-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-10 21:32 | カテゴリ:2007なつinかんこく
8/26(月)

この日の午前中は『チャングムテーマパーク』へ。
チャングムには飼い主が先にハマり、BSから録画してくれた完全版を見て私もハマってしまいました。
チャングムテーマパークまではちょっと遠いけど、ツアーでなく完全個人で行きました。
行き方を調べてくださったのは全部飼い主

9時20分、地下鉄へ乗りジュネ駅まで。
10時5分までかかりました。
この日に限らず、今回の旅行では地下鉄に長く乗る機会が多かったのですが、韓国の地下鉄といえば物売りさん!
どこからともなく現われ、
一人の物売りさんが持ってる商品は一種類なのですが、これがまたその時によってバラエティ豊かで面白く、立て板に水のような口上も楽しい。
ペットボトルカバー、靴下、アカスリタオルetc。たいていが1000ウォンかな。
面白いのが、きゅうりを薄く切るやつ(きゅうり持参)
これを売るのを見たのは、留学時代に1回、今回の旅行で一回。
何が面白いって、これを売る時のセールスポイントが
「こんなに薄く切れます」
でなく
「顔に貼っても落ちません!」なんだよね(爆笑)
しかも実際にきゅうりを顔に貼りながら売り歩きます!!!

そんなこんなで10時5分、ジュネ駅着。
結構乗ったのに、この地下鉄はずっと満員でした。
登山の格好をしたお客さんが多かったです。
すごく暑い日なのに、韓国のアジョッシアジュンマ(おじさんおばさん)はすごいなぁ。

駅を出ると、お目当てのバスが横断歩道の向こう側に見える。
でも一番右の路線にいないから出発したばかりなのね・・・と思いつつ向かって行くと、ドアが開いていて無事乗れました

ホッとしたのもつかの間、相変わらず素敵な猛スピードに素敵な曲がり方に素敵な車間距離
リアルジェットコースターです。
そして気づく、このバス、停車場案内(次は○○で止まります)っていうのがまったく流れない
乗客は乗り慣れてるのか的確にボタン押して降りて行く。
仕方ないので運転手さんに
「アジョッシー、MBCムナチョン アペソ セウォジュセヨー(おじさん=運転手さん。キサニムの方が本当は丁寧かも)MBC文化村前で止めてください」と叫ぶ。
実は私、こういうところが好きなんだけどね、韓国バス。

そして無事降りることができましたっ。
サイトでは駅からここまでバスで25分と書いてあったそうですが、10分で着いちゃったぜ。

帰りのバス停チェックするもイマイチわからず、もうとりあえずチャングムテーマパークへ向かう。

テーマパークと言っても特になにかある、というわけでなく、チャングムを撮影した王宮がそのまま残ってる感じ。
ここではこのシーンが撮影されましたみたいなパネルがあったり、ところどころでテレビ置いてあってDVD流してるくらいかな。
その分自由度はすごく高いです。
あとはアルバイトだと思うんですけど(笑)若くてイケメンの兄ちゃんが王様の服を着て、お客さんと一緒に写真を撮ってました。
みんなが日本語で韓国語で「王様と一緒に写真撮ってもらおう」「ほら王様だよ」って言ってるのがツボでした。


200709092120448

このパネルと並んで写真を撮るおじさん達は、何も書いてないのにみんな判で押したようにイヨンエと肩組んで嬉しそ~うな笑顔で写っているのが印象的でした。



200709092120442

うちの婆は、テレビでこの男性の現代姿を見て「サムライ姿の方がかっこいい」と申しておりました。
サムライじゃないけどね。



200709092120446

チャングムやハン尚宮などが閉じ込められた牢屋。
中に入ってみるたびに、飼い主に外から鍵をかけられました(怒)



200709092120444

ドラマを見た方ならわかるかな?
酢の入っていた壷です。
こんな壷まで、特に看板とか立つこともなくひっそりと埋まっているあたりがなんだか嬉しい。



20070909212044

クミョンが逃がした鶏は、食べられることなく生き延びて繁殖しました(嘘)
別の場所には、鶏の檻もありましたよ。


暑い中、2時間かけてゆっくり見て回り、チャングムの世界を堪能しました。
ここで試飲した五味子茶も冷たくておいしかった!!

帰りのバス乗り場とバス番号についてチケット売り場のお兄さんに聞く。
「35分に来ます、番号は2-4です」
と教えてもらいバス停でバスを待つものの、韓国のバス時間があてになるか分からず、バス停にもこのバスの番号書いてないし、この暑い中どのくらい待つのだろう・・・と不安になりながらバスを待つこと10分、
なんと時間通りにバスが来ました
こうして無事にジュネ駅へ戻ることができました。

今振り返ると、私としては、後日水原に行ったときより春川に行ったときより、この時が一番交通の面ではドキドキしました。

午後はイテウォンというところへ。
『戦利品たち!』でも書いたように、オーダーメイドの靴を作りに行くため。

イテウォンに着いたのは14時過ぎ。
お腹すいてるけど、イテウォンにはなかなか食堂がない。
結局『ボゴキン=バーガーキング』つまりマックやロッテリアと同じハンバーガー屋さん
7泊8日もいるから、全部韓国料理じゃなくて洋食とかも食べるよ、と飼い主は言ってたものの、まさか2日目にしてハンバーガーとは
ちなみに、飼い主は韓国料理大好きだけど、3食毎日毎日毎日韓国料理、というのは食べれないそうです。
私は3食毎日韓国料理だったら卒倒しそうなくらい嬉しいタイプ。そのために留学したんやから(←?)。
留学中も、特に日本の料理が恋しくなったりしなかったなぁ。
ただひとつ、日本のラーメンだけは食べたかったくらい。(この感覚、留学した方ならわかっていただけるのではないかと・・・)

