-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-09 23:35 | カテゴリ:2007ふゆinほんこん
香港旅行記、毎回ド長文で失礼しております
今回は、19時にHDL出てから一日の終わりまでなので、短いかと思います。

19時過ぎに香港ディズニーランドを出て、向かった先は尖沙咀。
あ、ちなみに私は地名とかまったく把握していない状態でございます・・・

ハーバーシティというお店の中にある「翡翠拉麺小籠包」というレストランへ。
もうお腹ペッコペコ!
ところが、お腹すいて向かったお店の周りにはたくさんの人人人。
順番待ちキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
入口に行くと番号札を渡され、自分の番になると電光掲示板の番号が光る仕組み。
お店の人は耳にインカム付けてました。

お腹がすくと意識レベルが極端に下がるので、半分気絶しながらじっと待つ。
そしてようやくようやく席に着けました。

前日のツアー料理は番茶だったため、ここではプーアールかジャスミンを選びたい、と思っていたら自動的に運ばれてくるお茶。
香港では席に付くとまずお茶の種類が選べ、ポットで運ばれてくるとガイドブックに書いてあったけど、ここでもチョイスできなくてちょっと残念。
でも注がれたお茶はプーアールで満足なりっ。

メニューはとってもとっても豊富。
漢字&英語で少し苦労するけど、写真も付いているので安心して注文できます。

夕食ハーバーシティ翡翠拉麺小籠包 坦々麺

坦々麺。
坦々麺って日本にもあるのに、結局今回の旅行では2日目夜とディズニーランドとここと、3回食べてます。



夕食ハーバーシティ翡翠拉麺小籠包 炒飯

炒飯。
思いっきり食べかけですみません・・・
この炒飯がこれまた見た目は普通っぽいのに、もんのすごいおいしさ



夕食ハーバーシティ翡翠拉麺小籠包  小籠包

念願の小籠包
香港旅行を計画するまで、小籠包とはなんぞやも知らなかった私。
韓国料理だけはマニアック
小籠包の魅力は、皮をプチュっと破ると出てくる肉汁にあるんですね
皮が破れないように慎重にレンゲまで運び、そこで箸で皮を破って汁を飲む。
これがもう、ジューシーでとろけるお味!
カミングアウトすると、香港料理の中では、小籠包がジャスミンティーの次に(え?)好きかもしれません。

前日、ガイドさんに
「あたたかいプーアール茶は油を流すダイエット効果があります、だから香港料理は脂っこいものも多いのに、香港人に太っている人は少ないです」
と聞いていたため、プーアール茶を飲んで飲んで飲む。
デザートもあったけれど、スイーツは昨日行ったところで食べると決めていたので、ここでは食べないでおく。

約一時間かけてゆっくり食事を楽しみ、外に出る。
ホテルまでは地下鉄で戻ることもできるけれど、せっかくなので散歩がてら歩いて帰る。
(しかし、初めて通る道を迷わずにホテルまで行ける飼い主の三次元感覚は異次元)

ネイザンロード歩道

ネイザンロード。
香港の夜は、昼よりも明るいです

韓国では、カップルがめっちゃイチャイチャして歩いているけど、香港ではカップルがごくごく普通に歩いていました。
あとは車のマナーも韓国よりよくて、きちんと止まっていました。
途中のバス停には、日本では見たこともないくらいの超長蛇の列でビックリ。
これなら二階建てバスも必要ってもんだよね、と妙に納得したのでした。

途中で、香港で有名なナイトマーケット、男人街へ。

男人街 旅行3日目夜

こんな風に両側に、狭いお店がズラーッと続きます。
明日の写真で昼の様子を載せますが、この男人街、昼間は完全なタダの道。
つまり、毎晩これを出してセットして、そして朝には片付ける。
細かいオモチャとか雑貨を毎日並べてはしまってって、それだけでも大変な労力。
すっごいパワーです。

男人街っていうから、エ■専門かと思っていたらそんなこともなく、普通にサングラスやスニーカーや家電なんかも売っている。
あ、でもここからちょっと離れたところではエ■グッズを売っている屋台もありました。
ほらドンキの一角の囲まれた部分にあるような、ああいうグッズを集めたお店。(←妙に詳しい奴)
こういうのが道端で堂々と売られているのがまた素敵。
グッズを見るのは面白いので好きだけど、ユーズするのには興味がないので眺めるだけで通り過ぎる。

街を楽しみながらゆっくり歩いてきて、もう22時半も過ぎている。
スイーツ専門店で食べるつもりで夕食ではデザート食べなかったけど、この時間だから今から食べるのはやめて明日にするか、なんて話も出る。



夜食許留山 飼い主 旅行3日目夜

・・・話が出ただけ(爆)
もちろん今夜も来ました許留山!読み方わかんないけど許留山!
このお店は24時くらいまでやっている模様。
こちらは飼い主注文。
生マンゴーとマンゴープリンとマンゴーアイスがひとつのプレートに



夜食許留山P 旅行3日目夜

こちらもマンゴーマンゴーまたマンゴー。
下にポチッとあるのはまたマンゴー餅。
外側はココナッツパウダーで、中にクリームが入っていて、モチモチしてて甘くておいしいっ。
次の日からももちろんここには来たのですが、そのたびにこの時と同じメニューを頼もうか、それともせっかくだから他のにしようか、でも他のはこの餅がないし・・・と悩むことになるくらい気に入りました。


デザートを食べ終わり、ホテルに戻るともう23時をとっくに回っている。
でもすぐに寝るのはもったいなくて、2人でスティッチ談義に花を咲かせたり、マンゴーのおいしさについて語ったり。

そうそう、テレビ付けたら韓国ドラマをやっていましたー。
でも、中国語吹き替え&中国語字幕(多分どっちかが北京語でどっちかが広東語なのではと推測するのですが)だったため、見てもまったく分からずすぐに断念。

香港ディズニーの思い出にひたりながら、1時過ぎ就寝。
明日も一日自由行動デーです。
香港旅行4日目に続く
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。