-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-04 19:57 | カテゴリ:日本映画関連
今、この映画が、というか主演女優が何かと話題なんで、この記事書いてアクセス数が妙に上がるとイヤだから、検索に引っかからないようにしつつ書きたいます(^-^;
ネタバレは極力避けますが、これから見る予定の方は読まない方が無難かと思われます。

水曜日に見てきました『ClosedNote』!!
偶然テレビでこの映画紹介されてるの見て、
「私絶対この映画気にいる!!!」
っていてもたってもいられないくらい引き込まれてドキドキしたんです。
『猟奇的な彼女』しかり、『クラシック』しかり、『ダンサーの純情』しかり、こういう自分の嗅覚は外れない。
自分の好みは自分が一番よくわかってるから当たり前なんですけど。

私、気に入った映画はDVD購入して何度も何度も何度も何度も見るタイプなんで映画館ってめっっったに行かないのに、これは映画館で見たい、絶対見たいって思いました。
見たいと思ったのがあの舞台挨拶の前なので、見てびっくりはしたけど、映画見たい熱は変わらず。

水曜日は朝から上の空で過ごし、新しい仕事が入らないのを祈りつつ、定時にダッシュ。
前もってチケットを買っておいたり、映画中に眠くならないように前日はいつもよりたくさん寝たり、昼ご飯を多めに食べたり、事前準備もバッチリ。
普段から映画館で映画見慣れてる方には普通のことでも、私にとって映画館映画は超一大イベントなんです(笑)

平日の18時前だったためか、客の入りは3~4割くらいだったかな。
水曜はレディースディで、私の見た回は全員女性でした。

で、映画はやっぱり期待通り、自分好みでめちゃくちゃ気に入りました!!!
基本ベタで、でもちょっとヒネリというかミステリーなテイストが入ってる系が好き。
見どころは「特にない」そうですけど(笑)、いやいやもう、私にとっては全部が見どころでしたよ~。
小説を映画化したものだけれど、映像ならではのマジックもあり、景色も素晴らしく、ラストもすごくよかった。
ネタバレには触れないように気をつけていたので、気持ち良くダマされました。
空気感とか、ある種のファンタジーだなぁって感じかな。

今日原作をちらっと立ち読みしたけど、原作先じゃなくて映画先にして、最初にあの映画の空気感に浸ってよかったって思いました。

映画見た後にあの舞台挨拶を見ると、改めて残念だなぁとは思いました。
でも私は、彼女の意図や意思がわからないので、安易に批判やパッシングはしたくないです。
少なくとも、スクリーンの中の香恵はホントにホントに素晴らしかった。
(もちろんだからって許されるとは言わないけど)

やべ、もう一回見たい。今見たい、すぐ見たい。
でもDVD出るまで我慢します。そして確実に買います。
DVDって特典映像として舞台挨拶が入ることが多いと思うんですけど、これはどうするんでしょう・・・??
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。