-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-12 21:35 | カテゴリ:2007なつinかんこく
8/27(月)

今日は華城とカルビと民俗村の水原(スウォン)へ行く日です。
水原についてはこちら

関係ないけど、新潟には「水原(すいばら)」という地名があるんですよね。
あと、江南区もあって嬉しいです(笑)

水原といえば、留学中にブログを通して知り合ったsakochiさんと行ったのが思い出深いです。

朝食では、昨日の夜にポジャン(お持ち帰り)したキムパプも一緒に食べる。
8時35分にホテルを出て地下鉄に乗り、9時55分に水原着。
時間はまぁかかるけど、地下鉄一本だからラクだし、確か寝てたから(爆)あっという間だったような。
この日は雨でした。
旅行中に雨降ったら傘買えばいい、ということで持ってきてなかったんです。
ここ韓国では、雨が降ったらどこからともなく傘売りさんが路上に現れることを留学中の経験で知っていたので無問題。
案の定、駅の改札口を出た瞬間にいました傘売りさん。
3000ウォンで傘ゲット。

観光案内所で、華城まで行くバスの番号を聞く。
韓国の地下鉄に韓国のバス、好きな乗り物に乗れて嬉しいな♪

昨日のチャングムテーマパーク行きバスはアナウンスなかったけど、水原のバスは次の停留所とその次の停留所のアナウンスが一度に流れるのでハラハラすることなく降りることができました。

本家(?)華城一周の前に、華城行宮へ向かう。
・・・まぁ、普通でした(爆)
さて、この後華城巡るか水原名物カルビに行くか迷った結果、カルビを食べに行くことに。
私たちが行ったのはカポジョンカルビ。
カルビは一人前3万ウォンくらいと結構高いけど、ランチメニューはそこまでではないので、ランチ狙いで行きました。
ただ、肉が大きいのが水原カルビの売り?なんですけど、ランチだと肉はそんなに大きくないんですよね。
私はむしろ、肉よりもたくさん並ぶおかずとその豪華さに圧倒されました。

200709120835528


全部写ってなくてごめんなさい
さっきもリンクしたのと同じページだけど、ここに乗っているのとほぼ同じおかずです。
初体験のヤンニョムケジャン(蟹の薬味漬け)、これは高級品だから普通の焼肉屋さんではめったに出てこないおかずなんですよね。
甘い蟹の身が美味でした

それとここのお店の店員さん、アジュンマ(おばさん)達は多くの人がパーマなしのすっきりショートカットでした。
韓国アジュンマ定番の、『あの』パーマよりもスッキリしていてとってもとってもよかったと思いました。

私達はランチメニューだから肉は大きくなかったけど、隣の隣のテーブルではレギュラーメニューの肉を頼んでいたようで、その肉のデカさに驚き、人様が食べてるところから目が離せませんでした(笑)
4人で4人前頼んだのか分からないけど、あの量、いくら4人でも食べきれるのかい?

食後、とりあえず今日は華城巡りはやめて民俗村に行こう、となり駅へ戻る。
駅から無料シャトルバスで民俗村へ。
無料なのは嬉しいけど、本数が少ないのがちょっと不便だった・・・かな?

民俗村へ到着したのは14時。帰りのバスは17時発。
3時間もあれば・・・って思ったけど、中は本当に広くて、駆け足で回ってしまいました。
200709120835526


200709120835524


もし水原に行かれる予定の方がいらっしゃいましたら、民俗村で1日、華城巡りに一日かけるのがいいと思います。

民俗村に関してはこちら

水原といえばカルビ、しか頭になかった私ですが、民俗村巡りは思った以上に楽しかったです。
飼い主は世界遺産だったり文化財巡りが好きなので、飼い主と旅行すると自分じゃノーマークしていたところを見ることができ、そしてまたそれが面白かったりします

華城はこの日回れず、次にいつか韓国来た時に来ようね、と話していたのですが、数日後、また水原を訪れることになります。その話はまた後日

駆け足になってしまったものの、一日たっぷり水原を楽しみ地下鉄でソウルへ帰る。

晩ご飯は日本人旅行者らしく、もはや定番中の定番、全州中央会館へ。

200709120835522

20070912083552


ビビンバや冷麺はもちろん、付いて来た豆もやしスープがニンニクがすごく利いていて美味でした

帰ってきてからお洗濯をして就寝。
今日の旅行記はアッサリになったけど(っていうか1日目2日目がコッテリしすぎ?)、この日も韓国漬けで楽しかったです
しかし、行きの地下鉄でも帰りの地下鉄でも、民俗村のバスの中でも眠りこけていた記憶が・・・
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。