁ、こうして見ていると今すぐに点心食べに飛んで行きたくなります。
香港まで飛んで行けないので、新潟にある中華料理屋に飛びに行きます



倫敦大酒楼飲朝食カスタードタルト

香港で食べたかったもののひとつ、カスタードタルト。
日本のものよりもカスタードが素朴な味で、優しい甘さが好き。
これは飼い主の口には合わなかったみたいだけど、私はとっても好きな味でした。


香港最後の食事、とっても香港らしいものを食べられて嬉しい、大満足!と思って歩いていたら、飼い主が
「最後にこの店に入ろう」
と指差す。
「え、お腹いっぱいだし、それにここは・・・」と抵抗する私を引っ張り連れ込む飼い主。
吉野家牛丼

吉野家!!!
香港で食べる吉野家の味を知りたかったみたいです。
で、味は、日本と変わりませんでしたねー。
すき焼きとか、香港限定メニューもあって面白かったです。
日本だと狂牛病が怖いので、牛丼は「すき家」と決めている私ですが(っていうかそもそも日本で牛丼食べないか)、外国だと無頓着になるのは何故でしょう

さて、今度こそ本当に香港での食事は終わり。
(デザートが終わりとは言っていない)



ホテルに戻って荷造り、そしてチェックアウト。
ガイドさんのお迎えまでにはまだ時間があったので、軽く散歩。
ちゃっかりマンゴードリンクをテイクアウト(3回目)。
「空港にも許留山はあったから、最後の最後に食べる」と言う私に対し、
「時間ないし、空港は広い。間に合わなくなったらどうするの」と飼い主。
マンゴー戦争勃発です

いよいよガイドさんのお迎えで、空港に出発。
到着時&一日観光の時のガイドさんがいらっしゃると思っていたら、この日は別のガイドさんでした。
最後に会いたかったな。残念。

空港に向かう道中、道路標識にはミッキーマーク。
ありがとう香港、ありがとうディズニー、新しい体験ばかりで楽しかった。

空港に着き、荷物預ける。
荷物預けるための列もかなり長く、「やっぱり時間ないからマンゴーはムリ。たくさん食べたでしょ!」と飼い主。
あんな素敵なお店は日本にないし、走れば間に合うかもよぉぉぉぉぉぉと訴える私。
結局、走ればなんとか間に合いそうということで強行突撃!
許留山はメニューも豊富で、私も
「生マンゴーもマンゴープリンもマンゴー餅も捨て難い、ココナッツ大好きだからココナッツも、でも最後だからこの『燕の巣』も初体験したい、これをすべて満たすメニューはない、だけども2つ買うほどのお金はもう残っていないぃぃぃぃぃぃ」と苦悶。
結局、燕の巣を優先してなんとか注文するも、
「ココナッツがかかってるのにすればよかった」と後悔。
しかし奇跡は起きるのです(オオゲサ)



空港許留山 飼い主

飼い主注文。



空港許留山P

私が注文したもの。
上に乗ってるのが燕の巣。
なんか美容にいいみたいです(いい加減)。
ドキドキしながら食べるも、ぬるっとしてるだけで、味は特にしませんでした。
そして下にある白いアイス、「バニラアイスだね」と言いながら口に運ぶと

ココナッツキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

ここでココナッツに会えなかったら、そしてここでマンゴー食べてなかったら、多分今でもずっと後悔していたと思います。
最後の最後まで許留山にはホントにお世話になりました


食べてすぐに手荷物検査に向かい、しっかり時間に間に合う。
そしてここまで来てもまだ魔の手が、空港内にディズニーストア!
幸い時間もあったので眺めて、ムーランも、もちろんスティッチも含めたディズニーキャラクター大勢揃いのバックを買いました。

15時くらい、飛行機に搭乗し、さよなら香港!
私にとっての初の外国、「言葉がわからなくても外国って行けるんだ」と感じられたのが大きな収穫だったな。
もちろん、香港という漢字圏、治安も悪くないところに行ったからこそできたことで、何かトラブルが起きた時には言葉わからないことが命取りになる国がたくさんあることもわかります。
でも、言葉が分からないからという理由で行かないっていうのはあまりにももったいない。
これからも韓国以外の国も、飼い主と共に色々回りたいと思います。
・・・今気づいた、言葉がわからなくても外国行けるけど、飼い主がいないと外国行けないのか私!?



機内食チキン

機内食チキン 



機内食魚

機内食魚



機内食副菜

機内食副菜


行きは飽きるくらい長く感じられた飛行機ですが、帰りはなんかあっという間についた感じでした
感覚だけじゃなくて、実際搭乗時間もかなり短くかったです。



20時くらい、ただいま日本!寒いぜ日本!
この日はコリアンタウンにホテルをとっていたので、電車で向かいます。



日暮里駅

一度生で見たかった『修悦文字

成田駅から新大久保までの道中は思った以上に長く、ホテルを探し当てて着いたのはもうすぐ23時になるくらいのところ。
ここからすぐに寝る、のではなく、コリアンタウン散策に出かけます。
目的はサムギョプサル(豚の三枚肉)。
時間が遅いとか、この時間に肉かよ!って自らの内から聞こえるツッコミには耳を貸さなーい。
「とんちゃん」という焼肉屋に向かいます。
地図もなく、携帯でサーチしようとしても2人して充電が切れ、途方に暮れかけましたがなんとか発見。
しかし店内は満杯、順番待ち。しかも前には2組。
待つのはもちろんお互いさまだから平気だけど、この23時という時間にこの状況っていうのが、田舎モノのオラにはカルチャーショック。
香港旅行では感じなかったカルチャーショックを、まさか新大久保で感じることになるとは
ウチの近くの焼肉屋さんは、確か23時半ラストオーダーでっせ


待つところが外なので、香港帰りの体に寒さがこたえる。
そしていよいよ入店♪
店員さんもほとんどが韓国人。日本語上手!

なんの意識もなく、
「スンドゥブ1つ」
と注文したら、韓国人の店員さんに
「豆腐鍋ですね」
と返されました



とんちゃんスンドゥブ

スンドゥブ(豆腐鍋)。
辛い!うまい!



とんちゃんサムギョプ1

こんなにたくさん食べれるかな?


とんちゃんサムギョプ2

こんがりおいしそ~♪
おかずが付いてくるのが嬉しい。


とんちゃんサムギョプ3

店員さんのハサミさばきが素晴らしい。


結局、あっという間に完食
この時点で、とっくに日付が超えてることは気にしなーい。

ホテルに戻り、少しでもカロリー消費しようと熱いお風呂に入る。
半日前まで香港にいたのが夢のようです。
無事に行って無事に帰ってこれたのが、ホントなによりだな。



さて、香港旅行はこれにてめでたくフィナーレですが、あと一回だけ、おまけ記事をアップします。
ただでさえ面白くない旅行記、ダラダラ長く続けて申し訳ありません
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。