で、ハンバーガー屋さんで、私が頼んだのは
パッピンス

200709092133006

韓国語版かき氷。氷にアイスに果物にあずきに、とっても豪華!
韓国のハンバーガー屋では、夏はどこもパッピンスを売ります。
日本のファーストフードでも売ればいいのにっていつも思います。

今回【食べるものリスト】にはもちろんパッピンスも載っており、
アイスベリーっていうパッピンス専門店で食べるつもりだったけど。
ボゴキンのパッピンスでパッピンス欲が満たされ、結局この旅で専門店には行きませんでした。

食欲が満たされた後靴屋さんへ行く。
オーダーメイドの色やデザインについては、私は分からないので全面的は飼い主に任せてました。
(普通逆だよねぇ)
お店には一年半前の私の足型、しっかり残ってました
でももちろん今回もしっかりお店の方に足型を取っていただき、飼い主は私の足型を爆笑したがら撮る(怒)

たっぷり時間をかけて靴を注文。
月曜に注文して、水曜にはできあがるので木曜か金曜に来てくださいとのこと。早い!

イテウォンを15時40分に出発し、次の目的地へ出発。
遅いお昼ご飯の後は、早い晩ご飯です(爆)
お昼ご飯がバーガーだったため、というわけではないけれど、晩ご飯はばっちり王道な韓国料理参鶏湯(サムゲタン)です。
サムゲタンの有名店、『土俗村』

すごく混むお店なので、16時10分というとっても中途半端な時間にあえて選んだのに、店内は席がたーーーくさんあるのに、それでもものすごい賑わいっぷり、席の埋まりっぷりにビックリ!
それも韓国人の方がとっても多く、話題性とかではない、このお店が本当においしいんだっていうのが感じられました。

200709092133004

ここのキムチがよく漬かってて、これまたおいしい!
サムゲタンとかソルロンタンとか、汁物のお店のキムチは深漬けが多い気がします。
右下のは高麗人参酒。
食前に出てきます。
飼い主は高麗人参が得意ではないので、私が2杯、ありがたくいただきました。
そういえば、この旅を通してアルコールってこの時の人参酒だけでした。しかもこれおちょこサイズだから酔うとかなかったし。
私も飼い主も飲まないので、食事に集中しておりました(笑)

200709092133002

サムゲタン~

前回、冬に某サムゲタン屋で食べた時にあまりおいしくなかった記憶が残ってたけど、やっぱり本格専門店は違うね!
スープがとにかくおいしかったです。
真冬に食べたらあったまりそうだぁ。

お腹いっぱいになって満足してお店出る。
店内は相変わらず途切れることなく混んでいます。
いったんホテルに戻り2時間弱も休憩。
休憩、っつってもご休憩ラブラブアハ~ンっていうんじゃなく、飼い主は昼寝したり私は金田一読んだり(また読む漫画が色気ないな・・・)とまったり空気

休憩後はチョンゲチョン(川です)とかをブラブラ散歩。
振り返ると、ホント海外旅行にしてはのんびりしてますねぇ。
しかしこの川、草が元気に生え放題伸び放題で、川が見えないところも多々あるんですけど、、誰か刈ろうよー

そして20時15分、
遅い昼ご飯、早い晩ご飯に続き
これは何?晩ご飯か夜食か、また粉食屋に入る。
この粉食屋には私が旅行で絶対食べたいと思っていた韓国の夏限定メニュー
コングクスが!
コングクスとは大豆をすった冷たいスープに麺が入ったもの。
よく豆乳麺と訳されますが、豆乳のサラサラ感とは全然違う、大豆!って感じの濃いスープ。
ずっと食べたかったけど、でもせっかくのコングクスだから専門店で食べたいよな、おいしくなかったら悲しいなーと思いつつ、まぁ専門店より安いし食べてみようとお店に入る。

お店に入るとおばちゃん達が席で食事している。
このおばちゃんが店員さんかお客さんか見分けがつかないワタシはまだまだ・・・
飼い主はキムパプ(海苔巻き)、ワタシはコングクス。

20070909213300

出てきた瞬間、思った以上に見た目がよくてビックリ。
きなこがかかったコングクスは初めて見ました。

恐る恐る一口。





うまい
すみません、専門店じゃないからって期待しなかった自分が悪かったです、ホントにおいしい!!
それは専門店ほどコッテリ濃くはないけど、逆にこれくらいの方がちょうどいいかも。
飼い主にも一度コングクスを体験してほしいと思ってたため食べてもらう。
なんとなく、飼い主は苦手な味なのかなって思ってたけど、そんなこともなく食べてくれました。
でも第一声は「味がない」(笑)
韓国料理には、自分で塩入れて味を調整するものが結構多いです。
この大豆の味が好きで、私は塩もキムチも入れず食べます。
後半なるとさすがに味に変化をつけるために入れるけどね。

この日は、ファーストフードでパッピンス、粉食屋でコングクスと、専門店で食べようと計画していたものを成り行きで食べ、そしてそれが思いがけずおいしかったという体験を1日に2度もした楽しい日でした
関連記事
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。