-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-16 09:34 | カテゴリ:仕事
楽しみに見ていたハケンドラマが終わりました。
(検索にひっかかりたくないからドラマ名とか書きません(^^;)
今日のブログタイトルはドラマに出てきたフレーズから付けました。

ドラマ、見始めたのは途中からだったけど、最初から見てればよかった~と思うくらい面白かった。
孝太郎くんが意外と演技うまかったりとか、好感持ちたいけど父親「人生いろいろ、会社もいろいろ」なアレだから好感持ち切れなかったりするとか、ゲスト出演した石田ひかりさんの演技のドダイコンっぷりにびっくり(彼女自身に対して好きとか嫌いとかないんだけどね。一人学芸会かと・・・)したりとかもしましたが。
私も派遣で働いてるからますます楽しく見れたのかな。

私は派遣という理由でイヤミ言われたことは一切ないし、社内での待遇が社員と派遣で違うっていうの、あれは仕組みとして当たり前なのでは。
例えばドラマに出てきた社員食堂のカレーライスの値段が社員と派遣で違うっていうのは、あれは福利厚生?の一環だよね。
私は社員食堂がある会社に派遣になったことはありませんが(^^;

私にとって派遣の魅力は、安定がない代わりにいろんなトコに行けて全然違う世界を見られること。
今でも、たった3ヵ月働いた前の職場を切なく思い出す時はあるけれど、いい思い出をたくさん持つのも悪くないなって。

派遣として働いて正社員さん達を間近で見て、正社員さんってものすごく大変なんだなぁ、すごいなぁと心から尊敬して見ていました。
正社員さんは私にとって憧れの存在、雲の上の存在、私は高卒でアルバイト歴が長くて資格も持ってないし、私が正社員の地位を望むことすらおこがましいって思ってました。
韓国ドラマ「バリでの出来事」で、イヌクが「望むのは誰にでもできることじゃない、俺はお前に何かを望む権利がない」ってセリフありました。
手に入れることはおろか、望むのすら許されない世界があるのね・・・ってドラマ見て思ってたけど、私にとっては正社員という地位がそれにあたってたのかな。

働くことは生きること。

今、私の前に思いがけず2つの道が用意され、どうしようかものすごく迷ってる状態です。
道、っていうのはお仕事ね。
4月からのお仕事。

正社員と、派遣。

今派遣で働いているところから継続のお話が来て、同時に100%受かるわけないと思って受けた他の会社の試験に通ったんです。
戸惑ってます。

去年10月の私は仕事が見つからなくて不安で、毎日スーツ着て何社も派遣登録に歩き回ったり、お仕事の紹介受けてもちょっとムリそうで断ったり、お話進んで気持ち盛り上がってたのに最終的にダメになり落ち込んだり。
それを思えば、2つも道が用意された今の状況は信じられないくらいものすごいこと。
でも、オトコなら2つ同時に選んでもいいし(←冗談です!!)、仕事か結婚か、みたいに種類の違うことでなく、お仕事だからどっちかひとつを選ばなければならない。
正社員か、派遣か。
誰かに相談しても最終的には自分で決めるしかないし、ブログに書こうかも迷ったけど、今の状況を残しておきたくて書きました。
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。